【初心者向け】C++とは

今回はプログラミング初心者に向けて、広く利用されているプログラミング言語の一つであるC++について、大きな特徴の一つであるオブジェクト指向という考え方と合わせて紹介していきます。

C++は、プログラミングの基本的な考え方を学ぶのに適しているだけではなく、簡単なプログラムから大規模なソフトウェアの構築まで幅広く活用される言語です。そのためプログラミングの考え方をきちんと学び、実用的なソフトウェアを作りたいという人にとって、最初に勉強するのに適した言語の一つと言えるでしょう。

C++とは

C++の概要

C++とはプログラミング言語の一つで、多くのソフトウェア開発現場で利用されています。C++が開発される以前から広く利用されていたCというプログラミング言語をもとに、「オブジェクト指向」という考え方を取り入れて開発の効率化を図ったものです。Cの特徴である高速な動作と「オブジェクト指向」が与える効率性のいいとこ取りを実現した言語と言えるでしょう。

C++は用途に合わせた幅広い開発を行うことが可能な汎用的な言語であり、多くのエンジニアが利用しているプログラミング言語です。1983年に登場し、現在も継続的に利用されているという実績から、豊富な開発事例があります。

C++の特徴

C++で出来ること

C++を利用してできることは数多くあります。C言語の拡張版のプログラミング言語であるため、C言語の主な利用用途であるOS開発に利用することができます。複数のプログラムを再利用可能な形でまとめたファイル=「ライブラリ」を利用することで効率的にウェブアプリケーションを作成することも可能です。

また、ロボットや電化製品を制御するための組み込みシステムの開発に利用されています。このように、ソフトウェア・ハードウェアを問わず幅広い用途で活用されていることがC++の特徴の一つと言えるでしょう。

C++の難易度

C++はその他のプログラミング言語と比較して古い言語です。近年流行しているJavaScriptやPythonといった言語と比べて、メモリ管理やソースコードを実行可能な機械語に翻訳するコンパイルなど、考慮するべき点が多いです。

そのため他の言語よりは勉強するべき事柄が多く、難しい言語であると言えます。逆に言えば、基礎からきちんと理解してプログラミングを習得したいと考えている方にとって適したプログラミング言語の一つでしょう。

オブジェクト指向とは

オブジェクト指向の概要

オブジェクト指向プログラミングとは、オブジェクト同士のメッセージのやり取りによって、特定の目的を実現するプログラミングの考え方を指します。

「もの」を意味するオブジェクトは、オブジェクト指向プログラミングの考えでは、「状態」と「メソッド」を持ちます。「このような操作を行いなさい」という動作を担う「メソッド」をオブジェクトに対して呼び出し、それぞれが状態を変化させていきながら問題を解決していくようにプログラムを組んでいくことそのものがオブジェクト指向です。

オブジェクト指向のメリット

オブジェクト指向では、あらゆるものを「オブジェクト」として捉え、操作していきます。従来の命令型のプログラミングでは、データに対する操作とその状態管理は全てソースコードを記述するプログラマに委ねられていました。

しかし、オブジェクト指向ではデータに対する操作は全てオブジェクトが持つメソッドにより行われ、状態は各オブジェクトそれぞれが管理しています。そのため、プログラマが考慮すべき事柄が少なくて済むといったメリットがあります。また、オブジェクトに対する定義を使い回すことができるため、大規模なソフトウェア開発を効率的に行えるといったメリットも存在します。

まとめ

今回は幅広い用途で数多くのエンジニアが利用するプログラミング言語の一つであるC++について紹介しました。その他の言語と比較して難しい言語ではありますが、プログラミングを深く学ぶことができる言語なので、是非ともチャレンジしてみてください!

関連記事

ページ上部へ戻る