技術を生かす!COBOL案件を探すときに知っておきたいこと

事務処理や会計処理向けの言語といわれている「COBOL」。COBOLは女性が生み出したプログラミング言語です。政府をはじめ大手企業などでも使用されているCOBOLとはどんな仕組みなのでしょうか?今回はそのCOBOLの特徴とフリーランス案件について具体的に解説します。

金融業界に強いCOBOLの特徴

COBOLとは事務処理や会計処理などを行なうプログラミング言語のひとつで、1959年にアメリカで誕生しました。COBOLの考案者は「グレース・ホッパー」という女性です。COBOLはプログラミング言語の中でも英語に近い文法で記述されているため、英語力は不可欠といえるでしょう。

昔から使われている言語であるため、基本設計も古いことが懸念されています。ところが現在でも標準規格の改定は継続されており、政府をはじめ多くの企業の会計システムなど幅広く利用されています。
COBOLの特徴については以下でご説明します。

システム管理が容易

COBOLはスキル能力の高いエンジニアにとって魅力的な言語です。その理由のひとつはシステム管理のしやすさ。大規模開発プロジェクトの管理者からもCOBOLの開発は安心感があるとの評価を受けています。

多くのエンジニアが携わる開発で製造されるプログラムの品質に、統一感があるのはCOBOLだけといわれているほどです。リバースエンジニアリングを行なうツールも市場に出まわっており、品質や生産性に関するデータの取得も簡単に行なうことができます。

金融業務での記述力に長けている

COBOLは金融業務での記述力に定評があります。十進演算機能という固定桁数の切り捨て四則演算は、金融分野において重要となる機能です。この十進演算機能はCOBOL以外の他の言語では代用できるものではありません。

JavaやNETでもできるとはいわれているものの、プログラミングが煩雑になり、最適化されているオブジェクトコードで実行できるCOBOLと比べると性能は低下するため、COBOLの必要性は高いといわれます。

静的な言語

COBOLのプログラミングは静的な言語が一般的とされています。これはJavaやC#と大きな違いです。プログラムをロードする際にメモリ領域が静的に確保。それをもとに演算をひとつにさせることが可能です。

このプロセスは大量のバッチ処理を高速で実行させるのに有利です。近年はCOBOLもオブジェクトの指向になってきているため、動的なインスタンス化やクラスメソッドの定義も可能です。さらにはC言語と同じようにポインタ操作もできるため、動的なデータ構造を処理するプログラミングも可能にはなっています。

年齢不問の案件が多いってホント?

COBOL案件には年齢不問のものが多いという噂がありますが、実際はどうなのでしょう。COBOLは誕生から半世紀以上も経つ古い言語で、現在では新規開発でほとんど使われていません。ですが過去のシステムを拡張したり、リプレースなどをする際にCOBOLエンジニアは必要です。そのためCOBOLを扱う人の年齢層は高く、年齢制限もしにくくなります。

現在のCOBOLエンジニアは、平均年齢として40代以上が多くを占めています。逆に20代でCOBOLエンジニアを見つけるのは少々難しいほどです。そのため、求人があるとしても必然と年齢不問での募集となります。ただ年齢不問とは言え、70、80歳代が活躍しているわけではありません。
およそ50代が市場感としては限界ですが、60歳程度までならフリーランスとしても案件が見つかる可能性はあります。COBOLには年齢不問案件が多いとは言え、限界もあることは知っておきましょう。

気になるCOBOL案件の単価相場

COBOLの報酬の相場は実務経験や時間、案件の種類などによって異なります。プログラマで40~60万円、システムエンジニアで60~80万円が目安。
COBOLではどのような案件があるのでしょうか?参画スキルや報酬金額も併せて紹介します。

大手スーパー向けシステム再構築案件

大手スーパーの既存システムの刷新案件です。作業内容は基本設計から結合テストまでとなります。伝票管理システム、集配信システムなど、再構築が対象のシステム管理。
単価は勤務時間やスキルによって異なりますが、上限700,000円/月となっています。参画条件は「基本設計からテストまでの経験」「COBOLでの開発経験」です。

自動車保険システム開発案件

共済を対象とした自動車保険システム開発で、作業内容は製造からテストまでです。この案件は年齢不問なので、長期で働くことができる人におすすめしています。またフォロー体制は充実しており、コミュニケーションがとりやすい環境。
報酬金額は上限550,000円/月となっています。「基本設計からテストまでの経験」「COBOLでの開発経験」が自動車保険システム開発案件の参画条件です。

COBOL案件が見つかるサイトは?

COBOL案件を多く扱うサイトや、おすすめのエージェントをご紹介します。

COBOLはJavaやPHPに比べると求人数は少なめにはなりますが、取り扱えるエンジニア自体も減少傾向です。自分のスキルや言語から検索できるITやWeb関係に特化したサイトばかりなので、複数登録することによって自分の希望に沿ったプロジェクトを探しやすいでしょう。

まとめ

事務処理や会計処理などにおすすめのプログラミング言語「COBOL」について解説しました。COBOL案件の相場も平均50~70万円と高額で、さらに実務経験があればあるほど、高報酬も期待できる職種です。週1~2日からでも可能な案件もあるので、フリーランス初心者の人でも安心して始めることができるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る