SEの独立のメリットとは?失敗しないために知っておきたいこと

SEやプログラマーなどエンジニアの独立とはどのようなものなのか、独立することでどのようなメリットを得ることができるのか。独立に向いているエンジニアの特徴や注意点なども含め、独立を考える場合に気になるポイントについて見ていきます。

SEやプログラマーなどエンジニアの独立とは


「独立」として考えられるのは、起業する・フリーランスとして働く・コンサルタントに転身などですが、その中でも自由度が高く、新たな一歩を踏み出しやすいのがフリーランスです。エンジニアの独立とは具体的にどのようなものでしょうか。

フリーランス(個人事業主)になる

エンジニアとしてフリーランスになった場合、企業に常駐して働くケース、在宅ワークをメインとして仕事をするケースのどちらかが主な働き方となります。仕事を得る方法として、クラウドソーシングサービスや求人サービス等を利用するケースがあります。

起業する

個人的にというより、仲間のSE等が集まって起業するケースが多く、顧客の確保や将来的なビジョンが明確で新たな領域を開拓しようというモチベーションが大切になってきます。やりがいも大きく、収入アップの可能性も秘めています。

SEなどのエンジニアが独立するメリット


独立するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。現在よりも収入がアップしたり、自分のやりたい仕事を選び、さらに自由な時間を増やすことができたりします。具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきます。

働いた分収入増加につながる

会社員として働く場合、給与、昇給月等が決まっているため、仕事の対価としての収入には不満を感じる方もいます。独立すると、自分のスキルや仕事内容が評価され、収入に反映されるため収入増加につながります。

時間の使い方が自由になる

会社員のように就業時間が決まっているわけではないため、時間の使い方が自由であるというメリットがあります。仕事に集中して取り組んだり、長期休暇を取ることも可能です。家庭との両立もしやすくなります。

好きな場所で働ける

常駐でない限り、仕事をする場所が決まっている訳ではないので、在宅ワークでもいいですし、カフェやレンタルオフィスなどで作業をすることもできます。場所を選ばず、自分の働きやすい環境を選んで仕事ができるのはメリットといえます。

スキルを高められる

新しい分野の知識を吸収したい時、その技術に特化した仕事に携わってみることもできますし、セミナーに参加したり、異業種交流イベントなどで貴重な情報を得ることもできます。自分のスキルを高めるのも自分次第というのも魅力の一つです。

独立が向いているSEなどのエンジニアの特徴


独立するということは、自由度も高いですが、その反面責任も重くなるという事は言うまでもありません。独立に向く人にはどのような特徴があるのでしょうか。メンタル面、社交性など具体的にみていきます。

メンタルが強くポジティブ

独立した場合、クライアントとの交渉や営業などすべて自分で行う必要がでてきます。スムーズに事が運ぶ場合ばかりではないので、メンタル面の強さやポジティブな考え方ができるかが重要になってきます。

コミュニケーション能力が高い

自分のやりたい仕事の幅を広げていくには、人脈はとても大切です。仕事やセミナーで関わった方と一緒に仕事をしたり、仕事を紹介して貰うこともあるかもしれません。コミュニケーション能力の高さは強力な武器になります。

柔軟な対応ができる

クライアントの要望を理解し、急な変更等に対応できる柔軟性もエンジニアとして独立する上で大切です。新しい知識を吸収して、様々な課題に取り組めるように常に対策を練っておく必要があります。

社交的で人脈がつくれる

コミュニケーション能力とともに、社交性は人脈を広げる上でとても大切です。一人でできる仕事だけでなく、大規模なプロジェクトなどでは、複数のエンジニアと共に仕事をすることになりますので社交性が高いことは大きなメリットとなります。

SEなどのエンジニアが独立で注意すること


独立する上での注意点について。独立した場合、クライアントと直接契約することになりますので、仕事上のトラブルだけでなく、契約金の問題や営業の問題など注意すべき点があります。

適正な金額で契約する

初期の段階での契約では、仕事の内容と自分のスキルとのマッチングなどにより、適正価格よりも低い金額で契約してしまう場合があります。仕事を得ることは大切ですが、将来的な事を考えて、相場から離れない適正な価格で契約できるように交渉する必要があります。

前の勤務先との関係を良好に保つ

独立して働く場合、仕事をこなしながら、自ら営業し新規のクライアントを探すというのはかなり困難といえます。そんな時に大切なのは人脈です。前の勤務先からの紹介というのも少なからずあると考え、良好な関係を保つようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。SEやプログラマーとして独立することで、時間的な拘束がなくなり、収入アップが期待できる反面、仕事に対する責任も重くなってきます。契約やその他の雑務の問題など独立について不安要素がある場合は、まずクラウドテックのようなエージェントサービスに登録して相談してみることをおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る