高収入を目指す!フリーランスのプログラマとして働く魅力4つ

フリーランスでプログラマとして働く魅力について解説します。プログラマはjavaやRubyなどのプログラム言語を使ってシステムやサービスを構築するITエンジニアのことです。近年、このフリーランスプログラマという仕事が注目されています。なぜこの仕事が注目されているのかみていきましょう。

Webデザイナーとプログラマの違い


Webプログラマは、プログラミング言語を用いて、Webサイトのシステム開発をする仕事です。省略して「プログラマ」と呼ばれることもあります。実際にWebプログラマが開発するシステムとして、一般的なものであればネットショッピングのサイトや、ブログサービス、データベースを使用したシステムなど、その内容は多岐にわたります。その方法は、Java、Ruby 、Perl、PHPなどのWebプログラミング言語に加え、Webページを表示するHTMLやCSSなどを組み合わせて、システムを開発するのです。

一方で、Webデザイナーの仕事は、その名の通りWebページのデザイン作業と、「コーディング」をすることが主な役目です。クライアントの依頼に沿ったデザインを考案し、そのデザインを実現するためにHTMLやCSSを組みますが、Webプログラマのようにさまざまなプログラミング言語を使用し、複雑なシステムを組むことまではあまり行ないません。

プログラマは需要が高いって本当?


浮き沈みが激しいイメージのあるIT業界ですが、これからも情報化社会は継続し、IT業界自体の需要は将来性が高いとも言われています。また普及が進むスマートフォン向けのアプリケーションの開発に加え、今後は人口知能・AIやロボットのプログラミングなど、新たな時代のプログラマが必要です。プログラマ需要の高まりは、継続が見込まれます。

実際どのベンチャー企業も、市場のシェアの高い企業も、プログラマが足りないという状況です。プログラマの絶対数は、北米と比較してもかなり少ない状況ですが、需要が高すぎるので供給力が追い付いていないため、需要が高いといえるのです。

他のフリーランスに比べ単価が高い


プログラマは他のフリーランスに比べても単価が高いといわれるのはなぜでしょうか。企業にとっても欠かせないのがWeb上でのサービスの提供です。求人情報の発信や、自社のPRなど、ビジネス上でも必要不可欠な部分です。そのため、WebデザイナーやWebプログラマ、特にJavaやC言語、Rubyといったプログラミング言語を扱えるプログラマへのニーズが高まっています。どうしても専門技術が必要となってくるので、単価も高くなりやすいのです。

さらに需要の高まりもあり、ある程度のプログラマであっても、選ばなければどこでも就職や契約ができる状況にあります。単価もデザイナーやディレクターと比較すると、約1.3倍程度は貰えるでしょう。たとえ経験年数1年であっても、週2日の常駐契約で、月40万程度は稼げる事例も多くあります。

プログラマ平均年収と年収UPの方法
プログラマの年収といっても働き方や扱える言語によって違いがあります。自身のスキルと需要がマッチする案件があると良いと言えますが、需要のある言語を見極めて、言語の習得をすることにより、年収アップも見込めるでしょう。
フリーランスの案件獲得方法と案件相場
フリーランスは案件をどのように獲得しているのでしょうか?知り合いからの紹介、エージェントやクラウドソーシングの活用など様々です。またフリーランスでも常駐や在宅(リモート)型があり、勤務形態でも相場が変わります。プログラミング言語によっても相場が違うため、ここでは案件相場について詳しく解説していきます。

自分に合った働き方を実現できる

時間と場所を選ばない働き方

フリーランスプログラマとして働く上で魅力的なのは、時間と場所を選ばず仕事ができるという点です。会社員として働く場合は、働く場所や時間が決まっているのは普通のことでしょう。しかし、子育てや転居など生活を取り巻く環境には変化も起きます。

特に子育てに関して。子育てとの両立を支援する制度を取り入れている企業も増えてきてはいますが、まだまだ理解が不十分な企業があることも事実です。それを踏まえて考えると、時間や場所を選ばずに仕事ができるということは魅力的な働き方です。

自分のための時間を作りやすい

働く時間や場所に捕らわれないということは、仕事とプライベートの時間管理を無理せず行えるということです。自分のやりたいことや叶えたい目標を持っていても、仕事があって時間が作れないから…と諦めていることはありませんか?フリーランスであれば、仕事とプライベートの時間を自分に合ったペースで振り分けられます。

勉強の時間に充てるため、外せない予定のためにまとまった時間を作るため。集中的に仕事をする日を作ったり、反対にまとまった休日の時間をとったりもできます。自分のライフスタイルや生活リズムに合わせて仕事を進めることができるでしょう。

未経験からフリーランスのプログラマになるには
プログラマになるには実力さえあれば特に必要な資格や学歴はありません。プログラムに対する知識と理解、情熱、論理的思考力が備わっていれば未経験でもチャンスはあります。

最新技術に触れる機会が多い


プログラマの仕事の魅力は新しい技術を身に付けやすいことにあります。Web技術は現在でも進化が著しく、どんどん新しい技術がでてきます。常に新しいサービスや新しい技術に触れながら身につけられるという魅力があります。そこから、「新しくできること」が増えニーズの広がりがでています。技術が好きな方や新しいことへの好奇心の強い方は、日々様々なことを学べるので最適です。

まとめ

フリーランスプログラマは就業時間や働き方など自由度が高い分、成果物の高い質やプログラマとしての高い技術が要求されますが、達成感ややりがいも大きいのではないでしょうか。メリット、デメリットもそれぞれありますが、新しい働き方として注目されニーズも高まってきています。あなたはどう働きますか?

フリーランス・業務委託の仕事・求人を探している場合には、フリーランスの求人紹介サービス「クラウドテック」に登録してみるとよいでしょう。「クラウドテック」では、90%が非公開求人となっているため、会員登録することで、求める条件にぴったりの仕事が見つかるかもしれません。

関連記事

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る