モバイルバッテリーおすすめ3選!買うならこれ!

  • 2017-11-29

外出中に困るのが「携帯・スマホの充電切れ」です。デスクや車に戻る時間が無いのに、大事な電話がかかってくる可能性もあるでしょう。充電切れのピンチを救ってくれるのが「モバイルバッテリー」です。小型で軽量のものをはじめ、さまざまモバイルバッテリーが出ていますので、特におすすめの3品を選んで紹介します。

モバイルバッテリーおすすめ3選!


おすすめのモバイルバッテリーを紹介します。使う頻度や生活パターンによって、最適な重さや大きさ・容量などを決めてください。

おすすめ1:Anker PowerCore 10000

モバイル機器の代名詞ともいえるのが、Ankerのモバイルバッテリーです。クレジットカードくらいの大きさでいて重さはわずか180gほど。非常に軽量で持ち歩きに困ることはありません。

容量は10000mAhあるので、iPhone8なら3回、Galaxy S8で2回は十分に充電可能。さらには、機器に応じてフルスピード充電も可能ですので、忙しいビジネスマンには最適です。衝撃度・耐震度・温度のテストを行っているため、事故を防いで安全に使うことができます。

おすすめ2:Poweradd Pilot X7 20000mAh

安心の20000mAhという大容量ですので、何度も充電が必要な出張などにも適しています。さらに、入力出力が高いので、モバイルバッテリーへのチャージ時間も12時間ほどで満充電です。

大きさはスマホとほぼ同じで、重さは440gです。モバイルバッテリーからデバイスへ電流を流す「出力電流」が大きくなっているので、充電時間を短縮することもできます。

おすすめ3:Cheero Power Plus 3 13400mAh

2口のUSBポートを持つため、スマホとタブレットなど2つ同時に充電が可能。スマホより小さい大きさで重さは245gと、容量に似合わず小型で持ち運びも楽です。残容量は、インジケータで確認できるので安心です。

また、AUTO-IC機能がついているので、接続されたデバイスを自動で判断します。そのデバイスにあ合った電流を流してくれるので、無駄がありません。

容量って何?


モバイルバッテリーを検討するときに気になるのが「容量」という言葉ではないでしょうか。

容量というのは、モバイルバッテリーが蓄えておけるバッテリー量のことです。容量が大きいほど、モバイルバッテリーの中にたくさんのバッテリーを蓄えておくことができます。

容量の大きさを表すのが「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位です。このmAhの値が小さいとデバイスを充電できる回数が少なくなり、モバイルバッテリーへのチャージ回数は多くなります。

しかし、mAhが小さいとモバイルバッテリーへの満充電時間は短くなりますので、「ちょくちょくチャージをすることができる」という環境の人であれば、特に問題はないと言えます。

逆に、「1度のチャージでできるだけ多くのバッテリーを蓄えておきたい」という人は、mAhができるだけ大きな値のものを選ぶことが必要です。モバイルバッテリーの価格は、基本的にはmAhの値によって変わることを覚えておいてください。

コスパを気にするならこちら!


ここからは、コスパ重視で選ぶ場合のおすすめモバイルバッテリーを紹介します。今回は1,000円前後で購入できるものの中から、機能的なものを集めました。

おすすめ1:Omars モバイルバッテリー 2500mAh

大きさはクレジットカードほどで、重さは150g以下・薄さは5mmと持ち運びに最適なサイズです。
2500mAhあれば、iPhoneなどほとんどのデバイスをフル充電することが可能です。

急速充電も可能で、検出したデバイスに合わせて出力電流を調整します。さらに、複数のプロテクターを使用することで、安全性にも配慮されています。

おすすめ2:Poweradd Slim2 モバイルバッテリー 5000mAh

小さなスティック型モバイルバッテリーです。125gの軽量なボディでいて、出力電流・入力電流ともに高圧でスピーディーなチャージと充電が可能。

充電のしすぎや、放電・発電の異常などの際には自動充電停止となるので、安心して使うことができます。5000mAhあるので、ほとんどのデバイスで複数充電が可能なところもうれしいポイントです。

おすすめ3:Pocket Battery 2500mAh

薄さ7.5mmで重さはわずか75g、名刺サイズのモバイルバッテリーです。ケーブル内蔵のモバイルバッテリーなので、本体だけ持ち歩いていればどこででもチャージすることができます。

2500mAhなので、スマホ1回分の充電が可能です。もしもの時に備えてモバイルバッテリーを持っておきたい、という人にはちょうど良いでしょう。高寿命のリチウムポリマー電池を使用しているので、800回の繰り返し充電に耐えることができます。

まとめ

小さい・軽い・容量も大きいというモバイルバッテリーはたくさん販売されていますし、ほとんどの製品がiPhone・Androidのどちらにも対応しています。USBポートが複数ついているものや、目視でバッテリー残量を確認することができるものなど、機能もさまざまです。

モバイルバッテリーをバッグに入れておけば、安心して外出中に電話やメールでコンタクトをとることができますので、ビジネスチャンスも逃さずに済むでしょう。ぜひ、自分の使い方に合ったモバイルバッテリーを探してみてください。

ページ上部へ戻る