スキル不足を解消!フリーランスで必要なスキルセット一覧と習得法

フリーランスになりたい、もしくはフリーランスになりたいがスキル不足で自信が持てない、と思っている方もいるのではないでしょうか。フリーランスに必要な基本スキルとは何か、必要な「スキルセット」とは具体的にどのようなものかを仕事別に紹介します。

フリーランスに必要な基本スキルは?


フリーランスに必要な基本スキルとはどのようなものなのでしょうか。コミュニケーション能力や業務理解力など必要とされる能力が沢山あり、基本的な能力だけでは通用しないことがあります。フリーランスが必要な能力について詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション能力

クライアントとのやり取りの中から、仕事でどのような事を要望されているのかを予測して正確に理解することが必要です。さらに自分のスキルをどのように発揮していきたいと思っているのかなどをきちんと伝え、スムーズな意思疎通をする能力が問われます。

「自分をレアカード化」するスキル

自分の能力を見極め、自分自身の希少価値を高めてレアカード化するスキルを身に着けることが大切です。クライアントに向けて、能力だけでなく、プラスαの付加価値を売り込んでいく事ができるようにすると、次の仕事に繋がるでしょう。

業務理解力

今まで経験してきた業務内容を理解し自分のものにしているかが問われます。業務経験が豊富である事は大切ですが、その本質を理解し仕事をしていれば、応用も効くようになり、要望された仕事に的確に対応することができます。

情報収集力

特にIT分野においては、日々技術がアップデートされ新しい技術が開発されているため、どんどん新しい知識を吸収し、仕事に生かしていく必要があります。ネットの情報だけでなく、セミナーに参加するなど情報収集力を高めておく必要があります。

自己管理能力

フリーランスは仕事のスケジューリングを自分で行う必要があるため、仕事と私生活とのバランスを考えて仕事をする自己管理能力が必要です。予定工数や優先度などの管理はクライアントへの信頼にもつながります。

業種別!フリーランスに必要なスキルセットは?


フリーランスの「スキルセット」とはどのようなものが必要になってくるのでしょうか。「スキルセット」の意味だけでなく、エンジニアやプログラマ、web制作に必要なスキルセットについてみていきます。

「スキルセット」の意味

「スキルセット」とは、自分が持つ知識や技術をまとめたものです。技術のスキルだけでなく、業務経験のスキルも併せてパッケージ化したものといえます。自分を売り込み、信頼を得るための「スキルセット」は重要です。

エンジニアに必要なスキルセット

web系、組み込み開発系、ゲーム系など専門的な知識を必要とするエンジニアの世界。開発言語の能力だけでなく、デバックの知識、クライアントとのコミュニケーション能力など複合的な能力が必要とされます。

エンジニアに必要なスキルとスキルアップ方法
エンジニアに必要なスキルとはどのようなものでしょうか。技術の移り変わりが激しい業界では日々スキルを磨かなければなりません。こちらではエンジニアやseに必要となるスキルと、スキルアップするための方法を細かく紹介します。

プログラマーに必要なスキルセット

C言語やアセンブラなどの知識、デバック方法、コミュニケーション能力やレポート作成の知識、ハードウェアやソフトウェアの知識など幅広い知識をスキルセットとすることが必要です。様々なスキルセットを身につけていると仕事に幅をもたせることができます。

Web制作に必要なスキルセット

制作、開発に必要なHTMLやCSSなどの知識とデバック業務の知識、デザイン系ではPhotoshopやデザインする能力などがスキルセットとなります。web全般の知識があれば、総合的な仕事の依頼も受注できるようになるでしょう。

ライターに必要なスキルセット

文章力、企画力、リサーチ力が必要となります。黙々と文章を制作するイメージがあるかもしれませんが、クライアントの意向を汲み取って記事にするためのコミュニケーション能力も重要です。また、タイピング速度も単価を上げる鍵となることもあります。

フリーライターための方法と必要なスキル
コラムニストやエッセイストライターなどライターの中にも様々な職種がありますが、全てのライターで共通する必要なスキルとスキルアップをする方法を紹介します。

スキル不足を解消するには?


スキル不足のために受注できない仕事があると、多くの仕事を獲得することができません。仕事の幅を広げていくためにも、働きながらスキル不足を解消していくことが大切になってきます。フリーランスになってからスキルを身に着けていくことは可能なのでしょうか。

仕事をしながらスキルを身につけることも可能

スキルセットを充実させ、自分自身をレアカード化するためにも、スキルアップする事やスキルの幅を広げていく事は重要です。できる範囲の仕事だけでなく、挑戦的な仕事も行って、新しい経験と知識を身に着けていきましょう。

セミナーに参加

セミナーは各地で開催されています。仕事の幅を広げるためには新しい技術を身につけるのは大切です。受講内容や、取得したい資格、主催者の経歴などを確認し、自分のニーズに合ったセミナーを探してスキル不足を解消できるセミナーに参加しましょう。

セミナーでは技術的な話や成功のノウハウを学ぶことができます。また、セミナーに参加する事で主催者以外に参加者との交流もうまれ、人脈を広げることができるでしょう。ただし中には悪質なセミナーもあるので注意が必要です。

フリーランスのセミナーのメリット・デメリット
フリーランスのセミナーとはどういったものでしょうか。各地で開催されているセミナーのメリットとデメリットを詳しく紹介します。

スクールに通う

仕事をしながらでもスクールに通うことは可能です。隙間の時間を見つけて、休みの日や仕事終わりに通うこともできるでしょう。オンラインで学べるスクールも存在するので自宅にいながら勉強することもできます。

ある程度の費用はかかってしまいますが、スクールではカリキュラムに沿って学ぶことができるので、効率良く実践的なスキルアップをはかれるでしょう。独学が苦手、受け身体質な方でも挫折しないで学習を継続できるかもしれません。また、スキル以外にも業界にコネクションができることや、仕事を紹介してもらえるといった特典もあります。

独学で学ぶ

書籍やインターネットで知識を学ぶことも必要です。学習教材は多く存在しているため、自分に必要なスキルを得るための教材を見つけることができるでしょう。

独学で勉強する際には、いつまでにどの程度の知識を得るのかといったスケジューリングが重要となります。進捗状況を確認しながら積極的に知識を身につけましょう。

フリーランスの仕事探しはエージェント経由で!


フリーランスの場合、仕事は人づてやwebなどでの営業がメインとなります。しかし、自分なりの「スキルセット」を生かしたい、違う分野の仕事を経験してみたいといった要望がある場合エージェントに登録してみるというのもおすすめです。

フリーランス専門のエージェントを利用

クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントを利用すると、自分の考えている知識を活かせる仕事を紹介して貰うことができます。仕事の幅も広がりますし、新しい知識を身に着けるチャンスを得ることができるでしょう。

フリーランスのエージェント・サイト
フリーランスになったが自分に合った仕事が見つからないという経験がある方もいるのではないでしょうか。フリーランスのためのエージェントや情報サイトを紹介します。

まとめ

フリーランスとして働く場合のスキルについてみていきました。コミュニケーション能力や情報収集能力、理解力などが基本的なスキルとして必要といえます。これは会社員時代に養ったという方も多いかもしれません。フリーランスとして仕事をするためには、この基本スキルにプラスして専門的な知識の「スキルセット」が重要になってきます。既存の知識を磨くだけでなく、新しいスキルを身に着けて仕事の幅を広げていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る