注目を集めるPython案件!求人の見つけ方と最新の傾向

プログラミング言語の中で最近注目を集めている「Python(パイソン)」。PythonはPHPやPerlと並び知名度が高い言語といわれています。今回は初心者から熟練者まで誰でも可能なおすすめPython案件を紹介。Pythonの基礎知識も併せて解説します。

読みやすさが魅力のPython

Phythonとは?

Pythonは様々な分野のアプリケーションで使用されているプログラミング用語のひとつです。有名なWEBサービスにも頻繁に使用されているため、互換性が高いのが特徴といわれています。Pythonは機械学習やビッグデータ解析などの技術を用いる企業を中心とし、代表的なものとしてGoogleの検索システムやFacebook、動画サイトで有名なYouTubeにも使用。さらにはソーシャルゲーム、ASPを利用したアプリ開発にも活用されています。

Phython の特徴

Pythonは文法がシンプルで、必要最低限のものだけしか用意されていないのが特徴です。「読みやすい・書きやすい・判りやすい」という部分に注力して設計されています。文法のシンプルさと可読性の高さから、習得しやすい言語だといわれているため、プログラミングやフリーランス初心者におすすめです。

さらに効率・メンテナンス性が高いという特徴も。シンプルで判りやすいということは、同時に効率の良さにつながります。またPythonはソースコードの量を減らすことができ、目で見て判る範囲では、PHPの2/3ぐらいといわれているようです。コード量の少なさは、開発効率の良さを意味するため、メンテナンス性も高くなります。

Pythonは「YouTube」をはじめ、「Instagram」、「Evernote」やWebアプリなどにも使用されています。またPythonを使用して作られるものとして、デスクトップアプリケーション、ゲーム、組み込みアプリケーション、人工知能、深層学習などがあり、各分野で様々な実績があるのもPythonならではの特徴です。

Phython案件の仕事内容とは?


Phython案件の仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

ディープラーニングを応用した研究開発案件

ディープラーニングを応用し、店舗内の行動を解析するソリューションの研究開発案件です。週5日常駐した場合、1カ月の単価の上限は800,000円となっています。参画するためには、Computer Vision分野のアルゴリズムに関する基礎知識及び実装能力があることが必須条件で、以下のいずれかに該当しなければなりません。

  • 機械学習による物体検出・画像間のマッチング・特徴点の抽出・物体認識・物体追跡
  • Computer Visionの主要な学会(CVPR/ICCV/BCCV等)による実装能力・論文の読解
  • OpenCVに関する十分な知識
  • Python/C++を用いた開発経験

以下のいずれかのスキルを持っていると、ディープラーニングの研究開発案件に参画できる確率が高まります。

  • 日常会話程度の英語力
  • プロダクト化を視野においた、開発経験
  • Linux上での開発経験
  • 人物検出、顔検出、顔認証、物体識別、物体トラッキングのいずれかの研究経験

ニュースアプリ開発の案件

ニュースアプリを開発する案件です。こちらも週5常駐した場合、1カ月の単価の条件は800,000円となっており、高額収入が期待できます。ニュースアプリに参画するための必須条件は以下の通りです。

  • Pythonでの開発経験
  • データ集計・可視化に関する開発経験
  • 数値に基づき、ユーザのためのサービス改善をすることへの意欲
  • ニュースアプリ開発案件に参画するために、より有利なスキルをいくつか紹介します。
  • 非同期プログラミングの知識
  • 機械学習や統計に関する知識
  • Webフレームワークの使用経験
  • Golang、Erlang、Scala等の使用経験

気になるPhythonの単価相場


1人月で月に140〜180時間の工数で、50万〜120万円ほどと、かなり幅が広いです。スキルや経験にもよりますが、クライアントの求めるスキルや機能と一致する開発経験・実績があると一気に高くなるようです。Pythonを使いこなせるエンジニアは需要に対して希少なため、一人前のPythonエンジニアであれば、およそ月80万~100万円くらいが相場ではないでしょうか。

ただし、携わる業務がwebアプリの開発か、自然言語処理関連・機械学習の開発かで相場も変動します。そして自然言語処理関連・機械学習の開発の方が希少価値が高くなり、相場も高い傾向にあります。

Python案件を見つける方法


初めてPython案件のフリーランスに挑戦する場合、不安もあるはずです。そのようなときはフリーランス専任プロのエージェント会社に相談に行くことをおすすめします。このフリーランス専任プロのエージェント会社をSES(システムエンジニアリングサービス)業界といい、無料でサポートを受けることができるので、気になる複数のエージェントへ同時に登録することも可能です。

Python案件はまだ少ないのが現状です。必要な人材は必要なプログラミング言語が使用できるか、Pythonを使いこなせるシステムエンジニアかということになります。今後は大量データを使用したプロジェクトやlot関連のプロジェクトが増えます。Pythonの使用は様々な場面で活躍しているので、今からPythonに携わっておいてもよいかもしれません。

まとめ

Pythonの基礎知識とおすすめ案件について解説しました。普段使用しているYouTubeやInstagramにも使用されている有名なプログラミング言語です。現在はまだ案件が少ないですが、近年ブームとなっているので今後の動向に注目しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る