フリーエンジニア必見!業務委託で働くメリットとデメリット

エンジニアがフリーランスになった際は、業務委託で働くことにどのようなメリットがあるのでしょうか。自由な働き方ができる、業務委託。デメリットもきちんと知ることで、依頼主とのトラブルも回避できます。今回は、エンジニアがフリーランスとして働く際に必要な知識をご紹介します。

フリーランスで働く!業務委託とは?


フリーランスの働き方の1つに、業務委託があります。業務委託とは、企業などの依頼主に代わって、代行して業務を行うことを指します。

個人間同士の業務委託も増えており、依頼主としても、受注する側としても選択の幅が広がっています。依頼主としては、常時人を雇うよりも、技術のある人材を効率よく雇うことがでます。経費が抑えられるうえ、専門性がより高い技術者を確保できることもあって、企業の外注として個人のフリーランスが選ばれることも増えました。

業務委託の契約形態は、大きく分けて委任契約と請負契約の2つ

委任契約
業務の結果の成果物ではなく、業務自体に報酬が支払われるものです。何かを完成させることを目的としていないので、納期遅れなどで責任を問われることはありません。業務自体を怠った場合には責任を問われます。

請負契約
業務の結果の成果物を納品することで報酬を受け取るものです。成果物の品質は自身の信頼となり、発注されたとおりに完成されているかが問われます。

エンジニアが業務委託で働くメリット


フリーランスのエンジニアとしても、業務委託で仕事をするメリットは多くあります。技術を磨けば磨くほど、自分の力を試してみたいと思う方もいるかもしれません。個人で働くようになった場合、なにが変わるのでしょうか。

勤務の自由度

業務委託の特徴としてまず挙げられるのは、勤務場所や時間を気にせず業務ができる、ということです。生き方が多様化する現代には、メリットが大きい働き方と言えます。自分のペースで仕事をすることができる、ということなので、平日週末祝日など関係なく、過ごすことができます。

実力そのものが収入

自分の実力で報酬が決まるので、上手くいけば高収入を期待できることもポイントの1つです。努力してスキルを磨けば、それだけ収入につながります。

ストレスが少ない

雇用されるストレスの1つに、人間関係があります。本当に苦手な人にとっては、フリーランスとしての働き方は、最低限の人間関係のみで働けるいい仕事環境だと言えるでしょう。

知っておきたい業務委託のデメリット


一方で、エンジニアがフリーランスで働くことには、デメリットも存在します。自由に働ける分、雇用されている際には企業という傘がありますが、フリーランスには存在しません。

法律適応外

企業に雇用されているわけではないため、労働基準法などの法律が適用されてないということ。

手続きはすべて自分で

年末調整など企業が行ってくれていた、行政手続きもすべて自分でしなければなりません。年末調整の代わりの確定申告は初めのうちは難しく感じる人が多いです。

すべて自己責任

企業で、自分のミスを自ら補償することは少ないでしょう。しかし、フリーランスの業務委託で働くと業務の責任はすべて自分ということになります。業務が滞ったり、仕事量に増減があっても、依頼主が生活を保障してくれるわけではありません。

業務委託契約書はしっかりと確認を


業務委託で仕事をするときには、トラブル回避も自分の責任です。そのため、仕事を始める際には、きちんと自ら業務委託契約書を確認する必要があります。自由度が高い分、自分を守るのも自分しかいないのです。

有効期限と作業範囲の記載

業務委託の期間がどれだけなのかについて、確認が必要です。1カ月など短気なものから、年単位での契約もあります。契約期間が過ぎた際には、自動更新がされるのか、更新はないのか。保守義務や再対応の保障期間なども確認が必要です。

また、業務における仕事内容や範囲も、契約締結時に確認しておかなければなりません。作業後にプラスで様々な作業を持ち込まれてしまう、というケースもあります。

損失の補償について

契約書には、成果物による企業への損失を誰が保証するのか書かれているのが通常です。その記載がないケースでも、受託側がすべて賠償責任を負うなどという記載があれば、後々トラブルになりかねません。

報酬の支払いに関して

支払い方法、消費税を含むか、手数料をどちらが持つのか、などきちんと明確にしておかなければいけません。フリーランスで1,000万円以上の稼ぎが無い場合には、消費税を払わなくてもよいことになっています。そのため、多くが税込みの金額として提示されます。

まとめ

エンジニアがフリーランスとして働く場合は、依頼主との関係は上下関係ではなく、対等であることを頭に置いておきましょう。そして、不当な契約に関しては、断ることも時には必要です。フリーランスに関わる法律や税制度などをしっかり確認し、契約時に不利にならないよう知識を付けておくことが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る