ファシリテーションとは?意味とファシリテーション力アップの方法

ビジネスシーンでよく目にする単語の「ファシリテーション」。なんとなくの意味は知っていても、実際に使用するとなると戸惑ってしまいませんか?ここでは「ファシリテーション」の正しい意味を理解し、「ファシリテーション力」を向上させましょう。

ファシリテーション、知ってますか?

会議の活性化に欠かせないスキル

「ファシリテーション」とはどのような意味でしょう?英語では「Facilitation」という単語です。会議やミーティング、プロジェクトなどの場面で、活動がスムーズに進むように支援すること、またその能力のことを差します。

具体的には、参加を促したり、参加者の意見・発言を引き出したり、議論を整理したりする活動です。こうした働きかけにより参加者のモチベーションが向上したり、合意形成や相互理解が深まったり、成果を上げるなどの結果を生みます。会議の場面、問題解決やプロジェクトが円滑に進むためには欠かせない能力だといえるでしょう。

進行役はファシリテーター

会議などで上記のような役割を担う人のことを「ファシリテーター」といいます。ファシリテーターは基本的に会議の意思決定には関与せず、会議のセッティングや進行、メンバーの意思決定のサポートを行うのです。
ファシリテーターには様々なスキルが必要になってきます。会議で発言を引き出すためには、個々人への働きかけ、適切なタイミングでの論点の整理や提示が必要です。意見を整理するには、論理的思考や客観的視点、図示などでの情報の見える化が求められます。

いずれにせよ、会議をスムーズに進める進行役であるファシリテーターには「先入観を持たない」「会議を前に進めるための前向きな姿勢」が不可欠です。

人や組織を変えるファシリテーション

ファシリテーションは人や組織を変える力も持ちます。「人を変える」場合、例えば参加型の人材育成研修やキャリアデザインなどに用いられたり、学校教育に応用されることもあり、内面的な活性化にも役立ちます。

何よりビジネスシーンで役立つのは「組織を変える」ファシリテーションです。チームで何かを成し遂げる必要があり、スピード感と成果が求められる場面は多いものです。そこでファシリテーションを活用することで、問題解決が円滑に行われ、組織の活性化につながります。そのほか、大人数で活動することが多い、まちづくちやNPO活動など社会的組織の運営にもファシリテーションは役立ちます。

ファシリテーションの進め方、コツは?


では、実際にファシリテーションを進める際の注意点やコツについて考えてみましょう。難しく感じるかもしれませんが、実際に行っていくことで慣れていく面もあるので、積極的に取り組んでみたいものです。

会議の場をデザインする

意外に感じるかもしれませんが、会議に入る前からファシリテーションは始まっています。議題に最適なメンバーの選定、会議時間の設定と時間配分などが基本です。また、会議場所も実は重要なポイント。会議の雰囲気によって意見が出やすくなるような場所を設定することも必要になります。その後のプロジェクト進行を左右するので、初期段階でのメンバー構成や議題の設定、雰囲気づくりは非常に重要です。

意見を引き出し、受け止める

会議が始まったら、メンバーからの積極的な発言、活発な意見交換を促しましょう。場合によっては質問をしたり突っ込んだりして、深い意見を導くこともあります。ファシリテーターはメンバーの意見をしっかりと受け止め、意味や思考を引き出す役割を担うのです。ポイントとなる意見を復唱したり、時にはメンバーの非言語的なコミュニケーションにも気を配る必要があるでしょう。

意見を整理し、絞り込む

上記に従い、発言を促して集まってきたアイデアをしかるべきタイミングで整理しましょう。論理的に思考し、議題を考慮しながらアイデアを絞り込んでいきます。時には図解も交えながら整理することで、メンバーにも理解を促すことができるのです。意見整理のためのツールやロジカルな考え方をいくつか知っておくと役立ちます。

まとめて、わかち合う

議論の終盤には意思決定のプロセスに移っていきます。メンバーの合意形成が必要であり、もっともファシリテーターの力量が必要になる場面です。客観的な視点を忘れず、ロジカルに結論を決定していけるように気を付けます。議論終了後には内容を振り返り、次回への確認作業を行います。

ファシリテーションのメリットは?


ここまでファシリテーションの方法について解説してきましたが、そもそもファシリテーションにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ビジネスシーンでのメリットについて考えてみます。

会議の時間が短縮できる

ファシリテーションで分かりやすいメリットとしては、会議の時間が短縮できることです。まず会議を始める前から場づくりを行うことで、ムダが減らせます。「本当に会議が必要か」といった検討から、議題の整理、メンバー選定、時間設定を行うことでスムーズに会議が進みます。

アイデアが出やすくなる

メンバー集めから気を配り、発言を促し議論の流れを整理するファシリテーションがあるだけで、会議でアイデアが出やすくなります。メンバーも議論が活性化することで相乗効果により、さらに新しいアイデアが出やすくなるという好循環になります。

参加のモチベーションが上がる

ファシリテーターがメンバー全員の意見を聞きだし、尊重しながら議論を進めるので、議論が促進するのです。議論が停滞するとモチベーションが低下し、参加意欲が失われてしまいます。またファシリテーションにより議論が整理されながら結論を出すことに向かって進んでいくので、達成すべき目標が明確になり参加意欲が高まります。

生産性が向上する

また、効率的にメンバーの意見を集め、内容をロジカルにまとめるので、限られた時間でも結論を出すことができます。「会議が何回も行われているけれど、結論が出ない」「会議の目的を見失ったまま長時間続いている」という会議に出席した経験はないでしょうか?

ファシリテーションでしっかりと先導を取れば、会議が迷走することなく結論にたどり着きます。生産性向上につながるでしょう。

ファシリテーションのスキルを身に着けるには


会議の生産性が向上し、参加メンバーのモチベーションも向上するのがファシリテーション能力です。ファシリテーションのスキルを身に着けるためのツールについて解説します。

ファシリテーションの基本がわかる本

『ザ・ファシリテーター』(森時彦、ダイヤモンド社)
『ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法』(堀公俊、加藤彰、日本経済新聞出版社)
『ファシリテーション入門』(堀公俊、日経文庫)
『ワークショップデザイン―知をつむぐ対話の場づくり 』(堀公俊、加藤彰、日本経済新聞出版社)
『ファシリテーターの道具箱』(森時彦、ファシリテーターの道具研究会、ダイヤモンド社)

ファシリテーションの研修

NPO法人 日本ファシリテーション協会
ファシリテーション基礎講座(公開セミナー)
株式会社インソース
ファシリテーション研修

まとめ

ファシリテーションは、会議やプロジェクトを運営する上でもはや欠かせないものとなっています。ファシリテーション力を向上させることで、より生産性が高まり、会議の質も向上します。必要な能力を学び、会議の現場で積極的にファシリテーターを務めてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る