初心者必見!いちからはじめるAndroidアプリ開発

iPhoneと並んで、Android搭載のスマホは普及していますが、世界的に見ると、Androidスマホの方が多いです。これは、iPhoneはApple1社だけなのに比べ、Androidはいろんな会社が参入していてオープンだからでしょう。今後、ますますAndroidがシェアを広げていくと予想されます。
本稿では初心者の方向けに、いちからAndroidアプリを開発する方法について解説してみたいと思います。

Androidとは


Androidは、Googleが開発したOS(オペレーティングシステム)です。そのベースはLinuxという、サーバサイドや組込み系で普及しているOSです。Androidもまた、スマホをはじめ、組み込み系をターゲットにしたOSです。

Googleは世界的に見ても非常に実力と活気のある会社で、今後もAndroidはいろんな場面で利用されていくでしょう。日本では騒がれていませんが、アメリカではGoogleのChromeOSがヒット中で、このChromeOSでも最近、Androidアプリが動くようになりました。 そんな中、個人が作成したAndroidアプリも増え続けています。

Androidアプリ開発に必要な環境をそろえる


まず開発マシンですが、お手持ちのWindowsパソコンで十分です。よほど古くない限りは、普通に開発に使えます。そしてネットワーク環境が必要です。こちらは問題ないでしょう。今どき、ネットワークに接続されていないパソコンを探すほうが難しいくらいです。インターネットに出ることができるなら、それで十分です。

続いて必要になるのが、JavaのJDKです。JDKはJava Development Kitの略で、Javaのコンパイル/実行に必要なものです。こちらはOracleのサイトから無料でダウンロードできます。
こちらのJava SEが、Java SDKです。

次に、AndroidStudioをダウンロードしましょう。AndroidStudioは、Androidアプリ開発用のJava統合開発環境です。これがあると、開発が楽になります。

そして、動作確認用のAndroidスマホも準備しておきましょう。

開発ツールAndroidStudioの基本


まずはプロジェクトを作ってみましょう。続いてAVD(Android Virtual Device)を登録しましょう。AVDは、開発したアプリをスマホにダウンロードしなくても、動作確認できる便利なツールです。

開発に使う言語はJavaです。Androidアプリを開発するためには、Javaを勉強する必要があります。Javaは入門書も多く、初心者向けの学習サイトも豊富なので、勉強しやすい言語です。また、Javaを覚えておくと、Androidアプリ以外の開発にも応用できます。

作成したアプリは、AVD上で動作確認できますので、どんどん動かしてみましょう。プログラミングは、プログラムを書いて動かして確認して、おかしければプログラムを修正して、また動かして、の繰り返しになります。

どんなアプリを作るか考える


まずはGoogle Playを眺めて、今どんなアプリがあるのか確認してみましょう。とは言っても、Google Playには大量のアプリが登録されています。気になるキーワードで絞り込んでから見ましょう。

自分がスマホを使っていて不便だな、と思ったことがアイディアになります。日頃からこうしたアイディアを書き溜めておくと、いざという時に役立ちます。その中から、自分でも作れそうだと思えるものを詰めていきましょう。

最初はあまり難しく考えず、お手軽なアプリをたくさん作った方がよいでしょう。

作ったアプリを公開する


作ったアプリを公開して、他人に見てもらいたくなったら、Google Playに公開しましょう。Google Playへの公開は簡単です。詳しい公開の仕方は、インターネットで検索してみてください。複数のサイトで方法が説明されています。

うまくツボをつくアプリを作れたら、ダウンロードしてもらえるかもしれません。

まとめ

本稿では、初心者の方を前提に、いちからAndroidアプリを開発する方法について解説しました。Androidはスマホを中心に爆発的に普及しているOSです。これで動くアプリを作れるようになれば、いろいろと応用がきくでしょう。開発環境もすべて無料で入手できますし、開発に使用するJavaも、覚えておいて損はありません。

関連記事

ページ上部へ戻る