セールスエンジニアの年収は?仕事内容や取っておきたい資格とは

エンジニア系の仕事で見かけることのあるセールスエンジニアは、職種名を見ただけではエンジニア業なのか、セールス業なのか判断が難しい職業となっています。今回はそんなセールスエンジニアがどういった仕事をしているのか、待遇面ではどうなのかなどご紹介します。

セールスエンジニアは「営業」?

セールスエンジニアの仕事内容

セールスエンジニアは、日本語で技術営業と呼ばれることもある職業で、販売目的の営業職と作業目的の技術職の両方を合わせ持った仕事です。セールスエンジニアがいるのは主にソフトウェアや電子機器を取り扱う企業で、営業に行くときは営業担当と一緒にクライアントへ訪問します。

クライアントへ訪問し、営業の仕事である自社製品の販売促進を行い、クライアントに自社製品を導入するときの助言を、技術者として行うことが主な業務になります。営業後にはサポートとしての仕事もあるため複数のクライアントを並行して仕事を行います。

営業との違い

営業とセールスエンジニアの大きな違いは、取り扱っている製品の専門性にあります。通常の営業は自社製品をクライアントに売り込むために交渉などを行い、売上に貢献することが仕事です。

セールスエンジニアは取り扱っている製品の専門性が高いことから、クライアントに製品を説明するために知識が必要になります。そのためセールスエンジニアはエンジニアからの転職者が多く活躍しています。

セールスエンジニアのやりがいと魅力

通常のエンジニアとは違いクライアントへ直接会うことができるため、営業が成功したときは大きなやりがいを感じることができるでしょう。またクライアントの元へ足を運ぶため、一日中部屋に籠ることが苦手なエンジニアには会社の外へ行けること、話すことが好きな方には営業で多くのクライアントと話す機会があることなども魅力と言えます。

セールスエンジニアの気になる年収

平均年収は約650万円

セールスエンジニアの平均年収は約650万円で、他業種に比べると高い平均年収です。しかし専門的な知識・スキルが必要なこと、営業から導入後のサポートまで行うことから、仕事内容は幅が広く忙しい職種です。

また営業した製品のトラブル対応やクライアントへの定期訪問なども仕事の一環となるため、セールスとエンジニアのバランスを取ることが難しいとされています。

キャリアプラン

セールスエンジニアは何年かエンジニアをしていた職歴を持っていることがほとんどです。そのため転職後は営業としてのノウハウを学びつつ、製品についても勉強します。セールスエンジニアとして活躍後は、さらに専門性が高い製品のセールスエンジニアを続けて行うこともあります。

セールスエンジニアが多数所属している企業であれば、セールスエンジニアのマネージャーとして働くこともあります。そのほかにはエンジニアに戻る方も入れば、そのまま営業に行く方もいます。さまざまなキャリアプランが組めることもセールスエンジニアの特徴です。

セールスエンジニアとシステムエンジニア(SE)との違いとは?

セールスエンジニアはプログラミングなどをほとんど行わない

セールスエンジニアとシステムエンジニアの大きな違いは、設計やプログラミングを行わないことにあります。セールスエンジニアは商品を営業して商品導入後のサポートも行う職種であるため、会社でプログラミングなどを打つことはほとんどありません。

しかしプログラミングなどを行わないとしても最新技術や自社製品のメリットなどの知識は蓄えておく必要があるため、エンジニアとしての勉強は欠かすことができません。

業務知識の必要性

業界のマナーなど業務知識も大事です。システムエンジニアであれば業務知識がないと不便な思いをするだけで済みますが、セールスエンジニアは直接クライアントと話をするため、きちんと知っておく必要があります。

業務知識がなければ営業することもうまくいかず、クライアントから相手にされなくなることもあるため、営業としての仕事がなくなってしまうおそれがあるため注意しましょう。

セールスエンジニアを目指すなら取るべき資格

通常の営業からセールスエンジニアを目指す

通常の営業職からセールスエンジニアになる場合には、エンジニアの知識を学ぶ必要があります。簡単なところから勉強するのであれば、国家資格であるITパスポートを取ることが良いでしょう。ITパスポートは最低限のIT知識を持っている証明になります。

ITパスポートの資格を取得したのち、基本情報技術者という国家資格も取っておきましょう。基本情報技術者はエンジニアとして初級レベルの知識を持っていることになります。このように簡単な資格から取得していき、エンジニアとしての知識を深めていくことが一般的です。

通常のエンジニアからセールスエンジニアを目指す

エンジニアとして腕を磨いている場合は、すでにエンジニアの仕事内容である設計を行っていることもあります。設計についてはクライアントと話す機会も多です。この設計を繰り返し行っていくと、クライアントと営業からの信頼が厚くなり、自然とセールスエンジニアに似た仕事内容になります。

まとめ

いかがでしたか。エンジニアの経験を生かした転職がしたい方には、最適な職業と言えます。しかし営業のノウハウがないと、クライアント間でトラブルになってしまうこともあるため営業知識も必要になります。興味がある人は知識を身に付けてセールスエンジニアの道も検討してみてください。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る