フリーランスの仕事の種類とは?おすすめ職種10選!

世の中にあるフリーランスの仕事の種類は多岐にわたります。今回はフリーランスの仕事の一部について解説します。仕事に対する意識やビジネススタイルはネットの普及より大きく変化し、フリーランスで活躍する人も増えてきました。自身のスキルを活かしてフリーランスでより専門的な仕事をするのも良いかもしれません。

フリーランスになるには?


フリーランスとは「企業などと雇用関係がなく、独立して仕事を請け負う人」、つまり働き方のことを指します。IT系の仕事やクリエイティブ系の仕事はフリーランスのスタイルで働いている人は多いです。しかし、コンサルタント業やヘアメイク等の美容業界などでもフリーランスで活躍している人もおり、職業としては無数に存在するといえるでしょう。

またフリーランスの仕事で成功している人も多いことから、フリーランスというビジネススタイルは注目を浴びています。それではフリーランスになるには、どういう手続きが必要になるのでしょうか。

基本的に手続きは不要

意外と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、フリーランスになるための手続きは不要です。極端なことを言えば、フリーランスになると言う一言で手続きは終了したと言えるでしょう。重要になってくるのは、フリーランスになって実績と経験を積み上げることです。

履歴書不要で未経験でもOKな仕事も

インターネットで検索すると、フリーランスの方向けに仕事を募集していることも珍しくありません。募集している仕事の中には、エンジニア・デザイナー・ライターなど未経験で始められる仕事も存在しています。

フリーランスに適した仕事の探し方とは?


それでは経験を積んでいるベテランの方とは違い、初心者のフリーランスは仕事をどうやれば見つけることが出来るのでしょうか。フリーランスになった方の個性やスキルに適した仕事の探し方について紹介します。

フリーランス向けエージェントサービスの活用

フリーランスの方におすすめの仕事の探し方として、エージェントサービスを活用する方法があります。フリーランス向けのエージェントサービスではクラウドテックが挙げられます。

クラウドテックでは初心者からプロのフリーランスまでが仕事を見つけることが可能です。職種だけではなく、身につけているスキルから適した仕事を見つけることができます。

フリーランスの仕事の種類・職種10選


それではネットを介するフリーランスの仕事や種類、職種にはどういうものがあるのでしょうか。気になるフリーランスの仕事内容について紹介します。

ライター

フリーランスの仕事の中でも、始めやすくおすすめできる仕事がライターです。パソコン操作ができて、文章を作成することができればライターになることは難しくありません。

タイピングの速度、文章の構築などのスキルが求められますが、仕事を請けながらスキルを磨いていくと良いでしょう。代表的なライター業務としてネットに掲載する記事を書くwebライターと、キャッチコピーを考えるキャッチコピーライターがあります。

編集者

出版社などで編集を経験した方がフリーランスで働くようになることも多いです。編集者は世の中の多くの人が読んでみたいと思うものつくるため、企画立案から記事作成における進行管理、また予算管理などを行っています。また、ライターやカメラマンの手配、原稿チェックなど細かい業務を含めると作業は多く、必要とされるスキルも高めです。

編集者の仕事内容を解説
編集者の仕事内容は多岐に渡り、一人ですべて行う編集者もいれば、作業工程を分業して行う場合もあります。また紙媒体とweb媒体では編集に必要なスキルが少し違います。ここでは編集者の仕事内容について詳しくみていきましょう。

翻訳

翻訳の仕事は社員という業務形態は少なく、フリーランスで働いている人が多いといえます。翻訳の種類は「実務翻訳」「産業翻訳」「文芸翻訳」「映像翻訳」など数が多く、語学力以外にも分野における専門知識が必要です。また実務経験が重視されるため、語学系の学校、養成スクールを出た後にエージェント登録をするのが一般的とされています。

webディレクター

サイトやアプリ制作する際には、プログラマーやデザイナーなど複数人の制作スタッフが関わります。スタッフを取りまとめ、スケジュール管理し指示を出したり、品質を管理したりするのがwebディレクターの仕事です。またクライアントの意向をプロジェクトのマネージャーと相談しながら進めるため、高いコミュニケーション能力が求められます。

デザイナー

フリーランスの仕事で単価が高く、高報酬が見込める職種と言えばデザイナーがあります。デザイナーにはグラフィックデザイナーとwebデザイナーの二つが主流です。ロゴやアイコン作成で活躍するグラフィックデザイナー、ホームページ全般を作成するwebデザイナーには、ある程度の画像処理スキルが必要です。

デザイナーの種類や仕事内容とは
デザイナーと一言でいっても、「グラフィックデザイナー」「webデザイナー」「
DTPデザイナー」など様々な業種に分かれています。またそれぞれ求められるスキルも違います。デザイナーの仕事種類や内容について詳しくみていきましょう。

エンジニア

エンジニア系のフリーランスも人気ある職種の一つです。スマホアプリを作るアプリケーションエンジニアや、サイトなどで運用するシステムを管理及び設計するインフラエンジニアなどの仕事です。単価も良く高収入がねらえますが、いきなり大口の仕事は難しいと言えるでしょう。信用と実績が安定するまでは他のフリーランスを兼業する方も多いです。

エンジニアの仕事の種類やスキルについて
エンジニアというと仕事がハードで大変そうなイメージを持っている人もいるかもしれません。しかしエンジニアの役割や仕事内容を理解することで、働くことのメリットやデメリットも見えてきます。ここではエンジニアという仕事について解説します。

プログラマー

パソコンソフトやIT機器に用いるプログラムを作成する仕事がプログラマーです。プログラマーは「プログラム言語」を習得していることが条件です。さらに、どの言語を習得しているかで業務内容や収入に差が生まれてしまう可能性が高いです。仕事を受注するときには、クライアントに事前確認をしましょう。

イラストレーター

イラストレーターはネットの仕事以外にも本や雑誌に挿し絵をつけたり、スマホなどのゲームにふさわしいキャラクターなどを考案したりすることもイラストレーターの仕事です。優秀なイラストレーターが作成するキャラクターには、グッズなど付加価値がついてくる可能性もあります。

カメラマン

依頼された撮影場所に足を運び、人・動物・風景など幅広いジャンルの写真を撮影します。何を対象に写真撮影をするかで、難易度や報酬も変わってきます。画像処理をある程度こなるスキルを最低限持っておくと良いでしょう。

ネット販売

自身でネットショップを運営して、通販で販売することにより店舗を持たなくて始めることが可能です。またAmazonや楽天などのサービスを利用して簡単に始められることができます。主に商品の準備、梱包、発送、問い合わせ対応などを行いますが、売れるためにはどういった商品を扱うべきか、商品の見せ方など工夫次第で売り上げも変わります。

まとめ

今回はフリーランスの仕事内容について紹介しました。フリーランスは意欲次第で仕事の幅が広がる職種と言えます。始め方が分からない人はフリーランスを支援してくれるクラウドテックなどのエージェントサービスに登録してみるのも良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る