フリーランスってどんな働き方?メリット・デメリットを紹介

働き方改革によりフリーランスという働き方にも注目が集まっています。こちらの記事では、フリーランスの働き方とともに、フリーランスとして働くメリット・デメリットを紹介しています。自由度の高さから人気の高いフリーランスですが、新しい働き方であるがゆえの不安もあります。特徴をしっかりおさえておきましょう。

フリーランスとは?


「フリーランス」という言葉を聞くと、会社などの雇用関係に縛られることなく、フリーで活躍している人というイメージがありますが、実際のところどういった働き方のことをいうのでしょうか。働き方改革でどのような位置づけをされているのか、フリーランスの置かれている現状などについてみていきましょう。

働き方改革での位置づけ

フリーランスは、

  • 副業(本来の仕事のすきまに働く)
  • 複業(複数の企業と契約を結び働く)
  • 自由業(プロとして独立して働く)
  • 自営業(個人事業主等として働く)

の4分類とそれらが複合的に組み合わされた形で、固定した雇用関係のない立場での働き方という位置づけがされています。フリーランスは法律の用語でいうと「業務委託」となることがほとんどです。業務委託とは、正社員と企業のような雇用契約ではなく、個人と企業が対等な立場で契約をする働き方のことを言います。従来のような雇用関係だけでなく、フリーランスを含め働き方が多様化してきています。

フリーランスと起業の違い

起業は、新たに事業を始めることをいいます。家事代行業のように特に申請の必要のない業種もありますが、申請が必要な業種もあります。ある程度の自己資金、設備投資等が必要になる場合も多くリスクを伴うことが多いです。

フリーランスと起業の違いとは?メリット・デメリットも紹介
こちらの記事では、さらに詳しくフリーランスと起業の違いを紹介しています。個人の価値観や事業のフェーズによって、フリーランスでいるべきかどうか、頃合いを見て起業する方が良いかは異なってきます。ぜひこちらを参考に、フリーランスと起業の働き方を比較して見てください。

フリーランスは、起業ほど煩雑な申請の必要がなく、自分の裁量で自由に仕事ができる働き方です。また、支払わなければならない税金の項目も変わってきます。

フリーランスという働き方のメリット


自由な働き方が魅力とされるフリーランスですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

時間の使い方をコントロールできる

基本的に就業時間が決まっているわけではありませんので、自分の裁量で時間配分することができます。子供の行事等のイベントがある日は仕事を入れない、日中は別の用事があるので夜間に仕事を入れる等、時間の使い方をコントロールすることができます。

仕事の方向性を決められる

会社に勤めていると、どうしても会社、上司、所属しているグループ等の意向にそった方向性に合わせて仕事をすることになります。入社時に特定の部署や職種を重要視していても、会社の事業変更や資金難などで、本来希望していなかった仕事をしなければならない事態も考えられるのです。例えば、営業職志望で入社したのに、人不足で企画職に転向するなどが考えられます。

一方フリーランスは、仕事ごとに契約を結んで働く働き方なので、自分でやりたい仕事からブレることなく働くことができます。もちろん、フリーランスでも、クライアントとの方向性の確認はある程度必要になりますが、自分の裁量次第で仕事を進めることができます。

努力次第で収入に直結する

企業によっては、自分が成長してこなせる仕事が多くなっても、企業の評価携帯に合わなければ昇給したり賞与をもらったりできなくなります。また、企業によってはサービス残業や休日出勤を強いられる可能性もあります。

フリーランスの場合、自分が仕事をした分だけの収入を得ることができます。自分の努力次第で収入に直結するため、モチベーションを高く持ち続けて大きな成果を上げることが可能です。

人間関係のストレスが軽減する

上司や部下、同僚との人間関係にストレスを感じているという方も多いかと思います。雑用に追われたり、仕事だけでなく、飲み会の席でも忖度する必要があったりストレスはつきません。フリーランスの場合は、クライアントとの話し合い等もありますが、基本働き方は自分次第です。そのため人間関係のストレスが軽減されるという魅力があります。

通勤から解放される

朝晩の通勤ラッシュにストレスとして感じる方もいるかと思います。フリーランスの場合、自宅やカフェなど場所を選ばないというのも魅力で、通勤ストレスから解放され、今までの移動時間を自由に使うことが出来るようになります。

ただし、フリーランスの仕事には常駐型と呼ばれるものがあります。この場合はクライアントのオフィスに常駐する必要があるので、通勤をしなければなりません。

フリーランスという働き方の問題点


フリーランスという働き方には魅力的なメリットが多い一方、問題点もあることを知っておく必要があります。どのようなデメリットがあるのかみていきましょう。

収入が不安定になりやすい

働いた分だけ収入を得ることができるというのは、とても素晴らしい魅力であると同時に、働かなければ収入を得ることができないという事でもあります。フリーランスの場合、急に病気などで働けなくなると、その日から収入が0になってしまうという人も多いでしょう。また、制作に3ヶ月かかるものの報酬が、納品時に支払われる場合、報酬振込までは無給になってしまいます。

会社勤務の場合は、有給休暇もあり、給料や賞与が貰える魅力があります。また、調子が悪く成果の上がらない月があっても、給料の額は変わりません。

社会保障が受けにくい

会社に所属していれば、雇用保険に入っているため、失業すると失業手当を申請することができます。また、企業年金のある企業に入っていれば、老後の不安を軽減されるでしょう。しかし、フリーランスになると、これら保障を受けられなくなったり、支払う保険料が高くなったりしまいます。フリーランスという働き方が広まるにつれて、社会保障も整備されつつありますが、現状としては正社員に比べて不安定な状態であるといえます。

フリーランスの加入する年金と、その控除・免除の条件
フリーランスになると、基本的には国民年金に加入することになります。国民年金だと、老後毎月いくらの額を受け取ることができるのでしょうか。こちらでは、国民年金の受給額、支払いに困ったときの免除の条件、年金の受給額を増やす方法などを紹介しています。
フリーランスの社会保険について
サラリーマンのうちは、会社が社会保険の各種手続きや支払いの処理を代行してくれます。しかし、フリーランスになると、自分で加入手続きをしたり、保険料を支払ったりしなければなりません。こちらでは、フリーランスが加入する社会保険の種類や、加入の手続き方法を紹介しています。

働き過ぎてしまう

仕事の裁量は自分次第のため、収入を得たいがために無理をして働くケースというのがあります。企業でしたら、産業医がいたり、残業を制限されるなどの措置もありますが、自分一人となると働きすぎてしまう傾向にあるという問題点があります。

また、フリーランスは時給制ではなく、成果物に対して報酬をもらう形態が多いです。例えば、ひとつのシステムを30万円で請け負ったとします。この仕事を100時間で完了させれば、時給3,000円相当の仕事をしたことになります。しかし、自分のスキル不足や、クライアントの無理な要望によって、300時間かかってしまったとします。この場合、時給1,000円で働いたことになり、労働量に対して報酬に納得がいかないこともあるでしょう。

フリーランスが安定した収入を得る方法


安定した収入を得るためにはどのような方法があるでしょうか。

クラウドソーシングやエージェントを利用

まずはクラウドソーシングやエージェントに登録して、自分の持っている能力、やってみたい仕事などを登録し自分をアピールするのも一つの方法です。自分のやりたい仕事とクライアントとのマッチングがうまくいけば、契約を結ぶことができますし、努力次第でかなりの収入を得ることもできます。

フリーランスが登録したいクラウドソーシング・エージェントサイト
フリーランスとして仕事を探すには様々な方法がありますが、こちらでは代表的なクラウドソーシングとエージェントを利用する方法を紹介しています。フリーランスとして安定した報酬を得るためにぜひ活用してください。

SNSを活用

フェイスブックやツイッターなど横のつながりを大切にするというのも、安定した収入を得るのに役立ちます。自分の能力や現在の仕事のことなど情報を発信し、自分の魅力を伝えていくことで、今後の仕事の幅が広がる可能性も高まります。

まとめ

フリーランスの働き方についてみると、自由度が高いからこそのメリットが沢山ありますが、その反面すべて自分次第であるため責任も重いというデメリットもあります。メリット、デメリットを知った上で自分の働き方について見直してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る