成功する起業アイデアとは?ゼロからアイデアを見つける方法

起業のアイデアというのは、既に他の人が同じようなことを思いついているかもしれません。そんなときにアイデアを具現化する方法や起業のステップを理解している者が優位に事を運べるのではないでしょうか。起業の方法や起業の手続き、役立つ制度などを解説していきます。

まずは起業のアイデアを固めよう


起業のアイデアを固めることは、そのまま起業初期の停滞や困難を乗り越えるための原動力になります。アイデアに行き詰まった時、初心に立ち戻り再燃焼できる良いサイクルをつくるためにも、まずは自分の生き方の指針となる「価値観の源泉」を知ることが重要です。

価値観の源泉を知る

自分の価値観について深い洞察があれば、閃いたアイデアが心から共鳴できるものなのかマッチングすることができます。他人の受け売りや即席のアイデアは、自分から湧き出たアイデアではありません。

そこを取り違えてしまうと行き詰まった時に踏ん張れないかもしれません。自分の価値観を深く理解し心から共感できるゴールを設定することで、行き詰まりの状況を突破する思考が芽生えます。

得意分野にアイデアの的を絞る

アイデアを固める方法ですが、自分の得意分野の的を絞ることから始めましょう。直感の閃きは得てして環境依存によるものが多いので、閃いたアイデアが得意分野のスコープ内であるものに限定して、アイデアを具体的なものにしていきましょう。

課題と考えていることを解決する

自分が人生において困っていることを解決するという観点でアイデアを固める方法があります。自分が困っているということは、そこに同じ課題や障害を感じている人がいるものです。身近な人にインタビューして感想を聞きながら最適なソリューションをつくっていきましょう。

起業手続き5つのステップ


起業(株式会社)の設立手続きは以下のような流れになります。(最初は司法書士に相談するか、登記申請ソフトを使うと良いでしょう。)

ステップ1:会社の基本事項の検討

商号、事業目的、本店所在地、資本金、出資者、役員、設立時期などを検討します。

ステップ2:定款の作成と認証

会社の組織や運営方法を記載し、法務局の公証役場にて公証人の認証を受けとります。

ステップ3:会社設立登記申請書類の作成

定められた書式に従い、申請書類を作成します。

ステップ4:管轄法務局へ会社設立登記の申請-登記の完了

会社の登記簿謄本、法人の印鑑証明書を取ります。

ステップ5:諸官庁への届出

税金関係は管轄の税務署、都道府県事務所および市町村役場に届出、年金保険関係は社会保険事務所に届出をします。

起業をするときに役立つ制度とは?

補助金、助成金

起業時の資金調達で融資と並び役立つのが「補助金・助成金」の制度です。原則的に返済不要なので上手に活用しましょう。起業家が活用できる補助金には以下のようなものがありますので参考にして下さい。

  • 経済産業省の補助金(創業補助金、第二創業補助金、ものづくり補助金)
  • 厚生労働省の助成金(キャリアアップ助成金)
  • 自治体の補助金・助成金(クラウドファンディングを活用した資金調達支援)

投資家からの出資

個人投資家やベンチャーキャピタルから融資を受ける手段もあります。投資家やVCは上場時のリターンを期待して出資するケースが多いため、しっかりとした事業計画を持ち上場を目指す必要があります。また簡易的なビジネスピッチでも斬新なアイデアを発案できれば、シードアクセラレーターが創業時の資金、人脈紹介、、オフィス(シェアワークスペース)などの支援をしてくれる制度もあります。

起業に成功した人の共通点をチェック


起業に成功した人が大事にしていることの共通点を探ると、シンプルだけど深みのある思考や習慣を持っていることを気付かされます。一見当たり前のことのように思えますが、それを当たり前にできる人が意外に少ないのかもしれません。まずは成功者のマインドセット(思考の癖)を学びましょう。

ポジティブである

起業に成功した人は、リーダーであることの自覚があるため、自分の思考や心模様がチームに与える影響について知っています。ですので、物事をポジティブに考える自分なりの思考法を持ってます。

正直である

起業に成功した人は、他人の責任を自分のことのように反省し改革できる人です。責任の所在が、コミュニケーションのミスマッチによるものがあります。成功者はこのことを観念的に理解できるため、正直であることを大事にしてます。

感謝の気持ちを忘れない

起業に成功した人は、自分が上手くいっている時には「そのバックグラウンドで自分を支えてくれている存在の働きが大きいこと。」を感じ取れます。それは家族であったり、友人であったり、恩師であったり、チームメイトであったりします。感謝の気持ちを言葉にできる人は、相手の長所を見つけられる人なので、周囲に好循環を生みます。

まとめ

起業の方法や成功者の思考の癖を理解することで、起業のイメージが湧きやすくなったのではないでしょうか。世間も起業を応援してくれる政策や制度が整ってますので、これを機に体験することで多くの気付きを得ることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る