初心者がC#を習得するには?勉強法とかかる時間

  • 2017-12-1

みなさんは、プログラミング言語の一つであるC#をご存じですか?ここでは、初心者がC#を習得するための方法や学習にかかる時間などについて紹介します。C#は統合開発環境とあわせて学ぶことが望ましいのですが、それはなぜかについても説明します。

初心者がC#を習得する方法

まず、初心者がC#を習得するための様々な方法を紹介します。

C#とは

C#とは、マイクロソフト社が開発しているプログラミング言語の一つで、Windows向けのアプリケーションの開発に適しています。C++やJavaと同じオブジェクト指向を考え方としており、文法はJavaに似ています。統合開発環境の「Visual Studio」を使えば比較的簡単にGUIアプリケーションを作ることができるため、プログラミング初心者におすすめの言語です。

C#の勉強方法

C#を習得するには、学習サイトを利用したり、書籍によって独学したり、スクールに参加したりする方法があります。

学習サイトのメリットは、動画を視聴できたり演習ができたりする点にあります。レベル別になっているものが多く、個人のレベルに合わせて学習できるのも利点です。一方、デメリットはPCやスマートフォンが利用できる環境が必要な点や、自分に合ったサイトが見つかるまでに時間を要してしまう点です。

スクールのメリットは、同じ目標の仲間が身近にいることです。分からない部分の確認がすぐでき、モチベーションの維持や学習の継続にもつながりやすくなります。デメリットは、授業料がかかる点や講師の質にばらつきがある点です。入学前にはセミナーや勉強会に参加して、スクールの本質を見極めることが大切です。

書籍については、場所を選ばず学習ができる点やスキマ時間を有効に使える点がメリットであり、分からないことがあってもすぐに解決しにくい点がデメリットと言えます。

初心者向けC#おすすめ学習本5選

@ UnityではじめるC# 基礎編

この書籍はゲーム開発向けで、Unityのインストールから分かりやすく説明してあります。「とりあえずやってみよう」という人や「C#が良くわからない」いう人にもにおすすめの書籍です。

@ 目指せプログラマー! プログラミング超入門 プログラミング的な考え方をしっかり身につけよう Visual Studio Community・C# 編

Visual Studioのインストールからプログラミングの進め方まで、初心者にも分かりやすいように図を交えて説明してある一冊です。

@ つくって覚えるC#入門

「とにかく触ってみよう」というコンセプトで作られた本で、実際に作ってみた後で解説が入る形式になっています。一度に覚える量が少ないため、趣味を楽しむ感覚で学習ができます。

@ Unityによる2Dゲーム開発入門 ~プログラミング初心者がゲームを公開する最短コース

C#で2Dゲームを制作→広告を組み込む→ゲームアプリを公開するという流れで、ゲーム開発初心者にも分かりやすく解説してあります。

@ かんたん C# [改訂2版] (プログラミングの教科書)

C#の文法や機能の基礎から学べる入門向けの書籍です。解説の分かりやすさや図説の見やすさで初心者も安心して学習を進められます。学習用途だけでなく、文法や機能を調べたい時にも活用できる一冊です。

無料学習サイトも活用しよう

@ 超初心者のプログラム入門
C++やJava,C#など主要なプログラミング言語を初心者向けに解説しているサイトです。情報量が多く、入門編にも向いています。

@ 初心者のためのC#プログラミング入門
C#の基本文法からWindowsのアプリケーション作成まで幅広く説明してあり、Windowsアプリケーション開発を行う人に適したサイトです。

@ ドットインストール
文字を読むより動画を見た方が頭に入るという人・スキマ時間に効率よく学習したい人におすすめのサイトです。有料の動画もありますが、無料で見ることができる解説動画も多く、スマートフォンでも視聴が可能です。

初心者がC#を習得するための勉強時間

学習方法の次は、勉強時間について説明します。

C#の学習難易度は?

C#は、難しいと言われているC++よりは簡単に習得できる傾向にあります。統合開発環境である「Visual Studio」が使いやすい仕組みになっており、開発しやすい環境が整っているため、学習ハードルもそれほど高くはないと言えます。

勉強時間はどのくらい?

知識ゼロの初心者がC#を習得するためには、1日に3時間程度学習しても3ヶ月から半年はかかると言われます。実践的に学習する時間の長さや個人の適性によっても差が生じるようです。C++やJavaよりもC#の方が習得しやすいという人もおり、既にC++やJavaが使える人であれば1ヶ月程度で習得できるケースもあります。

C#と一緒に統合開発環境を構築

統合開発環境とは、プログラミングに必要な機能が一通り備えてあるプログラミングソフトウェアのことです。C#の習得には統合開発環境の知識も必要とされていますが、その理由について紹介します。

なぜ統合開発環境が必要なのか

C#を習得するのに適した統合開発環境は「Visual Studio」です。インストールすれば、簡単なアプリケーションの開発に取り組むことができます。

「Visual Studio」には、開発を補佐する機能(メソッドの名称などを数文字打てば候補が表示される補完機能など)が数多く付いており、生産性の向上につながっています。統合開発環境はC#の習得を助けてくれる存在であるとも言えるため、C#と一緒に統合開発環境の使い方を学習すると効果的なのです。

まとめ

C#を学ぶための方法や、統合開発環境について紹介しました。様々な学習方法の中から自分に合ったものを見つけて、習得への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る