人生の意味を考えてみよう!人生の意味の見つけ方

単調で同じような毎日を過ごしていると「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?自分の人生の意味を考えることで、後ろ向きだった考えが前向きになるかもしれません。ここでは人生の意味の見つけるための「ヒント」となる考え方をご紹介します。

人生には意味があるのか?


朝起きて仕事に行って、夜遅くに帰って寝る。そんな繰り返しの毎日を過ごしていると「自分の人生に意味はあるのか?」と考えてしまうこともあるでしょう。「人生の意味」となると大きく考えすぎてしまい、なかなか答えはでないかもしれません。

しかし何気ない毎日の中で、何か目標に向かって夢中になっている時、誰かのために役立った時には嬉しいという感情の波が自分の心の中に押し寄せてきませんか?そこに「人生の意味」のヒントがあるように思います。「人生の意味」とは、永遠に答えの出ない問いかもしれませんが、「自分の人生にはきっと意味がある!」と信じて人生を過ごしたいですよね。

人生の意味がわからない人の特徴

気力がなくなっている人

「人生の意味がわからない…」と考える人によくある特徴は、何をやるにしても気力がなかったり、仕事がつまらないと感じていたりすることでしょう。数十年も生きていれば、誰でも少しは「最近気力がないな…」と感じたことがあるのではないでしょうか。仕事で大きなミスをしてしまった時、プライベートでひどく悲しいことがあった時は、「自分の人生ってなんなんだろう…」と、気力がなくなりやすいものです。

ストレスが多く、目標が大きい人

仕事に対してストレスを多く感じていたり、大きな目標に向かって頑張れていなかったりすると、自分の人生の意味に対して疑問を持ちやすくなるでしょう。また長い人生のなかで、良い時と悪い時を感じる波が人それぞれありますが、「いまは人生の中で悪い時だ。」と感じている時は自分の人生の意味が分からないと思うのかもしれません。

人生の意味の見つけ方

今ある仕事を全力でこなす

まずは今ある仕事を全力でこなすことをおすすめします。仕事を全力で取り組むと、仕事仲間や取引先の人たちなどから認められることが増え、「さらに仕事を頑張ろう」と思いやすくなるでしょう。そして仕事を全力でこなす上で何か大きな目標を持つことが大事です。その大きな目標に向かって頑張り、達成する頃にまた別の目標を持ちます。

目標に向かって仕事を全力でこなしていれば人生に充実感を得られ、人生の意味を見つけやすくなるでしょう。ちょっとした仕事から責任重大な仕事まで、どんな仕事でも全力で取り組むと、きっと光が見えてくるはずです。

転職してみる

いまの仕事にどうしても全力で取り組めない人、本当は違う仕事をしたいと思っている人は、思い切って転職することも1つの手です。転職をすることで環境は大きく変わり、新たな刺激を受けられるでしょう。環境が大きく変わると自分の考えも変えやすくなるものです。

転職をきっかけに、その仕事を全力でこなすのはもちろん、大きな目標を掲げて心機一転、頑張ってみましょう。きっと人生の意味を見つけることができます。

新しい分野にチャレンジする

自分のキャリアには関係のない国家資格や民間資格を取得するのも一つの手段として有効です。これまで知らなかった分野であればあるほど世界が広がる可能性があります。新たに資格を取得することで仕事の幅や選択肢が広がるかもしれません。

資格の取得はハードルが高いという方は、これまで自分には向いていないだろうと敬遠していた趣味や習い事にチャレンジしてみるのもいいでしょう。また大きな企業であれば、これまでとは別の部署への配属を希望することも新しいスタートになります。

これまでと違う自分に出会えたら、人生の意味についても考え方が変わってくるはずです。

人生意味がないは当たり前!人生の意義は定義するもの


そもそも人生に意味を感じながら生きている人がどれだけいるのでしょうか。充実した毎日を送っている人ほど仕事や家事、育児など良い意味で忙しく、人生に意味があるのかを考えることなく過ごしているのではないでしょうか。

万人に共通する人生の意味というものは存在せず、自分の人生についての意義は自分で定義するしかないでしょう。30歳で定義した人生の意義が、40歳で全く当てはまらなくなることもしばしばあります。

大きな出来事があれば、今日、明日という短いスパンでも人生の意義が変化する可能性もあります。「今の自分にとって、人生というのはこんな感じだろう」という程度で定義しておけば、それが変化しても人生は面白いと前向きにとらえることができるのではないでしょうか。

まとめ

「人生の意味」について悩んでいる時は、自分の人生を見直すタイミングにあるのかもしれません。立ち止まって人生の意味を考えてみるのもいいでしょう。その結果、同じ人生になっても違う人生になっても、それがあなたの選んだ人生です。

関連記事

ページ上部へ戻る