未経験から初めてみる!webデザイナースキルとは?

ホームページを美しくデザインする、自在にツールでイラストを描く姿などに憧れてwebデザイナーを目指す方も多いでしょう。しかし意外にも仕事内容は多岐に渡り、求められるスキルも豊富なのです。今回は、webデザイナーに必要な知識や勉強法などについて詳しく学んでいきましょう。

webデザイナーのお仕事内容


webデザイナーを志すのなら、どのような仕事をするのかを理解しなければなりません。主な仕事内容について説明していきます。

バナーの作成

サイトに表示される広告であり、閲覧者の目に留まるような魅力的なバナーが必要です。webデザイナーは小さな枠内に表示される画像や文字を活用して、なるべく目立つ広告を作ります。

webデザイン

一般的に認知されるwebデザインの仕事になり、様々なツールを駆使してホームページなどをデザインしていきます。写真の加工やイラストの作成など、ただ色を変えるだけではなくクオリティーの高いサイトを作成する必要があります。

コーディング

プログラミング言語を使いwebサイトの骨組みとなるコードを打ち込むのもデザイナーの仕事です。言語だけではなく実際にホームページに入れる文章を考えることもあります。

テスト

ホームページを完成させた後は、しっかり機能しているかどうかをテストしなければなりません。記載されているリンクが正確に移動するか、どこかにエラーはないかなど問題がないことをきちんと確認するのもwebデザイナーの仕事になります。

運用

完成したサイトも、常にトレンドやニーズを求めて編集することが大切です。定期的に変更して常に見る人が飽きないように工夫する、特別な企画を考えてデザインを更新するといった仕事もします。

webデザイナー必須スキル8個


サイトなどをデザインするのが主な内容ですが、その際にどのようなスキルが必要になるのかを見ていきます。

HTML

ホームページの骨組みを作るために必要な言語です。HTMLがサイトの土台となり、そこに様々な言語を加えていくことでサイトは完成します。

CSS

HTMLと並んでサイトの土台作りのために活用されるプログラミング言語です。HTMLではできない文字の色付けなど、ホームページの外観を作るために使用して彩りを加えていきます。

JavaScript

HTMLなどで作成した土台に動きを加えるプログラミング言語の一種であり、サイトのクオリティーを高めるために欠かせないものです。閲覧者がクリックすると表示が変化されるのも、JavaScriptによる指令になります。

Photoshop

主に写真の加工を可能とするツールになり、ホームページに掲載する写真を美しくするために活用されることが多いです。また不自然な写真を自然に見せる修正もPhotoshopを駆使しなければなりません。

illustrator

会社のロゴやサイトに載せるイラストの制作が可能なツールとなります。点の集合体で描かれるPhotoshopとは対象的に線を駆使して描かれるのが特徴です。

SEOの知識

webサイトは、Googleから高い評価を受けることで上位に表示されます。どんなに魅力的なホームページでも、下位に表示されるとアクセスを集めることが難しいです。サイトをマーケティングして、より多く露出するためにSEOの知識が求められます。

デザインセンス・カラーセンス

有能なツールを使用するのはwebデザイナー自身です。どのように加工し、ホームページをデザインするのかは、本人のセンスに委ねられます。基本的にクライアントの要望に答えなければなりませんが、期待以上のものを作ることができるかどうかはセンスによるものが大きいです。常に世の中のトレンドを把握し魅力的なサイトを制作するセンスは、大切なスキルとなります。

コミュニケーション力

基本的に依頼を受けてから制作に入るため、クライアントの希望を読み取る能力が必要です。具体的にどのようなものを求めているのかを引き出すためには、上手くコミュニケーションを取る必要があります。そのためコミュニケーション能力もwebデザイナーにとって重要なスキルなのです。

webデザイナーに求められるスキル習得方法


豊富な知識を必要とするwebデザイナーですが、スキルや知識を学ぶにはどのような方法があるのかをご紹介します。 

書籍で学ぶ

豊富に販売されている教科書を活用し、基礎から徹底的に学んでいくというのも一つの手段です。時間があまり取れない方でも比較的取り組みやすく、落ち着いて知識を深めることができます。徐々に専門的な書籍にステップアップしていくことで、スキルを身に付けた実感を得ることができるでしょう。

学習サイトやスクールを有効利用

専門学校に通うという手段もあります。社会人の方は、週末や夜間だけ通うという選択もでき、就職支援を受けられるスクールを活用すると実用性が高いです。近所にスクールがないという場合は、オンライン学習で勉強する方法もあるため、最適な手段を選択しやすくなりました。

フリーランスで活躍するまでのスキル習得期間


現場で活躍するためには、実用的にスキルを活かせる能力が必要となります。初心者の方がきちんと現場で活躍するためには、どれくらいの習得期間がかかるのでしょうか。

webデザイナーとして企業に務めるだけでなく、フリーランスとして個人で活躍する場合は、一通りのスキルを十分身につけることが大事です。毎日3時間ほど勉強する時間があるという場合は、半年間は学習期間が必要でしょう。しかし個人の理解力の差、どのような学習方法を選択するかでもかかる時間は変わります。自分に合っていない方法を無理やり続けていても、効率が悪くなる恐れがあるので注意が必要です。

また適切な知識をマスターしても、フリーランスとして活動できるとは限りません。自身の名前を売る必要があり、地道に実績を積み上げなければクライアントからコンスタントに依頼を得ることは難しいでしょう。Webデザイナーとして展開していきたいと考えているのなら、「クラウドテック」などのキャリア支援サービスを活用するのも有効です。専任のサポーターの協力を得て仕事を見つけることができ、キャリアを磨く、人脈を広げるといったこともしやすくなります。

まとめ

Webデザイナーは、身につける知識とスキルが豊富にあります。直接デザイン技術に関係ないことも大事な役割を果たし、成功するためには避けては通れないでしょう。学習方法は充実傾向にありますが、必要な技術を身に付け、効果的なサービスを活用するということも必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る