理想の生活を手に入れよう!フリーランスで働くための基礎知識

フリーランスの定義とメリットやデメリットについて解説します。フリーランスというと自由な働き方ができ、働き方次第で収入面が上がる場合もあります。一方で、会社と違い一人で作業をこなす必要性もあるため、フリーランスという働き方の特徴をしっかり理解しましょう。

フリーランスの定義とは?

フリーランスとは、特定の企業や団体と雇用契約を結ばず、1案件単位の契約で働く人もしくは働き方のことをいいます。法律によって明確に定義されているわけではありませんが、上記のような意味合いで使用するのが一般的です。

フリーランスが多い職種としては、エンジニアやイラストレーター、ライターなどがあげられます。また俳優、評論家、アナウンサーなども、特定の事務所に所属していなければフリーランスといえます。

フリーランスの職種について
IT系やクリエイティブ系の仕事ではフリーランスのスタイルで働いている人も多いです。フリーランスで働くことができる職種は多岐にわたり存在しています。ここではクラウドソーシングの案件として募集されている職種をメインに紹介します。

個人事業主との違い

フリーランスと混同されがちな「個人事業主」についても説明しておきましょう。フリーランスが働き方の形態を表しているのに対し、個人事業主は税務上の所得区分を指すものです。

この部分をきちんと認識していないと、自己紹介などの際に間違った情報を伝えてしまうことがあります。契約の際には個人事業主であるか法人であるかを問われるケースもあるため、フリーランスとして働こうと考えているのであれば、両者の違いをきちんと理解しておいた方が良いでしょう。

個人事業主と法人の違いについて
事業をはじめる場合、個人事業主と法人が選択できますが、実際にどのような違いがあるのでしょうか?性質はもちろん、税務上の手続きも異なります。ここでは個人事業主と法人の特徴について解説します。

フリーランスのメリット

フリーランスとして働くことのメリットを紹介します。

人間関係

まず1つ目は、人間関係のストレスが比較的少ないという点です。企業に勤める会社員であれば、仕事の都合で苦手な相手とも付き合っていかなければいけないことがよくあります。一方、フリーランスの場合は、取引相手を選んで仕事ができます。自分と相性の良い相手を中心に契約を結び、ストレスフリーな作業環境を作ることが可能です。

自分次第で収入が増える

続いて2つ目は、努力が収入に直結する点です。裏を返せば、努力を怠れば生活が厳しくなるということでもありますが、頑張った分だけ収入が増える点はフリーランスという働き方の魅力です。会社員時代の2倍、3倍といった収入を得ることも不可能ではないため、夢のある仕事ともいえるでしょう。

フリーランスの職種と年収
フリーランスはある意味働けば働くほど収入を稼ぐことができると言えますが、デザイナー、ライター、エンジニアなど職種や個人のスキルによっても報酬額は異なります。ここでは職種別に案件の相場や年収について解説します。

自由に働ける

そして3つ目は、自由が多い点です。完成品の納期は設定されるものの、作業の内容や作業時間まで取引相手に決められることはほとんどありません。最低限のルールを設けられることはあっても、会社員よりは高い自由度で仕事ができるケースが多くみられます。

定年退職がない

最後に4つ目のメリットとして、定年退職がない点があげられます。年金問題が深刻化する中、定年退職後の収入に不安を覚える方は少なくありません。その点、フリーランスであれば定年を気にすることなく働き続けることができ、体力の低下に合わせて仕事をセーブしていくことも可能です。

知っておきたいデメリット

これからフリーランスとして働こうとしているのであれば、デメリットについてもしっかりと確認しておきましょう。フリーランスとして生き残っていくのは容易ではないため、あらゆる知識を備えておくことが大切です。

収入面

フリーランスのデメリットとして最初にあげられるのは収入の不安定さです。一つ一つの契約をこなすことで収入を得る働き方であるため、契約が途切れないようにしなければなりません。突然契約を打ち切られることもあれば、病気や怪我で仕事ができなくなる場合もあり、会社員のように安定した収入が常時望めるわけではないといえます。

すべての業務を一人でおこなわないといけない

企業では分担して行える業務を一人の労力で賄う必要があるので、必然的に作業量が多くなってしまうのです。作業量の多さはフリーランスになるとぶつかる壁といっても過言ではないため、その点についても理解しておきましょう。

フリーランスのデメリット改善策について
フリーランスになって働くと、会社に雇用されていた時と状況が違うことに気づかされるでしょう。自分で仕事を探さねばならないこと、契約書を作成やスケジュール管理、確定申告含む税務処理など、自身で行わなければならないことが沢山あります。ここではフリーランスのデメリットと改善策について解説していきます。

フリーランスで成功している人の特徴

自己管理能力が高い

フリーランスにおける成功とは、比較的安定した仕事と収入を得ながら不自由なく生活できている状態のことを言います。そのことを踏まえて成功している人を見てみると、最初にあげられるのは自己管理能力が高いという特徴です。

場所や時間に縛られることなく仕事ができるフリーランスでは、好きなだけ作業をすることも好きなだけ怠けることもできてしまいます。作業をし過ぎれば体調を崩してしまう可能性が高まり、手を抜き過ぎれば生活が立ち行かなくなる可能性が高まります。つまり、フリーランスとしての成功には、無理のない範囲でコンスタントに仕事をこなしていく能力が必要です。フリーランスで成功している人のほとんどはこの自己管理能力が高く、日々の作業を着実にこなすことで成果を上げています。

マーケティング能力がある

次にあげる特徴は、マーケティング能力に長けていることです。フリーランスとして成功を収めるためには単価の高い仕事を獲得する必要がありますが、マーケティング能力に優れていなければ高単価の契約を結ぶことは難しくなります。

もちろん、単価にかかわらず仕事数をこなして成功する道もありますが、仕事の数をこなすにはそれだけ時間がかかります。一日のほとんどを仕事が占める生活を続けると、精神力も体力も大きく消耗します。そうならないためにも、市場の分析とニーズに対応できるスキルを備えておく必要があります。

まとめ

フリーランスになることを考えるのであれば、まずは基礎知識を押さえておかなければいけません。実際の働き方やメリット・デメリットについて把握し、しっかりと準備を整えながら仕事のスタイルを検討しましょう。

フリーランス・業務委託の仕事・求人を探している場合には、フリーランスの求人紹介サービス「クラウドテック」に登録してみるとよいでしょう。「クラウドテック」では、90%が非公開求人となっているため、会員登録することで、求める条件にぴったりの仕事が見つかるかもしれません。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る