「C言語」とは?C言語の特徴と用途について

本記事ではC言語の歴史と概要、それらに関連する検定試験を紹介しています。C言語という名前だけは知っていてもどんなものなのか、またプログラミングを学びたいけれど、何も知らない状態からどのように学習を進めていけばいいのかと悩んでいる方は、ぜひお読みください。

C言語とは?

C言語の歴史

C言語はアメリカのAT&T社ベル研究所のデニス・M・リッチーとブライアン・Wカーニハンにより開発されました。もとはUNIXというOSの移植性を高める目的で作られたもので、そのため高い汎用性と柔軟性を持ち、40年以上経った現在でも広く利用されています。

C言語の概要

C言語はコンパイラ方式言語です。コンパイラ方式はソースコードを最初にすべて翻訳して、機械語になった実行形式プログラムを実行します。このため処理速度が速いという特徴を持ちます。C言語の他にはJAVA、COBOLなどがこの方式です。

C言語の開発環境としてVisual studio communityがあります。これはマイクロソフト社の統合開発環境で、豊富な対応言語や拡張機能が特徴ですが、個人の開発または学習目的には無償で提供されているので、実際にC言語の習得の際には利用してみましょう。

C言語の特徴

C言語はコンパイラ方式言語です。コンパイラ方式はソースコードを最初にすべて翻訳して、機械語になった実行形式プログラムを実行します。このため処理速度が速いという特徴を持ちます。

C言語の他にはJAVA、COBOLなどがこの方式です。C言語の開発環境としてVisual studio communityがあります。これはマイクロソフト社の統合開発環境で、豊富な対応言語や拡張機能が特徴ですが、個人の開発または学習目的には無償で提供されているので、実際にC言語の習得の際には利用してみましょう。

C言語の用途

上記で挙げた通り、C言語はその汎用性の高さから業務用開発からフリーソフトウェア開発まで、幅広く利用され、現在も需要は増加しています。このC言語を習得することでC言語で作成されたプログラムを読むことができたり、作成することができます。そこから他の言語との関連性の理解が深まり、業務に関してのスキル向上や、プログラミングによる開発力のアップなどが期待でき、そのメリットは大きいです。

C言語と他の用語の違い

C言語は構造型プログラミング言語ですが、プログラミングを進める上で視点が異なります。オブジェクト指向型言語のJAVAを例にとると、コードを書くルールや様式はC言語と類似します。構造型のC言語は初めから終わりまで順を追って組み上げていくのに対して、JAVAは部分ごとに雛形を作り、それを完成に応じて加工、複製して組み上げていくところに違いがあります。

プログラミング言語はそれぞれコードを組み上げていくアプローチが目的や用途別に異なる点があるので、これらを踏まえて学習に臨むと、より理解しやすいです。

C言語のスキルを証明する「C言語プログラミング認定試験」

試験概要

C言語のプログラミング能力を図る試験はC言語プログラミング能力試験です。これは1~3級までの段階別試験で、2級まではマークシート択一式の筆記試験、1級はパソコンを使った実技試験までおこなわれます。この試験でC言語の標準的または応用的な理解、プログラム作成能力を判定。

この試験は民間団体サーティファイが実施しており、試験日は1月と6月下旬、3級はこれに加えて9月下旬に行われ、試験会場は札幌市、東京、名古屋市、大阪市、福岡市の5会場です。試験時間は1~3級までそれぞれ150、90、60分でいずれの試験も60%の得点率が合格基準です。

スキル習得を進める

C言語の特徴と概要、検定試験について紹介しました。プログラミング言語は独学でも習得できますが、その能力がどの水準に達しているのかは客観的な試験で図ることができます。社内でプログラマーの職種に就いている方も、これからC言語を学ぼうとしている方も、次の目標やステップを目指してスキル習得を進める方が効率的な成果が期待できます。まずは直近の試験日に受験することを視野に入れながら、日程を逆算して学習スケジュールを固めていきましょう。

まとめ

C言語を習得することで、プログラミング作成の実践的知識が身に付きます。またプログラミングの作業工程の理解もスムーズに進みます。資格を取得すれば、転職・就職の際にスキルの証明に使うことも可能。初めて学ぶ方には勉強量が比較的多いですが、ぜひ学習を継続してあなた自身の強みにしましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る