Swiftのメリットとデメリットは?iPhoneアプリはSwiftで!

Swiftは2014年にリリースされた、Apple製品用アプリ開発専用のプログラミング言語です。最近開発された言語だけあって、他の言語の良いとこどりで、モダンで習得しやすい言語仕様となっています。
今回はそんなSwiftのメリット・デメリットとSwiftで開発されたアプリについてご紹介します。

Swiftのメリット・デメリット

メリット

Swiftの最大のメリットは、何と言ってもiPhoneアプリが開発できることです。もちろんiPad用やMac用のアプリも開発できますが、注目度としてはiPhoneが一番でしょう。

他にもiPhone用のアプリを開発できる言語はいくつかありますが、開発容易性やパフォーマンスを考えると、Swiftが圧倒的です。これからiPhoneアプリを開発しようと考えるなら、Swiftが必須と言えるでしょう。

またSwiftは他の言語のいいとこ取りで、言語仕様がとても洗練されています。クラスの定義やインスタンス生成も、C言語系の他の言語と良く似ていますのでとっつきやすいです。

(クラスの例)
class People {
var name : String
init(name : String){
self.name = name
}
func Hello(){
println(“”Hello! I am \(name).””)
}
}

var p = People(“”Taro Yamada””)
p.Hello() // -> “”Hello! I am Taro Yamada.””

Swift以前のApple製品用開発言語だったObjective-cが、かなり難解な言語仕様だったことを考えると、随分と簡単になりました。

デメリット

Swiftの最大のデメリットは、Apple製品用のアプリしか作れないことです。せっかく習得しても、SwiftではWindows用のアプリは作れません。また、今のところクライアント専用なので、Webアプリを作ることもできません。

元々Appleはサーバ製品には力を入れていないので、Webアプリを開発する環境は今後も期待できるかわかりません。

開発がMacでしかできないこともデメリットでしょう。Swiftの開発にはXcodeというIDEを使いますが、コンパイラを含め、すべてMac上でないと動きません。Windowsで開発してMacで動かす、というわけにはいかないので、Windowsしか持っていない場合は開発用にMacを購入しなければなりません。

また、発表されて間もない言語ですので、日本語の解説サイトはまだ不十分な印象です。本格的に勉強するなら、英語サイトを利用するか、書籍を購入するかしたほうがよいでしょう。

iPhoneアプリはSwiftがトレンド

Objective-Cとの比較

一昔前のiPhoneアプリ開発はObjective-cという言語で行っていました。Objective-cはC言語系のオブジェクト指向言語で、Smalltalk由来の言語仕様のため、良く言えばオブジェクト指向に徹している、悪く言えば読みにくい言語でした。

例えばインスタンスの生成も、

Hoge *hoge = [[Hoge alloc]init];

のような感じです。インスタンス変数にポインタを表す*が付いています。

Swiftはもっとシンプルで、

let hoge = Hoge()

ですみます。随分と分かりやすいです。
もう少し根本的なところで、SwiftにはOptional Typeという仕組みがあります。簡単に言うと、普通にやっても変数にnullが代入できない仕組みです。

Javaを始め、ほとんどの言語はnull代入OKなので、インスタンス変数がnullになることがあっても普通にコンパイルできます。

そして実行時にnull参照例外を起こします。Swiftはコンパイル時点でこれを検知し、防ぐことができます。ちなみにObjective-cはnull参照を無視するので、実行時にもnull参照例外を起こしません。そして予期せぬ動作を招きます。

Swiftを選ぶべき理由

先程の例からもわかるように、SwiftはObjective-cよりも格段に進化した言語です。開発のしやすさも、安全性もかなり向上しています。今からiPhoneアプリを開発するなら、Swiftを使うべきでしょう。

Apple 開発のSwiftを学ぶには?

Swiftでおすすめの学習サイト

今からはじめるiOSアプリ開発

SwiftのサンプルソースやXcodeのスクリーンショットを掲載してくれているので、わかりやすいです。また、最後に簡単な電卓アプリを作ってみて理解を深める構成になっているので、なんとなく文法ばかりを読むよりは理解度が深まる作りになっています。

「Swift3入門(ドットインストール)」


全部動画で解説してくれる「ドットインストール」のSwift講座です。初学者にはとてもわかりやすく、最初に見るには最適です。

Swiftでおすすめの書籍

「Swift実践入門 ─ 直感的な文法、安全性を兼ね備えた言語」

本書はSwiftの言語仕様と、実践的な利用方法とを解説した入門書です。
Swiftは簡潔な言語ですが、その言語仕様をきちんと理解し、正しく使いこなすことはけっして容易ではありません。Appleの公式ドキュメントをはじめ、どのような言語仕様があり、それらをどのように使うかに関して豊富な情報源があります。

しかしそれがなぜ存在しいつ使うべきかについては、まとまった情報があるとは言えません。本書は読者のみなさんの、「なぜか?」や「いつ」を解消することにも重点を置いています。

「基礎からわかる Swift」

本書ではプログラミング言語「Swift」の基本について、わかりやすく解説しています。他のプログラミング言語などを使ったことがある人を主な対象としており、ポイントなどをまとめた1冊です。iOSアプリ開発者/ Macアプリケーション開発者にオススメです。

まとめ

今回はSwiftのメリット・デメリットとSwiftで開発されたアプリについてご紹介しました。iPhoneXも発売されて、iPhoneアプリはますます注目を集めています。iPhoneアプリを作るなら、ぜひSwiftを習得してください。

関連記事

ページ上部へ戻る