SEがフリーランスとして独立するメリットとデメリットを徹底解説!

フリーランスSEとなるメリットとデメリットについて説明していきます。正社員で働いていると現状に満足できない、以前よりも収入を増やしたいなどの理由で、フリーランスSEとして独立したい方もいるでしょうか。成功するためには、事前に準備をすることや、心得ておくべきことがあります。

フリーランスSEの仕事内容と働き方


具体的にフリーランスSEとは、どんな仕事をするのかを明確にしていきます。会社に属しているときと、働き方がどう違うのかを知ることも大切です。プログラマーとは違い、SEはシステムの開発を主に手がける職種になります。クライアントからの希望を元に、どういったものを求めているのかを見極めて、満足できるシステムを作り上げる能力が求められます。

SEとしての業務は会社員時代とあまり遜色はありません。しかし1人で案件を受注し個人事業主として活動を開始するため、これまでにはなかった新たな仕事をする機会が増えるのではないでしょうか。クライアントとコミュニケーションを取る場面も多くなり、請求書の作成、確定申告なども挙げられます。前は経理がこなしていてくれたことも自分で行わなければならず、他分野のことについての認識を深める必要性が生まれるのです。

フリーランスSEにはこんなメリット


独立をして活動するメリットは様々です。具体的にどんなことが挙げられるのか確認していきます。

収入が増える

会社員として雇用されていると、利益が分配され相応の対価が手に入らないと満足できないこともあるでしょう。しかしフリーとして活動することで、案件の報酬が直接自分のものになるという利点があります。雇用保険など差し引かれるものを減らせる可能性があるため、結果的に年収アップに繋がると考えることができるのです。

スキルの向上

在職中に仕事が制限されているという場合は、技術を持て余し、ステップアップするのが困難な場合もあります。SEとしてより専門的な仕事を受注できれば、これまでよりもっと技術を向上させることができるかもしれません。

人脈が作りやすい

フリーランスのセミナーなどに参加すると、同じ境遇の仲間と交流することができる可能性があります。以前では関わりのなかった分野の仲間に出会うことで、人脈がさらに広がることを期待できるでしょう。それに伴い、別の仕事に繋がる、新しいクライアントを紹介してもらうなど活動の幅を広げるために役立てることができます。1人になった後も積極的に顔を出すことで、自らの可能性を大きく高めることに繋がるでしょう。

知っておきたいデメリット3つ


メリットが豊富にあって良い事ずくめのようにも感じますが、注意すべき点も存在します。十分に注意しなければ、クライアントの信頼を失うことに繋がり兼ねないため理解を深めることが大事です。

業務は自分だけでこなさなければならない

会社という組織に所属しているうちは、自分が病気になっても他の人材がフォローに回ることも可能です。しかしフリーランスという立場になると、他人を頼ることは困難になります。また業務以外にも確定申告や経理業務など、やらなければならないことが生まれるでしょう。SEとしての業務だけこなしていても生活をすることは難しいため、専門的な分野以外の知識も豊富に必要になります。

フリーランス・個人事業主の請求書の書き方と見本
請求書は支払いを受けるための大切な書類です。フリーランスや個人事業主の方にとって、請求業務は毎月発生する作業と言えるためテンプレートを準備することをおすすめします。ここでは請求書の書き方や気をつけるべきポイントを解説していきます。また請求書の発行に便利なサービスも紹介します。

常に報酬が約束されるとは限らない

企業に属していると差し引かれる賃金が多くなりますが、退職金やボーナスといった賞与も期待できるのです。独立して活動するにあたり以前より収入が増える場面もあれば、減少するケースも考えられます。

案件により報酬が変動し、常に安定した収入を得るのが難しくなる可能性もあります。そのためローンを組むことが困難になり、大きな買い物に対して消極的になることもあるでしょう。特に所帯を持つと、より安定した収入が求められるため、状況によってはフリーランスという立場が不利に働くこともあります。

得意な仕事ばかりを受注し知識が偏る

フリーランスSEは自身が得意とする言語を選択して仕事ができるという良い面もありますが、一方でIT業界のトレンドを追わないでいると技術面で取り残されてしまうことも考えられます。フリーランスの場合は、会社のように研修制度もないため自ら勉強をしなければなりません。最新のIT情報は常に収集するように、セミナーに参加したり、常に情報を収集したり、努力を怠らないようにしましょう。

エンジニアの情報収集サイト
日々情報が更新されていくIT業界。実際にどうやって情報収集をすべきか分からない人に向けて、おさえておきたいサイトを紹介します。新人の人もベテラン人も技術の流れに置いていかれないように日々勉強を続けていきましょう。

フリーランスSEの成功する秘訣4つ


SEとして独立し、フリーランスとして活動するためには大切なことが複数あります。在職中から入念に準備を進めることは重要です。どんなことを意識的に行えばいいのか、成功するための秘訣について触れていきます。

営業力を磨く

案件を受注するためには、自分から動かなければならないこともあります。会社時代は営業が仕事を受注して、金銭面の交渉も行ってくれていました。フリーランスになると自身で営業をして、「自分は何ができるか」を売り込む必要性があります。

事前に人脈を作っているのなら、そこから新しい仕事に広がっていくこともあるでしょう。しかし、これまでとは違う分野に取り組みたいと思ったときは、明確にアピールするために、ポートフォリオを制作しておくと良いでしょう。

管理能力を磨く

自らの行動に常に責任を持つことでクライアントの信頼に繋がる可能性があります。もし管理を怠り、納期に対してルーズになるとフリーランスとしての信頼性を失う恐れもあるのです。体調管理、スケジュール管理を徹底し、就業時間も常にはっきり決めておくことで活動にメリハリを出すことに繋がります。

ビジネスマナー身に付けておく

継続的に仕事を受注するためには、相手に「信頼感」と「安心感」を持たれることです。そのためには挨拶やビジネストーク、TPOなど基本的なビジネスマナーを身に付けることも大事です。また納期を守ること、何か起きた時に「報告・連絡・相談」も徹底するようにしましょう。

プロジェクトマネージャー能力

プロジェクトマネージャーのニーズは高く、報酬も大幅にアップが期待できます。プロジェクトリーダー経験がある人はプロジェクトマネージャー狙ってみるのも手です。

SEのキャリアパス例
SEのキャリアパスは複数あると考えられています。ITの複雑化が進み、すべてを1人でカバーすることが難しくなったためです。ここではSEのキャリアパスや、SEが目指す職種、ポイントなどを解説します。

まとめ

フリーランスの活動は収入が増える反面、管理や安定性に欠ける面もあります。失敗しないためには在職中から準備を怠らず、独立後も高い意識を持つことが必要と言えるでしょう。常に責任と自覚を持って行動し、入念な計画を立てることで自由で幅広い活動ができるようになるはずです。

フリーランス・業務委託の仕事・求人を探している場合には、フリーランスの求人紹介サービス「クラウドテック」に登録してみるとよいでしょう。「クラウドテック」では、90%が非公開求人となっているため、会員登録することで、求める条件にぴったりの仕事が見つかるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る