Swiftの入門サイトおすすめ9選!Swiftでアプリ開発

SwiftはApple製品向けのアプリケーション開発に最適なプログラミング言語です。以前はObjective-cという若干とっつきにくい言語で開発しなければなりませんでしたが、Swiftはかなり使いやすくなっています。今回は、Swiftの解説サイトを中心に、Swiftでのアプリ開発のスタートアップについてご紹介いたします。

Swiftの入門サイトおすすめ9選

初心者向け

Swift初心者が1ヶ月の勉強で習得できた爆速学習方法まとめ
Swiftの学習について、学習前の心構えから学び方まで丁寧に解説しているサイトです。Swiftの文法やサンプルソースなど具体的な記述はありませんが、ざっくりどんな順番でSwiftを学べば良いかの指針を知るのには適しています。

初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門
こちらもiPhone向けアプリの開発について、基礎となる知識の解説を丁寧に行っているサイトです。Swiftをはじめ、iPhoneアプリに必要な最低限の基礎知識をわかりやすく解説しています。アプリ開発に興味はあるが、まったく未経験という人は、まずはこのサイトの連載(1)を読んでイメージを掴みましょう。

10分で試せる!iOSアプリ開発入門
画像を交えながらわかりやすく解説してくれます。画像が多いので、文字ばかりだと抵抗がある、という人はこのサイトを読んでみましょう。

中級者向け

Swift による iOS 開発入門
Swiftの言語仕様やiOSでの開発について詳しく解説しています。他のプログラミング言語でアプリ開発の経験があれば、十分理解できる内容です。

初心者のためのSwiftプログラミング入門
Swiftの言語仕様について、ざっくりと駆け足で説明しています。細かいことは後回しで、とりあえずSwiftはどんな言語なのか知りたい時に最適です。

作って学ぶSwift/iOSアプリ入門
京都のIT系の学生が集まったコミュニティCAMPHORが主催するブログです。サンプルソースがたくさん掲載されているので、真似ながら書いていくと理解が深まります。

上級者向け

逆引きSwift
非常に多くのサンプルソースが掲載されています。やりたいことからサンプルソースが逆引きできるので、実際にアプリを作る時に参考にできます。

A Swift Tour
Appleの公式ドキュメントです。公式だけあって、Swiftの最新バージョンに対応しており、実際に手を動かしながら学習することができます。ただし全部英語です。Swiftは2014年にリリースされた新しい言語ですので日本語の情報が少ないので、これを機会に英語を読む力をつけるのもよいでしょう。

はてな研修用教科書
株式会社はてなが入社時研修やインターンシップで使用している教材をGitHubに公開してくれています。簡単なアプリ開発例をあげて解説していますので、わかりやすく実践的です。

Swiftのチュートリアルサイトの探し方

「Swift 入門」や「Swift サイト」あたりをキーワードにして検索すると、色々なSwift関連サイトがヒットします。SwiftはApple製品用のアプリ開発ができるプログラミング言語ですので、どんなアプリを作りたいかをキーワードにして検索するのもよいでしょう。ただし、日本語サイトはまだまだ充実していません。「Swift tutorial」など英語でのキーワードも試してみましょう。技術英語なので登場するワードも限られていて、英字新聞を読むより簡単です。

Swiftでスマホアプリを作ってみよう

SwiftはApple製品専用の開発言語なので、Androidスマホ用のアプリは作れません。iPhone用だけですので注意しましょう。実際にアプリを作ろうとした時には、以下のサイトが参考になります。
iPhone アプリ開発
このサイトは特に、UI(User Interface)の主な部品の使い方や良く使うクラスライブラリの利用方法を解説してくれています。

まとめ

今回は、Swiftの解説サイトを中心に、Swiftでのアプリ開発のスタートアップについてご紹介しました。Swiftは言語仕様も洗練されていて、Appleファンなら学ぶのもきっと楽しいと思います。自作iPhoneアプリ作成に興味がある人は、チャレンジしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る