C++初心者のための基礎講座 | kuguru[クグル]

これからC++によるプログラミングを学びたいという初心者の方に向けて、基本的な考え方を具体的なソースコードと共に紹介したいと思います。C++は比較的学習することが難しいと言われますが、基本的な操作や考え方をきちんと押さえれば様々な用途に応用できる言語です。この記事を通じて、C++によるプログラミングの基本をマスターしましょう!

fotolia_158423915_subscription_monthly_m-2-1024x683-4788033

C++の特徴

C++はC言語にオブジェクト指向の考え方を取り入れて拡張した言語です。オブジェクト指向を取り入れることで、C言語が苦手とした再利用のしやすいプログラムの作成が可能となりました。OS開発や組み込みシステムの開発、ウェブアプリケーション開発や一般的なソフトウェア開発など、広い範囲で利用されている言語の一つです。

オブジェクト指向とは

オブジェクト指向とは、特定の目的を解決するために、オブジェクトと呼ばれる「もの」や「こと」をプログラムに落とし込み、オブジェクト同士を「メッセージ」と呼ばれるやりとりを通じて制御していくアプローチのことを指します。オブジェクトを活用することによって、様々な制御がそれぞれのオブジェクトに任せて実行されるため、プログラマが考慮すべき事柄が少なくて済みます。そのため、他のプログラマが定義したオブジェクトと組み合わせた、大規模で効率的な開発が可能です。

文字の入出力

Hello, World

それでは、新しいプログラミング言語を学ぶときの最初の一歩といえば、”Hello, world!”です。C++による”Hello, world!”は、1. ソースコードの記述、2. ソースコードのコンパイル、3. コンパイルした結果の実行の3つのステップから構成されます。まずは「ソースコードの記述」から始めていきましょう。

次のコードを”hello.cpp”というファイルに書き込み、保存してください。

#include
using namespace std;

int main() { cout

Copied title and URL