「遅ればせながら」の意味とは?ビジネスで目上の人にも使ってもいいの?

「報連相」は「報告・連絡・相談は迅速かつ的確に」というビジネスの基本です。しかし、状況によっては「やむを得ず遅れてしまった」ということもあります。今回はそんな時に使うことができる「遅ればせながら」という言葉についての解説です。口頭はもちろん、手紙やメールでも使うことができるこの言葉は目上の人へも使えて、御礼やお詫びの気持ちを表すことができる言葉です。

「遅ればせながら」とは

「遅ればせながら」とは、「他の人より遅れてその場に駆けつける」という意味です。他にも「相手へ伝えるタイミングを逃してしまった」という場合にも使うことができます。「遅くなったけれど」という意味をもつ丁寧な表現です。

・「遅れる」「馳せる」「ながら」が合体した言葉

「遅ればせながら」という言葉は「遅れる」「馳せる」「ながら」という3つの言葉が合体してひとつの言葉となっています。「遅れる」は一般的に使われている「遅くなった」という意味と同じです。「馳せる」は「走らせる」「急ぐ」という意味で、駆けつけるというニュアンスを持っています。「ながら」は「遅れる」と「馳せる」という相反する意味を持つ、2つの言葉を繋ぐ役割をしています。

・「遅ればせながら」の意味

「遅ればせながら」は自分の行動を恐縮して謝罪する気持ちを相手へ伝える表現です。「遅くなってしまいましたが」という意味で使うことで、「自分は今更このようなことをしています」と相手に対してへりくだった態度で接することができます。

たとえば、「遅ればせながら御礼申し上げます」などと言えば「遅くなってしまいましたが、ありがとうございました」という意味です。報告や御礼・お詫びはタイミングが大切で、遅くなってしまうとそれだけで相手に対して失礼にあたります。そこで「遅ればせながら」という言葉を使うことで、相手に対して「申し訳ありません」「失礼いたしました」という気持ちを伝えることができるのです。

ただし、「遅ればせながら」と付け加えればそれだけで謝罪になるかというとそうではありません。「遅ればせながら」は、あくまでも「遅くなってしまって」という謝罪の理由です。「遅ればせながらやって参りました、お待たせをして申し訳ございませんでした」など、別途お詫びの言葉を忘れないことが重要です。

「遅ればせながら」は上司など目上の人に使える?

「遅ればせながら」という言葉は上司や目上の人へも使うことができます。ただし「遅ればせながら」という言葉だけでは使えません。

たとえば、同僚や部下などへは「先日の企画書に遅ればせながら目を通したよ、とても良いと思う」などと使って「遅くなってしまったけれど」という意味を伝えます。これをそのまま上司や目上の人へ使ってしまっては失礼ですので、「遅ればせながら先日の企画書を拝見いたしました、大変素晴らしく感服いたしました」などとします。

つまり「遅ればせながら」という言葉だけでは敬語にはならず、「遅ればせながら」の後にくる言葉こそが重要です。

「遅ればせながら」の例文

「遅ればせながら」という言葉はさまざまなシーンで使うことができます。ここではいくつかの例文をあげて使い方を見てみましょう。

・ビジネスのシーン

「先日ご希望いただいた商品の試作品ができあがりました、遅ればせながらお送りいたしますので、ぜひご意見賜りたく存じます」

先方からの要望に応えて試作品をお送りするという場面です。この場合「本当に遅くなったのか」ということはさほど関係がありません。「先方が待ってくれている」という状況に合わせて「待たせてしまいました」という気持ちを伝える意味を含んで「遅ればせながら」が使われています。

また、先方から期限を決められていて、その期限に遅れてしまった、という場合であればさらに具体的にお詫びが必要です。

・結婚式のシーン

「○○でございます。本日はご結婚おめでとうございます。遅ればせながら心よりお祝い申し上げます。」

仕事上の付き合いなどで結婚式に参列した場面です。結婚式は新郎新婦の家族、親戚関係者などが優先されるため、仕事上の関係者などは近寄りがたいものです。そこで折りを見てお祝いを伝える時に「遅ればせながら」という言葉を使うことができます。

「お祝いは一刻も早く伝えるべき、とわかってはいたのですがなかなかタイミングが掴めず失礼しました、遅くなってしまいましたがおめでとうございます」という事情と気持ちを伝えることができるのです。

・お悔みのシーン

「仕事で出張をしており、社へ戻ってから○○様の訃報を知ったため遅くなってしまい大変失礼いたしました。遅ればせながら心よりお悔やみを申し上げます。」

仕事関係者の訃報を知って駆けつけた場面です。お悔やみはお祝いと同様に「一刻も早く」ということがマナーです。「もっと早く駆けつけたかった」という気持ちを表すことで、ご遺族に対して遅れたことへの謝罪の気持ちを伝えます。

もちろん「遅ればせながら」だけでは謝罪になりませんので、例文のように「遅くなったことへのお詫び」と「遅くなりましたがお悔やみ申し上げます」をそれぞれ伝える必要があります。

「遅ればせながら」の類語の例文

「遅ればせながら」にはいくつかの類語があります。状況や心情に合わせて使い分けができると言葉の幅が広がりますので、覚えておくと良いでしょう。

・遅まきながら

「遅まきながら」という言葉には「いまさらですが」という意味があります。もともとは、「時期に遅れて種子を蒔くこと」が語源であり「いまさら種を蒔いている」という自分の行動を卑下した表現です。

この「遅まきながら」に恐縮や謝罪の意味は無く、事実のみを表します。たとえば「遅まきながら、私も趣味を持つことにいたしました」など、自分が遅くなったことで相手へ迷惑や心配をかけてはいない場合です。「いまさらこんなことをしています、笑ってやってください」というニュアンスを持つ言葉で、雑談などに使われることが多い言葉です。

・遅くなりましたが

「遅くなりましたが」は日常会話でも頻繁に使われている言葉です。「遅ればせながら」と同様に恐縮や謝罪の気持ちを伝えるニュアンスを持っています。「お待たせをして申し訳ございませんでした、遅くなりましたが報告書をお送りいたします」などと使うことで「遅くなってしまったことを申し訳ないと思っています」という気持ちを表します。

まとめ

ビジネスの場において、どんな理由があっても「遅れる」ということは避けたいものです。しかし、やむを得ず遅れてしまった時に、「どんな言葉を使えば良いのか」ということを知っていれば、相手とスムーズなコミュニケーションを取ることができます。「遅ればせながら」という言葉を正確に使って、相手へ失礼のない対応ができるようにしたいものです。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る