フリーランスが名刺の記載項目・デザインを決めるときのポイント

会社員であれば会社から支給される名刺ですが、フリーランスの場合は自分で作成しなければなりません。フリーランスが名刺を作るとき、デザインや記載内容について、会社員と違った注意点があります。例えば、名刺に住所を記載するかどうかなどです。こちらの記事を参考に、自分の名刺の内容を考えてみてください。

フリーランスにとって名刺はなぜ重要?

名刺はフリーランスの営業ツール

人や会社との繋がりを作っていく事は、フリーランスにとって大切なことです。フリーランスになってから営業活動の難しさを感じる事もあるでしょう。セミナーや交流会に積極的に参加することで、自分について知ってもらう機会が増え、仕事に結びつくこともあります。人脈を増やしてから仕事に結びつくまで時間がかかる場合もありますから、印象に残りやすい名刺を配っておくことで機会損失を減らすことができます。

フリーランスの営業方法
フリーランスがクライアントを増やすための営業方法を解説しています。フリーランスとして安定した収入を得るには、複数クライアントから安定した発注をもらうことが大切です。こちらでは、営業の準備から営業先の見つけかたまで紹介しています。

フリーランスの名刺の項目・注意点


名刺には一般的には以下のような情報を記載します。それぞれに対して注意点も踏まえながらみていきましょう。

住所

自宅で作業をしている場合は住所を書くこともあります。住所を記載する事で信頼感は増しますが、その分個人情報を公開することになるのでリスクもあります。自宅に営業用のチラシが届いたり、訪問営業が来たりする可能性があるのです。

名刺に住所を載せるのに抵抗がある場合は、住所なしの名刺を作成し、郵便物のやりとりが発生した時のみ住所を教えるという方法があります。また、バーチャルオフィスなどを利用して、住所を借りることもできます。

連絡先(電話番号・Fax・メール)

仕事用の連絡先を記載します。自分がすぐにレスポンスできる連絡先を書いておきましょう。記載する連絡先としては、電話番号、Fax番号、メールアドレスが一般的です。仕事に関する連絡がきても構わない場合は、SNSのアカウント名やIDを載せることもあります。

クライアントが自分に連絡する方法が多岐にわたってしまうと、今度は管理が大変になってしまうかもしれません。自分に連絡できる方法全てを書くのではなく、やりとりが可能なものに絞って記載しましょう。

本名・ペンネーム・屋号

名刺で一番大きく記載するのが、名前の部分です。こちらには、本名、ペンネーム、屋号などを記載します。自分が仕事上で使っていきたい名前を選んで書きましょう。

フリーランスとして、ペンネームでの活動をされている方も多くいます。仕事のイメージにあった名前をつけられる事や、インパクトのある名前をつけられる等メリットもあります。しかし、見積書・請求書といったお金のやりとりが発生する書類や契約書には本名の記載が必要になります。

フリーランスの人の中には、屋号を持っている人もいます。屋号とは、本来商人が商業のために名乗った社名のようなものです。フリーランスは会社に所属していないので社名を名乗ることができませんが、個人名で活動していると不便なシーンもあります。そこで、ビジネス上の名前として屋号を名乗ることがあります。

屋号名で作成した銀行口座があれば、普段はペンネーム、お金のやり取りの時は本名といった煩わしさを回避できます。ちなみに屋号は必ずしも必要というわけではありません。持っている場合のみ名刺に記載しましょう。

個人事業主の「屋号」のつけ方・使い方
個人事業主が仕事用に使う名前である「屋号」。必ずしもつけなければならない訳ではありませんが、本名を知られずに取引できたり、自分を印象付けたりできるメリットがあります。こちらでは、屋号の使い所や、屋号をつけるときのポイントを紹介しています。

肩書

肩書に関してはオリジナリティーがあるもの、専門分野に関しても触れておくと印象に残りやすいでしょう。『フリーライター』と単に書いてあるよりも、『食レポ専門フリーライター』と書いてある方が何をしているか、何を得意としているかがより伝わりやすいからです。分かり易さと個性のバランスを考えて書きましょう。

公式WebサイトのURL(あれば)

フリーランスとして長く働いていくのであればホームページがあるというのは武器になります。作成済であれば、案件受注の可能性を広げる為にも、名刺にはできるだけ記載するようにしましょう。また、URL以外にも、QRコードを記載することで、より手軽にアクセスしてもらえるかもしれません。

フリーランスのホームページ作成について
フリーランスで働く上で、自分のホームページを作ってスキルをアピールする方法があります。特に、デザイナーやエンジニアであれば、サイトのコンテンツだけではなく、UIUXやサイト構造そのものがスキルのアピールになります。こちらでは、ホームページの作成方法や検索上位を目指す方法を記載しています。

自分の仕事の概要(裏面)

どのような事が出来て、何が得意なのかを記載します。表側にここまで記載すると読みにくくなる可能性があるため、名刺裏面に簡潔に載せるとスッキリします。名刺はじっくり読み込むものではないため、わかりやすくシンプルに書きましょう。

自分が今まで作成したものや、特技をたくさん記載したくなるかもしれません。そのようなときは、自分のサイトを作ってみてはいかがでしょうか。名刺にはサイトのURLやQRコードを記載し、詳細はサイトに記載すれば、名刺の文面がスッキリします。

用途別に内容を変える方法もある

ここまでにいくらか記載内容を挙げてきましたが、用途に合わせて記載内容を変えた名刺を数種類持っておくという方法もあります。住所の項目で紹介したように、郵便物のやりとりが必要な場合は住所も記載されたもの、不要であれば他の連絡先が記載されたものにするなどです。住所の記載がないものを手渡すときには、「自宅を事務所と兼用しているので」と理由を一言添えておきましょう。

名刺のサイズ・形やデザインはどうする?

名刺の形は定番が基本

変わった形の名刺を作る方がいます。こちらの方が印象に残るだろうという理由でそうするようですがあまりおすすめできません。なぜなら、名刺をフォルダーやファイルで管理する方が、変わった形の名刺を受け取った場合、管理がしにくいため別の場所に置かれてしまったり、最悪捨てられたりしてしまう可能性もあるからです。

2つ折りタイプの名刺にも同じ事が言えます。かさばってしまい、整理がしにくいかもしれません。基本的にはサイズは定形の物をおすすめします。その上で材質にこだわったり、内容に拘ったりという方に力を入れた方が受け取る側にとっても好印象となるでしょう。

サイズは91×55mmが基本

名刺のサイズは、91×55mmが一般的です。この大きさであれば、スーツの小さいポケットにもすっきり収まるとされています。この大きさは、主に日本で一般的なサイズで、欧米では51×89mmがメジャーなようです。海外の方との取引が多いのであれば、欧米サイズを選択しましょう。取引は日本国内のみであっても、小さい分には特に支障はないため、好みで欧米サイズにする方も増えているようです。

デザインはわかりやすさ重視

名刺のデザインには、おしゃれなものや華美なものなどが用意されています。こちらは個人の趣味で選んで大丈夫ですが、最低限のわかりやすさは担保しましょう。

特に注意したいのは、おしゃれなフォントを使っているせいで文字が読みにくくなっていないかということです。メールアドレスなどは、小さなアルファベットが続きますから、要確認しましょう。

名刺の作成時に利用できるサービスは?

名刺の作成ツール例

インターネットが広く普及している現在、手軽に名刺の作成依頼が可能です。以下に一部名刺作成の会社を紹介します。発注の際はもちろん、こちらのサイト上でサンプルを作ることも可能なので、チェックしてみてください。

グラフィック
61万人が利用している業界トップクラスの印刷通販会社です。10部から注文でき、当日発送も受け付けています。

ラクスル
100枚で500円からという安価且つデザイン作成もしてくれる印刷会社です。100枚という単位での発注になりますが、無料で用紙のサンプルを送ってもらえる安心感があります。

ライオン名刺
用紙の種類だけで40種類、加工オプションが10種類以上用意されており、幅広いタイプの名刺作成が可能です。通常サイズで加工がなければ、13時までに発注した分が当日中に発送されます。

まとめ

いかがでしたか。フリーランスとなり、名刺を作っていく上の注意点や名刺作成ツールについて紹介してきました。これからフリーランスとして活動をしていく上で自分の名刺があるのはモチベーションもあがりますし、相手に与える印象を作る重要な要素です。紹介した注意点に気を付けて早速名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る