SEを辞めたいときの対処法とは?転職やフリーランスも選択肢

システムエンジニア(SE)を長年やっていると、将来が不安になり転職や独立を考えたことはありませんか? SEが持つ不満はどんなものがあるか、辞めたいと考える理由や、辞めた場合にどんな働き先があるのか紹介していきます。

SEを辞めたい人に多い理由

給料が安い

一般にシステムエンジニアと言っても業務はいろいろな種類があります。アプリや汎用機の設計は比較的給料が高いですが、通信制御系の設計は標準的です。

それなのに給料が安いとはどういうことでしょうか。それはもらえる給料に比べて働いている時間が長いためです。1時間当たりの単価で計算すると他の業種に比べると安く感じてしまうのかもしれません。

業務量が多くハード

システムエンジニアの業務は幅広く、いろいろなことをやらなければなりません。上級SEなら基本設計から結合テスト、もしくは本番化やフォローまで行うことがあります。中級、初級SEでも詳細設計から単体テスト仕様書の作成まで様々な業務があり、他業種と比べてもハードです。

また、スケジュールを守るために徹夜をすることや、休日出勤を余儀なくされることもあります。睡眠不足などから体調不良を起こすこともあるでしょう。

労働時間が長い

「業務量が多くハード」でも触れましたが、そのしわ寄せは労働時間の長さというところに表れてきます。残業はもちろんのこと、休日出勤、スケジュールによっては徹夜もあるため労働時間が伸びる傾向にあるのです。そのため業種別に平均残業時間を算出した場合でもSEは比較的上位にランクされます。

原因の1つとては見積が甘く、スケジュールが厳しくなってしまうことです。隠れた仕様が見つかったり、要件が変更されても納品時期が変わらない場合があります。再設計はテストにも影響してきますので、さらに労働時間が長くなるのが問題です。

また厳しいスケジュールで納品した後、フィードバックで工数の見直しが発生するケースがあります。しかし管理者の方が次の案件でも同様の期間を要求した場合、スケジュールを甘くすると却下されてしまうことがあり、そうなると労働時間を短くするのは難しくなるのです。

上司と折り合いが悪い

元々SEをしていた方が上司だった場合はいいのですが、営業や経理から異動してきた場合など専門違いの上司になった場合は注意が必要です。

見積時にリスクが抜けていたり、受注することが目的となってしまい見積工数の削減をさせられたりすることがあるのです。そのことが原因で上司と折り合いが悪くなり、会社に居づらくなってしまうケースもあります。

技術の進化に対応するのが辛い

ソフトウェア関連は技術も日進月歩で進化していきます。WindowsがメインだったソフトウェアもWEBが幅を利かせてきました。今ではスマートフォンのアプリなど幅広いです。 それぞれユーザインターフェイスが異なるので覚えることがたくさんあります。

また新しい言語が登場した時に、メリットデメリットを研究し、今回の案件で使えるかなど調べることも必要です。最先端の技術だとネットに情報がないこともあるのでセミナーや本などからも知識を得なければなりません。

30代半ばからのキャリアプランが立てにくい

SEには昔から「35歳定年説」がありました。今でこそ40代、50代でも一線で活躍されている方もいらっしゃいますが、大きな会社などは管理職にステップアップが必要になります。もしくはプロジェクトマネージャーとしてスケジュール管理がメインで活躍するなどが考えられます。

SEを辞めたいときにおすすめの転職先

社内SE

SEもいくつかの業務形態があります。1つはユーザ(顧客)から仕事をいただいて業務を行うパターンです。これが一般的で業務量やスケジュールで苦労する要因の1つになります。

その他に海外へプログラミング業務を投げるブリッジSEもあります。こちらの業務では海外の方との折衝がネックです。言葉が伝わりにくいためわかりやすい日本語で設計書を書く必要があり、通常より設計に時間がかかります。

最後に今回お勧めとしている社内SEです。社内業務のシステム設計なので無理なスケジュールを言い渡されることもなく、比較的自由に動くことができます。社内の人間との折衝なのでスケジュールも緩やかに作成することが可能でしょう。

ITコンサルタント

システムの提案や課題解決の方針決めなど、SEより深い知識が必要な業種です。システム分析や品質管理などよりユーザに近い形での仕事となります。業務は大変ですがその分給料が高いのが特徴です。

SEの年収から200万~場合によっては500万近くUPすることもあります。マネージメント経験やクライアントとの折衝などが苦手でない方に向いています。

働き方を変えることも選択肢

フリーランスのSEになる

転職して会社に所属するのではなく、フリーとなる方法もあります。最初は収入が安定しませんが慣れてくると、好きな時間に働くことができますし、好きな仕事を選ぶこともできます。

フリーランスとしての仕事を探すサイトとしてクラウドテックがお勧めです。職種や言語で仕事を探すことができますし、担当に仕事を紹介してもらうこともできます。思い切り仕事をして完了後は1か月休むなど自由な働き方ができるため心にゆとりを持てます。

派遣のSEとして働く

自分のスキルに自信がない場合は、派遣のSEとして働くこともできます。身に着けたい技術を習得できそうな派遣先を選ぶことが大事です。派遣SEとして技術を磨きフリーランスへステップアップがよいでしょう。

まとめ

SEは激務ですが将来に向けての下積み時期と考えると重要さがわかります。自分に必要な知識や技術が何なのかを見極め、身に着けていくことが重要です。体を壊さないように気を付けながら、ITコンサルタントやフリーランスを目指しステップアップしていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る