「了承」の意味・使い方は?似た言葉と例文で完全マスター!

「了承を得る。」ビジネスシーンではこの言葉をよく耳にします。普段仕事で何気なく使っているこの言葉ですが同じような言葉で「了解」や「承諾」といったものもあります。では、一体どういった時に使用するのが正しいのか。本来の意味や使用する場面についてもみていきましょう。

「了承」の意味とは

辞書的な「了承」の意味

『相手の申し出や事情などを納得して承知すること。』これが辞書での「了承」の意味です。この意味からも分かるように「了承する側」の方が上の立場であるニュアンスを持っている言葉です。

その為、クライアントや上司、目上の方に対して「了承しました。」というのは、相手からしてみると不快な言葉としてとられかねないのです。

「了承」の英語訳

「了承」を英単語にすると以下のようになります。

  • Understanding
  • Approval
  • Acknowledgement
  • Permission
  • Agreement

ずばりこれというのはなく、その時の状況に応じた使い分けになる事が多いです。
例えば、了承してもらった時に「了承頂きありがとうございます」ならば、

Thank you for your understanding. (ご理解頂きありがとうございます。)

となり、「君の意見を了承する」と言うならば

I agree with your opinion. (あなたの意見に同意です。)
というようになります。英訳するにあたっても若干のニュアンスの違いや状況、「了承」という言葉を発する側によって変化がある為使い分ける必要があります。

了承の使い方は?

メールや文章で使われることが多い

この言葉は一般的に会話の中で使うよりもメール等のやりとりで使用される事が多いです。「ご了承頂き、ありがとうございました。」といった感謝の言葉は、ビジネスメールにおいて多く見られるものです。

ビジネス場面での使い方

了承の意味である『相手の申し出や事情などを納得して承知すること。』からも分かるように、『了承する側』は目上の立場で、『了承される側』は下の立場である事が前提となる言葉です。そのため、この言葉を使う場合は自分と相手の立場が明確になっている場合となります。例えば、「本件について、追加工事が必要となります。その為追加の投資をご了承頂けないでしょうか。」のような使い方があります。

「了承」の類義語と主な使い方

「了承」の類義語として「了解」、「承知」、「承諾」、「容赦」などがあります。ここではそれぞれの言葉の主な使い方について確認していきましょう。

「了解」について

『さとること。わかること。承知』これが辞書での「了解」の意味です。つまり「理解」する事を「了解」と置き換える事ができます。その為、「了承」される為にまず「了解」して頂く必要があるともとれます。

「〇〇についてこの計画の通り進めていこうと考えています。その為この予算となります。」
「了解しました。」

このような使い方となり、説明を受けた側や報告された側の返答で使用する場合の方が多いのが「了解」という言葉です。

 

「承知」について

『旨を承って知ること』つまり、理解や許しを得るのではなく、知ってもらうこと、知る事を「承知」と言います。報告した事について知ってもらう事を目的とした時に「承知」を使います。その為、「承知」してもらっただけでは「了承」してもらったという訳ではないのです。

「明日はこの件についてより具体性をもった打ち合わせを致します。ご都合があえばご参加ください。」
「承知しました。」

「了解」と似ている言葉ですが、「承知」は極端に言えば分かっていなくても分かっていても取り敢えず知る事が出来れば使える言葉です。

 

「承諾」について

『(願い・要求を)聞き入れること。引き受けること。承引。』今回のテーマになっている「了承」との違いは、『引き受ける』というところです。つまり、「了承」のように異存はない事を示すのではなく、「承諾」は『そうする』というように引き受ける事を言います。

「この案件に対してこのように考えています。実行して頂けますでしょうか。」
このような場合は、引き受けるか否かを問われている為、「承諾する(しない)」を使用します。

「この案件に対してこのように考えています。実行しても宜しいでしょうか。」
このような場合には「了承する(しない)」を使います。似ていますが使う場面は異なります。

 

「容赦」について

『(手落ちを)ゆるすこと。』これが辞書での「容赦」の意味です。「席には限りがございます、あらかじめご容赦下さいませ。」というように、事前に席が足りない場合がある事を詫びて許しを求めています。

まとめ

このように「了承」には多くの類義語があるものの、意味や用途が違います。また、意味や用途が分かれば使う場面や使う相手も自分の中で明確にすることができます。言葉本来の意味を理解して間違いのない場面、相手に使用するのは、ビジネスマンとして今後社会を戦い抜く中で大事なことの一つだと言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る