「なるほどですね」は変?敬語での言い換えはどうするべき!?

  • 2017-11-28

あなたの周囲に「なるほどですね」という言葉を使う人はいませんか?一見すると問題のない言葉遣いに感じる「なるほどですね」は、実は正しい言葉ではありません。そこで、どこがどのように正しくないのか・何といえば正しい言葉遣いになるのかなど、まとめて紹介します。

「なるほどですね」の意味とは


「なるほどですね」という言葉が、どのような意味で使われているのかを確認しましょう。

「なるほどですね」はどんな意味合いで使われている?

会話の中などで「なるほどですね」という言葉を使う人は、「そうだったんですね」「そういうことなんですね」または「そうですよね」「そうなんですね」などの意味で使っています。

また、クライアントや上司に対して「そうだったんですね」や「そうなんですね」というフランクな言葉を使うことに抵抗がある場面で「なるほどですね」と使っていることもあります。

「なるほど」という相手への同意を示す言葉と、「ですね」という丁寧語のように見える言葉を組み合わせて作られた言葉であるのが、「なるほどですね」なのです。

「なるほどですね」は正しい?

「なるほどですね」という言い方ですが、実は言葉遣いとして正しくありません。

まず「なるほど」というのは、自分の気持ち示す感嘆詞のひとつです。相手が言ったことに対して同意をしたり、納得したりした時に「なるほど」という言葉を使います。

次に、「ですね」という丁寧語のようなものを付けることも間違いです。「なるほど」という言葉は副詞や感嘆詞の働きがありますが、いずれも後に「です」が付くこと自体がありません。

したがって、「なるほど」+「ですね」の組み合わせは文法的に誤りということです。

「なるほどですね」は目上の人には失礼


「なるほどですね」という言葉を使っている人は、相手に対して好意的な気持ちを表す時に使っていることが多いです。つまり、相手への同意・納得の気持ちが働いています。

しかし、この「相手が言った言葉に対して同意・納得する」というところが問題です。目上の人に対して「同意する」「(相手が言ったことに)納得する」という行為はマナー違反であり、目上の人を目下の者が評価をすることになってしまいます。

相手が同僚や部下であれば「なるほど」という言葉は問題なく使えますが、相手が目上の人であれば「なるほど」という言葉自体を使うべきではありません。

ところが、この「なるほどですね」という言葉は、なぜか口馴染みが良く「いつの間にか口癖になっていた」という人がいるため、相手が言ったことへ同意する気持ちが強い時ほど、悪気なく「なるほどですね」と出てしまいます。

一度口癖になってしまうと、なかなか改善することが難しいので、安易に口にしないことがいちばんです。

「なるほどですね」は九州の方言?


この「なるほどですね」という言葉は、九州方面の方言から広まったという説が有力です。この言葉の由来などは不明ですが、福岡では「なるほどですね」という言葉を使う人が圧倒的に多いためです。

福岡では方言で「~ですもんね」という敬語が使われることが多いのですが、これは標準語の「~だよね」を示す「~やもん」という語尾が元になっています。

「~だもんね」を表す「~やもんね」というが、目上の人への言葉へ変換されると「~ですもんね」になるのです。

「なるほど」という相手への友好的な気持ちを表す言葉と、「ですね」というやわらかい印象の丁寧語がうまくマッチして、福岡の方言を使わない人にも馴染んでしまったという可能性があります。

「なるほどですね」の敬語表現への言い換え方


「なるほど」という気持ちを、目上の人へ伝えたい時には何と言えば良いのでしょうか。

「左様でございますか」「左様でございますね」

「左様」というのは「そう」と言い換えられ、「そうでしたか」という気持ちは「左様でございましたか」「左様でございますね」という言葉で伝えることができます。

「この企画はできるだけ早く進めてもらえると助かるんだよね」
「左様でございますか、かしこまりました」
と、応答すると、自然に品よく相手の言うことに同意ができるのです。

言葉の音もやわらかく耳障りが良いので、クライアントや目上の人との会話にふさわしいと言えます。

「仰る通りでございます」「仰る通りです」

左様でございますか、とは少しニュアンスの違う言い換えですが、「仰る通りでございます」も「なるほどですね」の言い換えとして適しています。

「カラーバリエーションはこれが良いと思うけど、どうかな?」
「仰る通りでございます、私もこちらが良いと存じます」
このように応答すれば、相手から意見を求められたことにスマートな同意を示すことができます。

「かしこまりました」「承知いたしました」

咄嗟に言い換えが出てこない時は、難しく考えなくても、「かしこまりました」「承知いたしました」で十分です。

「AとBなら、私はA案を推したいと考えているんだ」
「かしこまりました」
とてもシンプルで、無駄がありませんし、目上の人の言うことをしっかりと受け止めることができています。

まとめ

いかがでしたか?咄嗟に「なるほどですね」と言ってしまう人は多いものです。相手によっては気分を害してしまうこともありますので、特に相手が目上の人であれば注意しましょう。

口癖は急には改善しませんが、言ってしまった時に「今、なるほどですねと言ってしまった」と自分で気が付き続けると、自然に言わなくなるでしょう。言ったあとに、正しい言い換えの言葉を思い出しながら、少しずつ改善していくことが大切です。

ページ上部へ戻る