いま注目のRuby案件!スキルを活かす求人の見つけ方と注意点

英語が基本とされるプログラミング言語の中で日本人が考案した「Ruby」。日本人エンジニアにとって使いやすく分かりやすいと人気の言語です。今回はRubyの特徴や「Ruby on Rails」の開発案件についてご紹介します。

実は日本生まれ!Rubyとは


RubyとはWeb関係のシステム開発や業務を中心に使用されているオブジェクト指向のスクリプト言語です。島根県在住の男性が1993年に考案したとされています。Rubyという名所の由来は考案した男性の誕生日が7月ということで7月の誕生石ルビーにちなんでいます。

文法も優しくコマンドや専門用語も不要なので、他の言語と比べて少ない行数でプログラミングを作ることできます。また可読性高いため感覚的に理解できる言語であることから、プログラミング初心者でも簡単に習得できるのもメリットです。

Rubyに注目が集まる理由


Rubyに注目が集まるのは、その特徴に理由があります。

まず柔軟な文法力があります。Rubyは日本で考案されたこともあり日本語に近い言語体系を持っているのが特徴。日本人エンジニアにとっては記述面においても直感的で易しめです。簡略化もできるため、エンジニアに対しての負担も軽減させてくれるプログラミング言語です。

加えてプログラミング言語の中でもRubyはフレームワーク、ライブラリーのバージョンアップが早いです。そのため便利な機能が追加され、脆弱性の解消が行なわれています。

さらにRubyは日本初のプログラミング言語で開発者も日本人のため、数多くの日本語のサポートが期待できます。プログラミング用語を使用する際は基本的に英語が必須となりますが、日本語ドキュメントが充実していることで日本人のRuby愛好家にとっては解読のしやすいプログラミング言語です。

また優秀なRuby on Railsの登場でさらに注目度は高まりました。「設定よりも規約」「同じことを繰り返さない」という2点がRuby on Railsの理念とされています。より少ないコードで簡単にかけるように考慮されているプログラミングで、フルスタックの機能を搭載しエンジニアの支持を集める人気のフレームワークです。

気になるRubyエンジニアの年収


Rubyの案件は数多くありますが、そのうちのほとんどがRuby on Railsを使用した案件といわれています。Ruby on Railsの使用経験がない場合はRubyの高単価案件を受けることは難しいです。そのためRubyの経験値を上げるのであれば、まずはRuby on Railsの案件に触れることが必須となります。Ruby案件は以下の通りです。

ソーシャルゲーム案件

ソーシャルゲームのアプリケーションの機能やイベントの実装を担当する内容で、週5日常駐勤務した場合で単価の上限はおおよそ800,000円/月です。ソーシャルゲーム案件に参画するための必要条件は、「システム開発経験」「大人数での開発プロジェクト参画経験」「Ruby、Railsの実務経験1年以上」「LinuxやMySQL 、Webサービス系ミドルウェアの知見」などが挙げられます。

リアル体験提供サービスの新規プロジェクト開発の案件

インパウンドなどのリアルな体験の機会を提供するサービスや、リアルな世界で人々に感動を与えるなど、メディアや事業者への提供システムの開発を担当する内容です。週5日常駐勤務した場合、単価の上限はおおよそ900,000円/月となっています。この開発プロジェクトに参画するためには以下の項目に当てはまる人が必須条件です。

  • Ruby on Rails 開発経験がある人
  • 中規模以上でRubyのシステム開発の経験がある人
  • コミュニケーション能力がある人
  • 少人数での開発なので、専門分野以外に幅広い知識がある人
  • アウトドアアクティビティに関する開発なので、この分野に詳しい人

単価の基準は自身のスキルです。実務経験が長ければ長いほど高報酬が期待できます。ここで週5日常駐勤務の場合の具体的な実務経験年数の単価相場を見ていきましょう。

実務未経験:20~25万円/月
実務経験半年:25~30万円/月
実務経験1年間:30~40万円/月
実務経験2年間:40~50万円/月
実務経験3年以上:50~60万円/月
実務経験5年以上:60万円以上/月

実務経験が5年以上もあると年収1,000万円も期待できます。実務経験が1年間でも30万円程度と、一般企業の平均月収よりも多い報酬額ともいわれているので、プログラミング言語に詳しい、またはエンジニア関係に興味がある人は、スキルアップとして挑戦してみるのも良いでしょう。

Ruby案件の見つけ方のポイント

注目度の高いRuby案件を効率よく見つけるには、ITエンジニアに特化した求人サイトや派遣会社に登録することをおすすめします。それぞれのIT案件ごとに求人が検索できるので、自分の希望に沿った仕事が見つかりやすいでしょう。

おすすめサイトとしては

などが挙げられます。どちらもIT・Web系の案件に強いことが特徴です。

まとめ

Rubyはスタートアップを中心として、多くの企業のプロジェクトで採用されています。報酬も高くて開発効率やチーム開発の相性も魅力です。日本初のプログラミング言語でもあるので、今後も日本人プログラマの活躍が期待されます。

関連記事

ページ上部へ戻る