個人でアプリを開発して収入を得る方法

スマホの普及により、アプリ開発の需要が伸びていますが、個人でアプリを作って収入を得たいという方も多いのではないでしょうか。ここでは、簡単にですがアプリを開発して収益を上げる方法をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

個人開発アプリで収入を得る方法4つ

アプリ販売

個人が開発したアプリで収益を上げる方法としては、まずアプリを有料で販売するというものが挙げられます。こちらは分かりやすい収益モデルになっており、メリットとしては、ユーザーがダウンロードした瞬間にお金が入ってくるため、収益化のスピードが速い事です。そしてデメリットとしては、一回限りの課金になるため、収益の連続性がない事でしょう。

アプリ内課金

アプリ内課金は、ユーザーにアプリを無料でダウンロードしてもらい、使用に応じてアプリ内で課金してもらうといったモデルになります。ソーシャルゲームのガチャ等が挙げられます。

メリットとしては、ユーザーに対する課金モデルを運営側がいくつも用意する事ができるため、管理業務を円滑に進めやすいこと。そしてデメリットとしては、ユーザーのニーズを満たさないと課金してもらうのは難しいといったところでしょう。

広告

こちらもユーザーには無料でアプリを提供し、アプリ内に広告を設置する事によって広告費で収益を上げるといった方法になります。広告型のメリットとしては、ユーザー側に一切お金がかからないため、敷居が低くクレームを受けにくい事。そしてデメリットとしては、広告を設置しなければならないため、思い通りのUIを作る事ができないといった点でしょう。

広告型では、アプリ内で決まった額を支払う事で広告を撤去する等、その他の収益モデルを組み合わせる方法も効果的です。

月額課金制

月額課金制は文字通りユーザーに月々決まった額を支払ってもらうといったモデルです。メリットとしては、ユーザー数イコール月々の売上になりますので、収益の見通しが立てやすい事。そしてデメリットとしては、ランニングコストをユーザーに負担させる事になりますので、アプリやサービスに質を求められる可能性があるといったところでしょう。

個人ブログでも収益化が可能


スマホアプリを開発して収益を上げる方法をご紹介させて頂きましたが、アプリ開発が難しいという方でも、個人ブログ等からアフィリエイトで収入を得るといった方法も可能です。アフィリエイトとは、自分が実際に使用して良いと思った商品やサービスを自分のブログの読者に紹介し、実際に購入が発生したらマージンを貰えるといったサービスです。

開発よりもトレンドや情報収集に長けている方であれば、誰かが提供しているアプリやサービスを紹介して収益を上げる事も可能です。良いアプリが必ずしも市場に浸透しているとは限りませんので、埋もれている良アプリを紹介する事は、様々な人に恩恵をもたらすでしょう。

個人アプリ開発での注意点


スマホアプリを個人で開発する際の注意点としては、自分が作ろうとしているアプリに市場価値はあるか、また料金設定の妥当性等を考える必要があるといった点が考えられます。アプリやサービスというのは、それを使用している(使用しようとしている)ユーザーが価値を感じてくれた場合に収益が発生するという形になります。ですので、ユーザーが求めていなかったり、また使用時にユーザーにストレスを与えるようなアプリは需要がないかもしれません。

また、個人開発したアプリで収入を得た場合は確定申告の義務が生じる可能性もありますので、税務面にも注意を払う必要があります。雑所得として申告するのであれば、一般的には20万円が申告のボーダーとなります。

個人アプリ開発で収益を上げるための方法


アプリだけではなくサービスでもそうなのですが、個人が開発してリリースしたからといってすぐにユーザーが振り向いてくれるわけではありません。リリース当初はダウンロード数ゼロが続く事もありますし、期待した程の成果が出ない可能性の方が高いでしょう。ですが、そこで諦めてしまうのではなく、ユーザーからの声を参考に自分のアプリの市場価値を改めて考え、根強くバージョンアップを重ねていく事で市場の信頼を得られる事もあります。

また、アプリだけではなく付随したサービスを有料で提供するといった方法も可能です。リリースするアプリを増やす事によって、ヒットの確率が高まり、収入の増加も期待できるでしょう。ですが、大切なのは、正しくユーザーや市場のニーズに応えられているかどうかに集約されます。いつまで経っても原価の方が高く、赤字が改善されなかったりする場合には、一度冷静に市場を分析してみた方が良いかもしれません。

まとめ

スマホ用OSの開発会社が最適な統合開発環境(IDE)をリリースしてくれているため、スマホアプリを作る環境は誰でも整えられる状況となっています。ですが、収益化をする際に重要なのはアプリをいかに市場に受け入れてもらうかという点になりますので、開発前の市場調査は欠かせないでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る