必見!エンジニアがフリーランスとして成功するための4つの秘訣

フリーランスのエンジニアとして活動したいと考えている方もいるのではないでしょうか。思い立ったらすぐ行動することも良いですが、準備を怠らないのが成功の秘訣です。今回はフリーランスエンジニアとして成功するための、4つの秘訣を紹介します。

在職中にやっておくべきこと3つ


フリーランスとして成功するためには、現職でしっかり準備をすることが大切です。そのためにできる準備として大事なことをピックアップしましたので確認していきましょう。

人脈作り

フリーランスのエンジニアになると、自宅で仕事をすることが多くなるでしょう。作業自体は快適な環境で行うことができるため不便はあまりないはずです。

しかし新たな仕事を自分から取りに行く際は、自分から行動しなければなりません。自ら営業活動するのは、ある程度のノウハウを持っていないと厳しいところがあります。在職中に人脈を確保することができれば、案件がもらいやすくなり仕事が途切れにくくなるのではないでしょうか。

仕事の時間を決める

自由な勤務形態で臨めるため公私混同しがちになり得るかもしれません。決まった時間で仕事をする必要はなく予定が入れば夜に仕事もできるのです。

しかしながら明確に時間が決まっていないことで、仕事に対する責任感や誠実さが失われてしまう恐れがあります。そのため勤務時間はここからここまで、それ以外予定は一切入れないなどスケジュール管理を徹底することが大事です。

スキルを磨く

フリーランスというものの定義は、あまりはっきりと定まっていない傾向があります。事務所を持たずに自らのスキルのみで仕事をこなしていくことができれば名乗ることも可能なのです。

しかし在職時代からスキルをしっかり磨いて準備することは重要ではないでしょうか。活動を始めたときのステップアップに繋がる可能性があります。また在職中は個人で活動するよりも知識や技術を得るのに適した環境です。

個人事業主としての地位を確立するためにも、できるだけ多くを学んでおく方が有利に働きます。

営業スキルで案件の安定受注を目指す


高い技術を持つエンジニアであっても専門的な知識以外のことが必要になることもあります。案件は何もせずに発生するわけではないため、自らの営業努力によって獲得することも重要です。

直接企業に赴く方法やインターネットでアピールするなど、マネジメントスキルが活動の幅を広げる要因となるかもしれません。そのためにはエンジニアとしてのスキルだけに特価するのではなく、どういった営業を心がけるべきなのかを考え抜くことが大事です。

ポートフォリオを用意してアピールポイントをまとめ、自分はどんな人柄でどのような案件に貢献できるのかなど情報を整えていきます。そのうえで営業活動をしていけば、企業側からしても人柄や技術者としての適性が判断しやすいのではないでしょうか。

セミナーやイベントに参加したときに、実績やスキルなどをはっきりと伝えられるよう意識的に動くことが重要になってきます。

また、営業活動がどうしても苦手だったり、技術に集中したいなどといった場合は「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントを利用することも選択肢に入れておきましょう。

人脈や営業スキルが無くても、専任のキャリアサポーターがあなたに合った案件を紹介してくれます。

自己管理の徹底はフリーランスの基本


就職しているときにも言えることですが、自身の体調管理は徹底することが重要になります。フリーランスとして不規則な勤務が続くと健康面も心配になってくるでしょう。

体調を壊してしまい納期が大幅に遅れてしまうと信頼に関わる可能性もあります。会社員時代から徹底していたことがあるなら継続して実行するのが得策です。

また体調と同時にスケジュールの管理も徹底することを怠ってはいけません。どれだけスキルが高くても、連絡のレスポンスが遅い、納期の管理がずさんでは信頼性に欠けます。大切な人脈を失ってしまう恐れもあり、フリーランスとしての継続が困難になる場合もあるでしょう。

1日にこれだけは完了させるなど、ノルマを自分で決めてこなしていくことが成功の秘訣とされています。

向上心を持ってスキルアップに努める


独立をした後も日頃から向上心を持って仕事に臨むことは大切です。活動を続けていく上で、現時点のスキルだけではこなせない仕事もあるでしょう。

そういった案件をこなせるようになれば、もっと上を目指せる可能性もあります。就職しているときに学ぶスキルは独立後も生きるはずです。しかし、クライアントからさらに大きな仕事を受注するには現状維持をしているだけではいけません。

自分以外にもっと適した人材が存在すれば、築いてきたものを奪われてしまう恐れもあります。ある程度の収入を獲得し、会社員よりも安定してきたからといって慢心することは、エンジニアの腕も停滞させる原因になるかもしれません。

スキルをもっと上げるためには、自宅に留まるのではなくイベントなどに顔を出すというのも1つの手段です。勉強会などに参加することで、同じ状況の仲間と交流を持てるのではないでしょうか。

また他人から刺激を受けることで今よりも技術を向上させる効果が望めます。結果的に受注数や単価アップに繋がる可能性も生まれてくるはずです。

まとめ

フリーランスのエンジニアとして成功するためには、数々の準備が必要になります。得意分野を磨くだけではなく、アピールの仕方、案件の取り方などの手段を確保しなければなりません。在職中から十分に用意し、独立した後も向上心を忘れないことが成功の秘訣ではないでしょうか。そのためには、自己管理能力、営業スキル、ビジネスマネジメントの計画などを確立することが成功の要因となるはずです。

フリーランス・業務委託の仕事・求人を探している場合には、フリーランスの求人紹介サービス「クラウドテック」に登録してみるとよいでしょう。「クラウドテック」では、90%が非公開求人となっているため、会員登録することで、求める条件にぴったりの仕事が見つかるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る