研修報告書の書き方をマスターしよう!役立つ例文も大公開

これから社会人になる学生の方や、新たな職場で働くという方の多くは研修を受けることがあるかもしれません。研修を受ける時には研修報告書というものを提出することがあります。研修を正しく受け止めて、分かりやすい研修報告書を書けることがビジネスマンとして第一歩になります。職場で役立つ研修報告書の書き方や研修報告書の例文について紹介します。

研修報告書に書くべき内容とは


研修報告書を正しく書いていくには、どういう内容を書けばわかりやすくなるのでしょうか。理解されやすい研修報告書の前提として、研修内容を簡単に記載することが重要です。

提出する先となる上司からすれば、研修内容は詳しく書いてなくとも情報に不足することがありません。研修を受けた新入社員が、研修をどう受け止めたかが評価するポイントと言えるでしょう。まず研修報告書に関しては、以下のことを書いておくことがマナーになります。

日時及び研修が行われた場所

情報の新旧を考えるには日時を欠かすことはできません。研修が行われた場所や研修を行う講師に触れておくことで、研修報告書を受け取った上司が情報を把握しやすくなります。

研修報告書の作成者

どの提出書類にも言えることですが、誰が作成した書類であるか明確にすることは重要といえるでしょう。単独ではなく複数で作成した研修報告書であれば、連名で記入することで責任の所在や問い合わせ先で困ることがなくなります。

受けた研修の名前を入れた報告書のタイトル

報告書のタイトルも凝ったものではなく、研修やセミナー名を入れたシンプルなものが好ましいです。研修報告書を受け取った相手が、タイトルを見てわかることがビジネスシーンではポイントになります。

研修の流れ

研修の流れを書く時には、主観を入れないことが重要です。時系列に沿ってリストアップするように、淡々と流れを書いていくと良いでしょう。経緯を記載する時にも流れが客観的に書かれていることで、冷静な判断につながります。

研修時における状況や場の様子など

研修やセミナーという場所は、個人に対して行われることは少ないです。大勢の人が集まる場所こそ、研修の場といえるでしょう。そのため研修時における状況や場の様子を記載することがおすすめです。当日気づかなかったことでも、場の様子を見直すことで得る気づきというものも考えられます。

研修に対する感想や、今後への目標を含めた所感

研修内容や結論を述べることが先に求められる研修報告書ですが、最後には研修を受けたことに対する感想や所感を記入することが鉄則です。研修で受け止めたことを作成者が表現することで、研修報告書を受け取る上司や目上の人が今後の展望を含めて作成者を評価することになります。

ここまでが、研修報告書に盛り込むべき基本的な情報になります。この基本的な情報に、受講した研修のことを記入していくと分かりやすい研修報告書につながるでしょう。

見やすいフォーマットを意識しよう


見やすくわかりやすい研修報告を目指すには、フォーマットや文章のバランス、構成などにも気をくばる必要があります。研修報告書やレポートなどの書類は、提出頻度が多い書類の一つと言えます。そのため情報が多く、文が長ければ良い書類というわけではありません。A4サイズの用紙一枚に収まる程度を心がけると良いでしょう。短くわかりやすくがポイントとして捉えることが重要です。

起承転結の文章ではダメ

学生時代に提出する作文や小論文の多くが起承転結というスタイルをとっています。ビジネスシーンにおける書類の場合だと、情報を盛り込む順番を考える必要があります。

研修報告書やビジネスでのレポートの多くは、結論や要点を先に記載することがマナーです。要点や結論を先に理解することで、対処すべきことの優先順位を考える判断材料として役立つからです。先に結論を書いておき、詳細な情報を後に記載するか述べるかするスタイルがおすすめです。

悩む人が多い「所感」はどう書く?


研修報告書を記入する上で悩む項目として所感があります。言葉の意味としては、心に残る出来事や感想を指し示すことが多いです。しかしビジネスシーンで所感を用いるのであれば、通常の用い方をすると不十分な記載として評価される可能性もあります。

ビジネスに関する所感になりますので、携わる仕事やプロジェクトに絡むことを強調した上で感想や今後への目標などを追加することが求められます。ビジネスに関するプラスアルファが必要です。

例文

 研修時に電話応対を学んだことの所感として
× 電話の応対が学べたの良かった。
○ 電話での応対次第で、お客様の印象が大きく変わることを学んだ。研修で学んだことを活かして、失礼のない態度を心がけていきたい。

同じ研修でも具体的な仕事を意識した感想にすると、受け止める側の印象が変わることは言うまでもないでしょう。仕事に絡めた感想にすることが重要です。

一目置かれる研修報告書にするには?


上司や目上の方から一目置かれる研修報告書を提出するには、凝ったものを作成しないことが一つのポイントになります。過剰に凝った文章を書き連ねることではなく、シンプルかつ整った書類を何度でも書けることの方が評価されるかもしれません。

短文で分かりやすい表現を意識することが、シンプルでわかりやすい研修報告書の近道になります。さらに言い回しや語尾などにもこだわることが理想です。自然な言い回しで語尾や文体が統一されていることで、整った書類になります。

まとめ

今回は研修やセミナーを受講した後に求められる研修報告書について紹介しました。研修報告書は、研修内容を詳しく書くことよりも研修内容を受け止めた姿勢や今後における目標や意識を述べることが目的の書類と言えます。正しい研修報告書にするには、短かくわかりやすくを心がけたフォーマットを考えることがおすすめです。一目置かれる研修報告書を作成して、ビジネスチャンスにつなげていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る