心地良い音にこだわるなら!シーン別にみるオススメスピーカー

  • 2017-11-28

スピーカーは、音を聞く場所やシーンにおいて適しているものが変わってきます。また、ゲームや映画など、用途に適したスピーカーを選ぶとさらに楽しむことができるでしょう。今回は、ドライブやゲーム、アウトドアなど5つのシーンに適したスピーカーを紹介します。

快適空間を実現!オーディオスピーカー

MERCURY7.1

「自宅で映画や音楽を鑑賞する時にもっと迫力のある音を楽しみたい」と思う人には、タンノイ社製MERCURY7.1をおすすめします。MERCURY7シリーズ伝統のソフトドーム振動板を使用しているため、幅広い種類の音を高品質で再現でき、豊かな音楽表現が可能です。

クラシックやジャズを聴くのに適していると言えるでしょう。また、不要な共振音を防ぐことができるエンクロージャーとDMT防振コンパウンドという技術で、クリアな音質も実現。繊細な音楽も、ノイズに遮られることなく楽しむことができます。また外装が落ち着いたクルミの木目調でできており、お部屋のインテリアを邪魔することがありません。

ドライブをより楽しく!車用アイテム

STE-G170S

ドライブ時には音楽が欠かせないという人におすすめなのは、アルパイン社製のSTE-G170S。低音域はよりリアルに、中高域はより滑らかに再現することができるスピーカーです。スクエア・ボスコイル・ワイヤーを採用し、正確な電気信号を伝えることが可能になったため、従来型よりも臨場感のある低音を楽しめます。

また、中高級機にも採用される特注品の音響用コンデンサであるSILMICシリーズを搭載し、解像度の高い中音域の再生を実現。さらに、高精度なフェイズプラグというパーツを用いることで、音の乱れを整えることに成功しクリアな音質となりました。様々なメーカーの最新の自動車のスピーカー部分に対応したパーツが付いているので、自分で取り付ける事も可能です。

ゲーマー必見!臨場感を楽しむならこちら

Razer leviathan

ゲームをする時にもっと迫力のある音でプレイしたいと思う人におすすめなのは、Razer leviathanです。フルレンジドライブが搭載されたパッシヴタイプのサブウーファーが付属しており、体に響くような重低音で、よりゲームの迫力を感じながらプレイすることができます。

マッドブラックのサウンドバーは高級感もありながら、ディスプレイの下に収まるほど省スペース設計。2種類のインシュレーターにより、好みの角度や高さに変えられる点も機能的です。また、ヴァーチャルサラウンドモードでは、5.1chのサラウンド体験ができ、迫力のある音を楽しむことができます。ゲームだけでなく、音楽や映画を見る際にも使えるスピーカーです。

軽い!Bluetooth対応スピーカー

Bose soundlink Mini Ⅱ

「野外でのバーベキューなどに使えるような、持ち運べる音質のいいスピーカーが欲しい」と思ったことのある人には、Bose soundlink Mini Ⅱがおすすめです。Bose soundlink Mini Ⅱは、特にその軽さが特徴的で、本体の重量は電池の重さを含めても750g。とても軽く、手のひらサイズで持ち運びがしやすくなっています。

また、1度の充電でおおよそ10時間の再生ができ、屋外でも十分に使用できます。スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスで音楽を再生できるため、機器が使えるかどうかの心配もありません。デュアルパッシブラジエーターで重低音の厚さが増し、高性能なトランスデューサーによって同サイズのスピーカーの2倍の空気を動かしパワフルな音質で再生することができます。

さらに、音楽の再生中にスマートフォンに着信があった場合は、音楽再生は一時停止し、スピーカーを通して通話することが可能。

防水対応!アウトドア対応スピーカー

OMAKER-M4

「アウトドア時に天候を気にせず音楽を楽しみたい」という人におすすめなのは、OMAKER-M4です。こちらも手のひらサイズのスピーカーですが、本体の周りに衝撃を和らげるラバーが付いているため、人の身長くらいから落としても問題はありません。

付属しているストラップをつければ、壁にかけたり、棒に吊るしたりすることもでき便利。価格が3,000円程度とリーズナブルでありながら、防水加工もされており、アウトドアやお風呂でも音楽を楽しむことができます。また、NFCに対応しているので電源を入れると自動でペアリングをしてくれます。

まとめ

一口にスピーカーと言っても、聴くシチュエーションにより、適したスピーカーが異なります。自分がどのシチュエーションで聞くことが多いのかを思い浮かべながら、選んでみるのも楽しいでしょう。気になったものがあったら、店舗で視聴してみることをおすすめします。

ページ上部へ戻る