未経験でも派遣プログラマーになれる!求人の探し方や平均単価

派遣プログラマーの求人内容や仕事の探し方、平均時給についてご紹介します。また派遣の雇用形態「登録型」と「常用型」について合わせて説明します。自分のライフスタイルやスキルに合わせた働き方を実現できるのが派遣プログラマーでもあります。将来のビジョンを描きながら派遣会社を選びましょう。

プログラマーの派遣の仕事内容とは?

パソコン,kuguru,クグル,くぐる

人材派遣会社に登録し、そこから紹介された企業で勤務する「派遣社員」の勤務形態をとるプログラマーのことを派遣プログラマーと呼びます。勤務先の企業に直接雇用されるのではなく、登録先の派遣会社と雇用契約を結んでいるのが特徴です。

派遣の雇用形態にも登録型と常用型の2種類があります。登録型は、派遣先がある場合に雇用される契約で、派遣先が無ければその間収入がありません。常用型は派遣会社に常に雇用されている契約なので、派遣先が無い期間があったり、勤務先の企業が倒産することがあったりしても給与が支払われます。仕事内容として、9割はプログラミングです。内容によってはすぐに終わってしまうものもあるため、いくつかの案件を同時に抱えていることがほとんどです。

未経験OKの仕事も多いって本当?

派遣の形態として、派遣会社に正社員として所属する「特定派遣」があります。派遣といえども正社員扱いなので、待機中も無収入にはなりません。収入を得ながら勉強も続けられるメリットがあります。プログラマーなどIT技術者は、この特定派遣として派遣会社に所属することが多いです。

そしてIT業界未経験の方は、特定派遣としてIT業界に入ると雇用される可能性が高いので、派遣に登録する場合はこの方法をおすすめします。多くのIT系企業は、プロジェクトを遂行するための人数を、常時正社員として雇用している訳ではありません。プロジェクトが発生した段階で人を集め始めます。その場合に、自社で求人を出して採用活動をするより、素早く対応できる派遣会社を利用することが多いです。

また、発生したプロジェクトが大きければ大きいほど、プログラミング以外の業務も多くなります。大きなプロジェクトの場合は、テスト工程だけでもかなりの規模です。テスト工程は高度な技術が必要ない場合もあり、IT業界未経験者や新卒者などにも声がかかるのです。このようなチャンスがあった場合、派遣会社に登録しておけば未経験者でも現場に送り出されます。

ある程度即戦力になれる技術を身に付けてから実務に就く、という方法もありますが、未経験から現場に入れる機会を利用すれば、実務経験を積みながらスキルアップをすることができるでしょう。

派遣プログラマーの気になる単価は?

派遣プログラマーでは月給制はほとんどなく、基本的に時給制がとられています。時給はテスターで1,500円程度、Webプログラマーで時給2000〜2500円程度、ネットワークエンジニアやSEで時給3000円以上と幅広いです。ボーナスが無いのはほとんどですが、残業代は支給されます。できるだけ高単価の案件を得ようと思えば、自身の経験値や技術力を上げるしかありません。派遣会社ではコーディネーターとよばれる人が条件やスキルに合った派遣先を紹介してくれます。

自分のスキルを正しく伝えられるように、これまでに携わった案件や扱える言語などをしっかりと整理してアピールすることが大切です。また、取得している資格があると、実績の裏付けにもなり、派遣先へのアピールがしやすいので高単価の案件に就ける可能性が上がるでしょう。

IT関連の資格といえば国家資格である「情報処理技術者試験」が挙げられますが、他にもIT関連製品の企業が自社製品に関する技能認定資格であるベンダー資格があります。ベンダー資格は更新がありますが、すぐに現場で活用できる資格ともいえます。

プログラマーとして派遣で働くには?

ディスプレイ,kuguru,クグル,くぐる

派遣プログラマーになる為には、まず派遣会社に登録することが必要ですが、どこの派遣会社を選ぶかはとても重要となってきます。人材派遣会社を選ぶ時にはIT関連に強い会社を選びましょう。一般の人材派遣会社でもプログラマーの派遣がある場合もありますが、ITに強い会社の方が派遣先も多かったり、条件などのやり取りがスムーズだったりします。福利厚生がしっかりしているか、有給休暇が取得できるか等も大切なポイントです。

登録型の場合は、条件に合った派遣先がすぐに見つかるか分からないので、2~3社登録しておけば、収入が無い期間を最小限に抑えることができます。資格取得や研修支援などスキルアップをサポートしてくれる会社も多いので、経験が少ない人は特に利用をおすすめします。

また福利厚生利厚生や有給休暇、社会保険制度があるか、健康診断の実施がされているかどうかも確認しておきましょう。

プログラマーで働くおすすめ派遣会社3選

エンジニアガイド

スタッフサービス・ITソリューションが運営している「エンジニアガイド」は、IT系の派遣会社では国内大手。紹介業としてのノウハウを持っており、取引先は上場企業や優良企業が中心です。高時給の仕事や長期、紹介予定派遣、時短などの求人も多く取り扱っています。希望を伝えればほぼすぐに仕事を紹介してもらえるという評判もあり、大手IT企業で働きたいと考えている方にはおすすめの派遣会社と言えるでしょう。

ITスタッフィング

大手リクルートが運営するIT・エンジニアに特化した派遣求人サイト「ITスタッフィング」。大手企業を中心にエンジニア派遣3,000以上の案件数を保有しています。求人数の多さだけでなく、有給休暇の制度や定期健康診断はもちろん30歳以上の派遣スタッフは、人間ドックを無料で受けることができるなど、福利厚生は他の派遣サイトと比較しても良いといえるでしょう。

またIT系の仕事が未経験でも実務経験を積める職場を紹介してくれるなど、将来性を見据えたアドバイスと目標に近づくためコーディネート力も評判です。キャリアアップや目的を達成したいという方にも向いているでしょう。

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフは「旧インテリジェンス」と「テンプスタッフ」が合併して作られた派遣会社で、案件保有数は3,000件を超える大手です。取り扱っている求人の平均時給は2,400円以上。20代で条件が合えば、未経験でもITエンジニアでの就業を目指す「U_29 キャリアチェンジプログラム(無料)」に応募できます。

また紹介予定派遣の求人を多く取り扱っているのも特徴です。のちのち、正社員で働きたいと考えている方におすすめといえるでしょう。

自分に合う派遣会社の見つけ方【ITエンジニア篇】
ITエンジニアとして派遣で働く場合に、自分の希望する条件を整理することが大事です。ここでは自分に合った派遣会社を見つける方法、気を付けるべき派遣会社の特徴を紹介します。

まとめ

派遣プログラマーとして活躍するためには、派遣先が安定してあることが大切です。自身のスキルアップはもちろんですが、派遣会社選びも重要な項目になります。登録企業はもちろん、福利厚生や資格支援、コーディネーターの対応なども視野にいれて、派遣会社を選びましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る