xcodeの使い方!xcodeは日本語で出せるのか?

iPhoneやiPad用のアプリ開発には欠かす事のできない存在であるxcodeですが、その使用方法は難しいところが多く、いまいちよく分からないという方もいるかもしれません。ここでは、xcodeの概要、インストール方法や使い方、そしてお薦めの書籍等をご紹介させて頂ければと思います。

xcodeとは?


xcodeとは、Apple社が開発、リリースしているMacOSX専用の統合開発環境(IDE)であり、主にIPhoneやiPad用アプリ、そしてMacOS用のソフトを開発する際に使用されます。使用可能な言語としては、Apple社が推奨しているSwiftやObjective-C以外にも、C言語やC++等といったものが挙げられます。

xcodeのは日本語化できるの?


残念ながら、現時点ではxcodeは英語オンリーな仕様となっており、日本語化をする事はできません。ただ、開発するアプリの標準言語を日本語に設定する事はできますので、日本語のアプリは製作可能となっています。

今後のバージョンアップより日本語化が期待されるところですが、基本的な機能さえ覚えてしまえば、英語表記でもあまり困るような事はありません。

xcodeの使い方!

インストール方法

xcodeをインストールするには、iTunesのAppStoreにアクセスし、ダウンロード&インストールを行います。インストールが完了すると、Macのアプリケーションフォルダにxcodeのアイコンが表示されますので、そちらをクリックする事で起動する事ができます。

xcodeのインストールはこちら

swiftを使ったxcodeの使い方!

xcodeの使い方としては、まず新規プロジェクトを作成するところからスタートします。xcodeを起動して、Welcome画面が開いているのであればそちらから、そうでなければFile→New→Projectを選択して新規プロジェクトを作成しましょう。新規プロジェクトを作成する際、どういったアプリケーションを作るかを尋ねられますが、今回はiOS用のSingle View Applicationを選択します。

次の画面でProduct NameやOrganization Name、使用言語や対応デバイス等を尋ねられますので、それぞれ適切に入力、選択しましょう。なお、冒頭でxcodeで使用可能な言語をいくつか挙げましたが、iOSアプリを作成する際はSwiftかObjective-Cに限定されますので、どちらかの言語を選択する必要があります。今回はSwiftを選択しましょう。そして、最後に保存先を聞かれますので、任意の場所を選択してCreateボタンを押せば、プロジェクトが作成され、自動的に様々なファイルが作成されます。

これでSwiftによるiOSアプリ製作環境が整いました。基本的にはMain.storyboardでアプリ画面の見た目を作成し、ViewController.swiftにSwiftで処理内容を書いていくといった形になります。(本来はViewとControllerは分けて書くのが一般的ですが、慣れない内はViewControllerに一括して書くのが良いでしょう)

javaを使ったxcodeの使い方!

以前はxcodeでもjavaをサポートしていましたが、現在はjavaのサポートはされていません。そのため、どうしてもxcodeでjavaを書きたいという場合には、エンプティファイルを作って拡張子を.javaに変更するといった方法があります。しかし、推奨はされていませんので、どちらかというとC++やSwift等を使用する、若しくは他のIDEを利用した方が良いでしょう。

xcodeの使い方がわかる本3選

絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門-増補第6版【Swift-11】完全対応>

iOSアプリ製作において非常に役立つ知識が満載となっており、プログラミングの基本からアプリ製作、リリースまで(特典PDF)を網羅した一冊です。完全にプラグラミング初心者という方には少々難しいかもしれませんが、プログラミングを齧った事のある方であれば、比較的理解しやすい内容となっています。

小学生でもわかる-iPhoneアプリのつくり方-Xcode8/Swift3対応

逆に、こちらは完全にプログラミング初心者であるという方にお薦めの一冊となっています。プログラミングの初歩の初歩からxcodeの使い方まで分かりやすく解説されており、プログラミングをした事はないけれどiPhoneアプリを作ってみたいという方に適しているでしょう。

Swift-iPhoneアプリ開発-入門ノート-Xcode-9対応

Swiftの知識が少しある方向けの書籍であり、Swiftやアプリ開発に対する知識をより深めるための一冊です。基本的な知識はあるけど、よりレベルアップしたい!という方にお薦めです。

まとめ

xcodeは主にiOSアプリの開発者に向けたIDEであり、xcodeを使う事によって開発効率が高まるのは事実ですが、その機能は多岐に渡るため、一朝一夕で使いこなすのは難しいでしょう。言語や機能を学びながら、気長に、そして何よりも楽しんで開発を続ける事が大事です。

関連記事

ページ上部へ戻る