脱サラで失敗しない仕事の選び方とは

脱サラで失敗した話を聞いたことはありませんか。長年勤めた会社を辞めて、今までのノウハウを生かした事業をする人もいれば、新たな事業をする人もいます。どのような事業をすれば成功するのでしょうか。脱サラで失敗しない仕事の選び方を説明します。

成功率の高い農業で脱サラするポイント


脱サラで主に農業を選ぶと成功率が高いと言われていますが、そのポイントは何でしょうか。

名産品をつくれば競争率が低い

農業をするときに、その地域にしかない名産品を作ることで競争率を下げることができます。どこでも作ることができる野菜や果物は競争率が高く、失敗してしまうこともありますが、その地域でしかできない名産品なら成功の確率も高くなるのです。

土地が取得しやすくなっている

農業を始めるには土地が必要になりますが、農地を取得することはできるのでしょうか。農地のみの取得は難しくても、空き家付農地制度を利用すれば比較的簡単に土地を取得して農業を始めることができます。

空き家付農地制度とは、農地と家がセットになった物件です。この制度を利用すれば農地を取得しやすくなるだけではなく、住居も用意されることになります。また、就農者の高齢化により、放置された畑が増えているので、農業を行いたい若者には土地が取得しやすくなっています。

農機具などにお金がかかる

農業を始める人にとって一番の出費は農機具。いろいろな種類のものを作れば作るほど、使う農機具も増えてしまいます。年に一度の収穫に使うだけの農機具も、新たに農業を始める人にとっては揃えると大変です。このようなときには近所の農家の人にお願いして借りることや、農機具のレンタル会社などを利用して大きな出費を抑えましょう。

地域に馴染む必要がある

脱サラして成功するかどうかのカギは地域に馴染めるかも重要です。どんなに勉強してから始めた農業でも、村社会に馴染めないと販路や仕入れなどに苦労します。周囲の意見を聞かずに好き勝手に仕事をしていると、嫌がらせやトラブルに発展することも。脱サラして農業を始めた場合の成功とは、地域に馴染めるかどうかにあるのです。

脱サラでパン屋開業が失敗しやすい理由


サラリーマンのときにお金を貯めて、脱サラして夫婦でパン屋を開業する人もいます。パン屋も人気職業ですが失敗する人も多くいます。失敗する理由をみていきましょう。

設備投資にお金がかかる

数ある飲食業の中でもパン屋は設備投資にお金がかかる部類になります。家庭でパンを焼くのと量が違うため、何をするにも機械を使うことになるからです。冷蔵庫や発酵に必要な温度調整機、生地をこねるミキサーやオーブンなど業務用の大きなものは相応の金額がするので、お店のディスプレイと合わせると大きな設備投資となります。

競争率が高い

パン屋の競争率だけでも大変なうえに、数多くのコンビニエンスストアやスーパーが多くの種類のパンを販売しています。

収益が低い

パンは販売単価が低いため、1日に数多く売らなくては利益がでません。また、多くのパンを並べなくてはならないため、売り切れずに廃棄処分になることもあります。客単価を上げるためにはサンドイッチや果物を利用したパンを作りますが、仕入れが高くなるのと日持ちがしないため、売れ残ったときの影響も大きくなります。

激務

見た目には優しい雰囲気を感じるパン屋ですが、雇われて働く店員と違って経営者でパンを作ると激務となります。早朝3時や4時からパン生地を作り、多くの種類を焼いて棚に並べるのは大変な作業です。また余ったパンを売るために遅くまでお店を開けてしまう人も多く、悪循環に陥る場合もあります。

脱サラで成功しやすい仕事とは


脱サラして成功しやすい仕事は何でしょうか。脱サラする前に副業として始めることができ、収入が安定してから本業にできるものもあります。

副業として始められるものを選ぶ

脱サラしてから勉強して独立するのは大きなリスクを伴います。まずは休日を利用して副業として働いてみることをおすすめします。自分が好きで始めた仕事も、生活のために働いてしまうと嫌いになったりするものです。本当の仕事内容を体験するためにも副業から始めるのが安心です。

ネットショップ運営、web制作、webライターなど

副業として人気なのがネットビジネスです。パソコン1台で仕事ができるのと、自宅以外でも外出先で時間があるときに作業ができます。ネットビジネスの中でも人気があるのが、WebライターやWeb制作です。ネット上で仕事を受けて完成した記事やホームページを送って報酬をもらいます。

ネットで商品を売るネットショップをする人もいますが、仕入れが発生する問題もありますので初めての場合は慎重に行う必要があります。

まとめ

脱サラして新たな夢を思い描く人も多いでしょう。しかし夢のためにお金を貯めて独立しても成功する保証はありません。副業として始められるものはリスクが低めなので手をつけやすいです。各職業のポイントを押さえて失敗しない脱サラを目指しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る