未経験でもフリーランスで働ける?目指しやすい仕事とは

「フリーランスになりたい。けど未経験だし、どうすればいいのか分からない」このように考える方も少なくないのではないでしょうか。ここでは未経験からフリーランスになる方法、またその上で目指しやすい仕事や注意点についてみていきます。

未経験からフリーランスになる方法


フリーランスとは、会社や組織に専従しておらず、自らの才覚・技能を提供する個人事業主もしくは個人企業法人の事を指しますが、未経験からフリーランスになるにはどうしたらいいのでしょうか。フリーランスになる事自体は難しくありません。特定の専門分野を除けば資格も必要ない為、極端に言ってしまえば名乗るだけです。ただし、フリーランスを名乗ったからといってお金を稼ぐ事ができる訳ではありません。実績を重ねて、自身の得意分野を見極めて仕事を完了させる。これらができて初めてフリーランスとして『稼ぐ事』ができます。

仕事によっては勉強が必要

フリーランスといってもその仕事内容は多岐に渡ります。フリーのアナウンサーやフリーライター、通訳やプログラマーといった業種。プロ野球選手もフリーランサーに分類されます。

フリーライターであれば自身が書いた文章が発信される為、正確な情報収集と読者が読みたくなる、惹きつける表現が必要となります。プログラマーであればJAVAやPHPなどの各種言語や、ネットワーク、データベースの知識等が必要です。その為、フリーランスでも何を目指すかによって勉強する分野が変わってきます。

クラウドソーシングサイトを利用する

フリーランスで仕事をするにあたり、クラウドソーシングサイトは便利な仕事獲得ツールです。クラウドソーシングサイトの例として、「クラウドワークス」などが挙げられます。これらは登録無料で、自分の現状のスキルに合わせて仕事に応募できますますので、使いやすく、特に未経験者にとっては強い味方になるでしょう。

エージェントを利用する

エージェントとは個人のスキルに対してニーズの合うクライアントをマッチングするためのサービスです。個人での営業活動には限度があり、こういったサービスを使用するのは有効といえるでしょう。クラウドソーシングサイトとの違いは、業務形態にあるといえます。

クラウドソーシングサイトの仕事の多くが単発であるのに対し、エージェントを通した業務は、短期契約を結んだ上で契約企業の仕事を契約期間内に遂行するタイプが多いです。その為、クラウドソーシングサイトで経験を積んでからエージェントを利用する方がよりよいプロセスではないでしょうか。フリーランス専門のエージェントとしては「クラウドテック」などが挙げられます。
フリーランス・業務委託の求人情報サービス「クラウドテック」

未経験から始めやすい仕事


誰でも始めは未経験です。未経験から始めやすい仕事にはどんな物があるのでしょうか。その職種についてみていきましょう。

ライター

未経験の方がフリーランスとして活動する中で始めやすい仕事の一つがライターです。クラウドソーシングサイトでもライティング業務の募集は多くあります。未経験者OKの募集も多いため、誰でも簡単に始める事ができます。また、全体的に報酬が低い傾向にあるため、タイピングや文章構成を日々経験して受注件数を増やす必要があります。自分のペースで執筆本数なども調整できるので、副業としても始めやすい仕事です。

未経験でフリーランスのライターとして働く方法
未経験でフリーランスのライターとして働くためにはどうしたら良いのでしょうか。ライターの仕事を見つける方法やライターとして働くメリットを紹介します。

WEBデザイナー

クラウドソーシングサイトやエージェントでも多く募集がある仕事です。クライアントの希望するWEBサイトのデザインを構築するのが主な仕事で、既にそのスキルがあるのであれば始めやすいですが、未経験者であれば相応の勉強が必要となります。オンライン講座や教室などで知識をつけてから始める方がいいでしょう。

未経験から初められるwebデザイナーのスキル
Webデザイナーになるためには仕事内容が多岐に渡るため、様々な知識を身につけなければなりません。未経験方に向けて、フリーランスWebデザイナーになるために必要なスキルや勉強方法を紹介します。

ITエンジニア

企業からの依頼が多い事からもエージェントを利用するのが有効でしょう。ITエンジニアにも種類が多くあり、プログラマーやコンサルタントもこれに含まれます。専門性も強いので勉強してから取り組む事が必要となりますが、求人は多いため今後フリーランスとして活動していくのであれば強いスキルとなるでしょう。

未経験のフリーランスITエンジニアに必要なこと・メリット
未経験でもフリーランスのエンジニアとして働くことができるのでしょうか?フリーランスエンジニアとして働くためのスキルやメリットについて紹介します。

翻訳

翻訳もニーズの高い仕事です。特に英語や中国語は依頼が多いため、語学に自信のある方にはお勧めです。また、翻訳分野によっても需要が変わってきます。医学薬学やITに関しての翻訳もできる場合は、高単価を狙うことができるでしょう。

未経験からフリーランスで仕事をする注意点

スキルに合った仕事をする

現状の能力をしっかり把握し、力量にあった仕事を選択する事を心がけましょう。特に初めのうちはあまり難しい仕事の受注や多量の受注をしないよう気をつけましょう。スキル不足により中途半端な仕事になったり、納期を守れなかったりしかねません。受けた仕事を確実に完遂させルためのスケジュールを立て、実績とスキルを得てから更に難しい仕事を受注するというサイクルをつくりましょう。

納期管理をする

フリーランスは時間に縛られる事がないことも人気の一つ。その反面、自分が受けた仕事の納期管理は全て自己責任です。フリーランスとして活動していく上で時間の管理と受注量を予測して調整することは重要となります。

税金に関する知識を身につける

フリーランスの方が支払う税金として、所得税、住民税、個人事業税、消費税があります。

所得税:所得金額に一定の税率をかけた金額が所得税になります。フリーランスは38万円の控除が受けられるため、年間所得が38万円を超えない場合は所得税の負担はありません。
住民税:自治体によりますが、課税所得金額の10%が基本です。
個人事業税:フリーランスの業種によって必要な税金です。
消費税:営業を始めてから2年目の課税売上が1,000万円以上を超える場合に課されます。

また、会社員をしながら副業でフリーランスをする場合は注意が必要です。副業での所得が20万円を超える場合は確定申告をしなければなりません。

個人事業主として活動している方であれば、事業収入から必要経費を差し引いた額(事業所得)が38万円を超える場合、確定申告が必要です。万が一確定申告をしていない事が発覚した場合、追徴課税を徴税されます。税金に関する知識はしっかり身につける事が必要となります。

フリーランスが払う税金と計算方法
フリーランスとして働いた場合にどの税金をいつ支払うかは知っていますか?フリーランスになった際に支払う税金や計算方法を学べます。また、税金対策についても紹介しているのでぜひ参考にしてください。

税金に関する注意点

まとめ

フリーランスと一口に言っても様々な職種があります。ただ、誰でも最初は未経験。自身の努力や経験によって未経験者から経験者へとステップアップしていきます。まずはフリーランスの入り口としてクラウドワークスやクラウドテック等を利用して経験を積んでみてはいかがでしょうか。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る