便利で使いやすいRuby!Rubyでできること、できないこと

Rubyは、プログラミング言語の一つであり、日本人にとって馴染みやすいものと言えます。他の言語に比べて読みやすいとされ、多種多様に使用されています。
今回は、Rubyではどんなことができるのかについて詳しく説明し、利便性の高さを説いていきます。

Rubyでできること

無駄を限りなく省いたRubyは、初心者でも比較的学びやすいプログラミング言語です。主にどんなことに使うことができるのかを見ていきます。

webアプリケーションの開発

Rubyの用途のなかでも多い傾向にあるのが、webアプリケーションの開発です。Rubyで作成されたアプリケーションのなかには、大勢の方に認知されているものもあります。

また、アプリケーションは幅広く展開しており、多様に使用することができます。

API作成

Rubyを活用して、スマホアプリの作成に必要な処理「API」を作ることが可能です。データの共有や保存システムであり、スマホアプリと連携するためには欠かせないものと言えます。

通常は他の難解な言語を活用して作成することが多いです。しかし、Rubyを使用することでスムーズに作業できます。

スマホアプリ開発

Rubyを展開することでスマホアプリを作成する技術もあります。RubyMotionやRubotといったライブラリを使い、比較的わかりやすくアプリを作成することができます。

機械学習

コンピューターに学習させる機能である機械学習を実行することもでき、未来のために有効に活用することができる可能性が秘められています。

スクレイピング

web情報を抜き出して加工するスクレイピングも、Rubyで行えます。うまく活用することで、ホームページの更新なども取得できます。

Ruby on railsを使ってできること

「Ruby on Rails」は、アプリケーション開発に効果的だと言われているフレームワークです。様々な場所で運用されており、有効活用することでビジネスにも役立てることが可能です。

Rubyでできることは全て簡略化して実現できる

Webアプリケーションやスマホゲームなどの開発にも利用できます。通常では難解なプログラミングコードを駆使して開発されることが多いです。

「Ruby on Rails」は、コードを素早く記述でき、ルールも細かく決まっています。説明も日本語で記載されていることが多く理解しやすいと言えます。

そのため「Ruby on Rails」ではコードの記述量を減らすことができ、簡略化することが可能です。そのため高速にアプリケーションを作るために貢献します。

社内基幹業務システムの開発

ビジネスの世界でも、企業によっては取り入れることができます。社内システムを作り、出欠管理システム作成のために使用するケースも増加傾向にあります。

開発速度の早さから、サービスの成長スピードにも柔軟に対応することが可能。うまく運用することで、会社ごとで独自の機能を開発できる可能性も秘めています。

Rubyの課題

多機能に使用できる言語Rubyですが、全てのシステムに運用できるわけではありません。便利である反面今後の課題もあり、いかに欠点を補っていくのかが重要であるとされています。

シンプルかつ自由度の高さを備えていますが、反面統一性がなくなり管理の面で不安が残ります。そのためプロジェクト形式で開発を行った場合、プログラマーごとに認識が違い、文法が読みづらくなってしまうおそれがあります。

また、機械学習の観点から見ると、分野に特化した言語であるPythonに遅れを取りがちです。演算スピードもPythonのほうが早いため、実用が困難です。

他のプログラミング言語との比較

有効なプログラミング言語であるRubyですが、他の言語とどちらが便利であるかを比較されることも多いです。とくにPHPやPythonといったものとアプリケーション開発の有能さを比べられています。

プログラミングという点では他の言語が勝る部分もあります。とくに適切なプログラミングを必要とする場では、簡略的な言語よりもしっかり学ぶことができるためPHPなどを推奨していることもあります。しかしキャリアチェンジを希望する方が増加傾向にあることから、比較的理解しやすいRubyを選択する方も増えています。

転職を考えている方のなかには、なるべく早く実用化してスキルをアピールしたいという方も存在します。また、企業もRubyを自在に駆使して様々なビジネスに貢献してほしいという意識も高まりつつあります。

主にRubyで作成されたアプリケーションには、料理レシピ投稿サイトの「cookpad」や、グルメサイト「食べログ」などが挙げられます。これらのサイトは、信憑性が高く社会に大きな影響を与える、画期的なサイトとして取り上げられることもあります。そのためRubyというプログラミング言語は、多方面で価値が高くなっているのです。

まとめ

Rubyは他の言語よりも理解しやすく、初心者の方にもおすすめできるものと言えます。課題はあり欠点とされるところもありますが、デメリットを補うほど多様に使用できます。他のスキルをもっているのであれば、さらなるステップアップとして学んでみてはいかがでしょうか。

▶Rubyの他の記事も見てみよう!
Rubyとは?何ができるのか徹底解説! | kuguru[クグル]
Rubyの優れた5つの特徴!他の言語との比較 | kuguru[クグル]
Rubyのインストール方法!OS別に解説 | kuguru[クグル]
【Ruby】おすすめの開発環境は?OS別の環境構築方法 | kuguru[クグル]
Ruby on railsとは?特徴とできること | kuguru[クグル]

関連記事

ページ上部へ戻る