ciscoの資格とは?「ccna」と「ccnp」を中心に解説

現代のビジネスにはネットワークは欠かせないものになっています。そんなネットワークを支えているのがネットワークエンジニアと呼ばれる技術者です。彼らが実力を証明する資格としてオススメなのが、Cisco技術者認定試験。Ciscoはネットワーク機器の世界最大手の企業で、Ciscoが主催している試験はネットワーク知識を問う試験として業界のデファクトスタンダードになっています。

ciscoの資格の体系とは?

ネットワーク関連のベンダー資格

Ciscoはルータやスイッチ、ファイヤーウォールなどネットワーク関連の機器を製造・販売している企業(ベンダー)です。ネットワーク知識を問う資格にはIPA主催の国家資格・ネットワークスペシャリスト試験がありますが、合格率の低い難関試験となっています。

一方Ciscoの試験は、入門レベルからプロレベルまで体系だった資格試験を提供しており、様々なレベルのエンジニアが受験しています。

5つのレベル区分の種類

Ciscoでは試験のレベルを5つに分けています。

エントリー

初学者を対象にした試験で、ネットワークを勉強し始めたら最初に目指すレベルです。

アソシエイト

ネットワーク基礎、ルーティングやスイッチングといった技術の基礎知識を問われます。

プロフェッショナル

技術的な理解の他に、ネットワークの設計構築・トラブルシューティングなどの実務的な知識も出題される試験になっています。

エキスパート

上級レベルの試験で、合格するとネットワークエンジニアとして一目置かれます。他の試験と異なるのは筆記試験の他にラボ試験にも合格しなければいけません。ラボ試験はCisco施設で行われ、半日ほどかけてシミュレーション問題を解いていきます。難易度は高いです。

アーキテクト

Ciscoの最上位試験でネットワークに関する全方位の知見が求められます。

ccna資格の難易度とは


CCNAはアソシエイトレベルの試験です。ネットワークエンジニアとして基礎的なレベルにあるとみなされるのはCCNAからで、Cisco資格の中ではメジャーな試験です。

試験コースの種類、試験内容

CCNAには分野別に以下のものに別れています。基本的にはどれか1つ取得すればCCNAホルダーとなります。

  • CCNA Routing and Switching
  • CCNA Security
  • CCNA Service Provider
  • CCNA Wireless
  • CCNA Cloud
  • CCNA Collaboration
  • CCNA Cyber Ops
  • CCNA Data Center
  • CCNA Industrial

この中でも受験者が多いのがRouting and Switchingです。試験内容はネットワークの基礎知識から、ルーティング・スイッチング技術、初歩的なセキュリティ技術などが出題されます。

合格率や合格点の目安、難易度、勉強にかかる時間など

CCNA Routing and Switchingに合格するには、CCNA Compositeという試験に合格するか、 ICND1 および ICND2の2つの試験に合格する必要があります。試験時間は90分で、1000点満点になっています。合格率・合格点は非公開ですが、おおよそ800〜900点以上で合格となります。

難易度は初級レベルですが、ネットワーク初学者にはかなり難しいかもしれません。個々の環境にもよりますが、勉強時間はおおよそ3ヶ月です。

ccnp資格の難易度とは


CCNPはプロフェッショナルレベルの試験で、CCNAと比べると、より深い知識、ネットワークエンジニアとしての経験が求められます。なお受験資格としてCCNAを取得していることが条件になっています。

試験コースの種類、試験内容

CCNAと同じく分野ごとに別れた試験になっており、どれか1つ取得するとCCNPホルダーとなります。特に制限はないので、複数取得することも可能です。

  • CCNP Routing and Switching
  • CCNP Security
  • CCNP Service Provider
  • CCNP Wireless
  • CCNP Cloud
  • CCNP Collaboration
  • CCNP Data Center

CCNPで受験者数が多いのがRouting and Switchingです。試験内容はルーティング・スイッチング・トラブルシューティングと大きく3つに別れています。

合格率や合格点の目安、難易度、勉強にかかる時間など

CCNP Routing and Switchingに合格するためには、ROUTE、SWITCH、TSHOOTの3つの試験に合格する必要があります。それぞれが独立したテストになっているため、全体的なボリュームは多いです。

試験時間は120分で、こちらも合格率・合格点は非公開ですが1000点満点中800点以上で合格となります。合格までの勉強時間は6ヶ月程度です。

まとめ

ネットワークエンジニアの求人には、求める経験として「CCNA相当の知識」という表現をしているところもあります。営業的な側面でも費用対効果の高い試験として名前が挙がる資格ですので、取得を目指して勉強してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る