使用頻度が高いのに間違えやすい!?「見る」の尊敬語と使い方まとめ

ビジネスシーンだけでなく、日常の生活の中でも使用頻度が高い言葉といえば、「見る」という言葉が挙げられます。使う相手によって敬語が必要なため「見る」という言葉も、いくつか変化することが重要になります。使い方に注意すべき「見る」という言葉の敬語や使い方、使い方のポイントについて紹介します。

使用頻度が高い「見る」の尊敬語


「見る」という言葉をビジネスシーンで用いる場合には、「ご覧になる」「拝見します」という言葉が使われます。他にも「見ます」や「見られる」という言葉があるでしょう。「見る」という言葉を使い分けるポイントはどこにあるのでしょうか。用いる相手が目上の方や上司になると、おさえておくべき考え方の軸となる敬語について紹介します。

尊敬語と謙譲語

敬語には大きく分けて、尊敬語と謙譲語の二種類があります。尊敬語は相手の動作を上級表現にし、敬意を示す言葉になります。「ご覧になる」「見られる」という表現が尊敬語の言葉です。逆にこちらの動作をへりくだった表現にして、相手を上にして敬意を示す言葉が謙譲語になります。「拝見する」「見せていただく」といった表現が謙譲語です。

「見る」の尊敬語は2つ


「見る」の尊敬語は、「ご覧になる」「見られる」という言葉になり、相手の動作を立てる表現と言えます。この二つの「見る」の尊敬語の使い分け方はどうすれば良いのでしょうか。改めて確認しておきたい。「ご覧になる」「見られる」のポイントと例文について紹介します。

「ご覧になる」解説と例文

例えば、○○様、この資料をご覧になりましたか?
という様に、「ご覧になる」という使い方は、ビジネスの顧客や上司の方に用いることが自然になります。見ましたかにしてしまうと、失礼な表現になるので注意すべきでしょう。「ご覧になる」を積極的に用いることで、目上の方に見て欲しいという気持ちを添えることもできます。

「見られる」解説と例文

「見られます」という言葉は、尊敬語ではありますが、「ご覧になる」という言葉よりは強い意味合いがありません。
△△課長、この資料を見られましたか?という例文のように、近しい上司や先輩に用いることが一般的です。気心が知れている目上の方には、「見られる」という言い回しが親近感を与えてくれます。

書き言葉で使われる「ご高覧」「ご清覧」


時には、「見る」という言葉の敬語表現として、「ご高覧」や「ご清覧」をメールや書類で目にするという方も珍しくありません。通常の「ご覧になる」との違いはどこにあるのでしょうか。「ご高覧」や「ご清覧」の表現や使い方のポイントについて紹介します。

より丁寧な表現「ご高覧」「ご清覧」

「ご覧になる」という表現を、より丁寧に表している「ご高覧」や「ご清覧」は正式な契約や書類など、重要なビジネスシーンで用いられる「見る」の尊敬語です。書き言葉として用いる言葉ですので、話し言葉で用いると違和感が出る表現です。重要なビジネスメールで用いると良いでしょう。

「ご高覧」「ご清覧」を使った例文

重要な書類やメールで、「ご高覧」や「ご清覧」を用いることが一般的です。目上の方に、早めの目を通していただきたい意味合いを伝えることができます。書類に目を通して、チェックや返信をお願いしたい場合には適切な表現になります。

ご高覧いただきますようお願いします。または、ご清覧のほど、よろしくお願いします。という例文を覚えておくと、使い方に困ることがないでしょう。

よくある「見る」の敬語表現の間違い


見るという敬語表現は、日頃から使いやすい表現といえます。そのため使い方のポイントを外してしまうと、思わぬトラブルを呼んでしまう可能性もあります。気をつけておきたい「見る」の敬語表現に対する間違いについて紹介します。

尊敬語と謙譲語を間違えて覚えていませんか?

敬語は尊敬語、謙譲語いずれを用いたとしても上の立場になるのは、相手になります。そのため、自分自身に「ご覧になる」を用いてしまったり、相手に対して「拝見してください」のような言い回しをすることはNGです。相手の「見る」に対して「ご覧になる」、自分の見るに対して「拝見する」を心がけましょう。

「見る」の敬語表現の誤用例文

「見る」という敬語表現のポイントとして、「ご覧になる」の多用を避けるというものがあります。重要な資料や書類に対して、「ご覧になる」を用いることは問題ありません。しかし、ちょっとした資料やメールの度に「ご覧ください」と用いるのではなく、「ご査収」という表現を用いる方が一般的です。


データをメール添付したので見てください。
→ 誤用   データをメール添付したので、ご覧ください。
→ 正しい  データをメール添付したので、ご査収ください。
「ご査収」と「ご覧ください」を使い分けることで、情報の優先順位も明確にすることが可能です。

まとめ

今回はビジネスや日常シーンで使われることの多い「見る」という言葉について紹介しました。言葉の使い方を正しくするには、尊敬語と謙譲語を理解することがポイントです。特に目上の方に「見る」という言葉を用いる際には、失礼に当たらないように配慮する必要があるでしょう。正しい「見る」の使い方を心がけてビジネスに活かしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る