WEBデザイナーの面接のポイントとは?よく聞かれる質問を紹介

WEBデザイナーとしてスキルを身に付け、企業で活躍したいと採用面接に臨む。いったいどのようなことを質問されるのか、お悩みの方も多いと思います。今回は、WEBデザイナーの面接の際よく聞かれる質問について詳しく見ていきましょう。

WEBデザイナー面接の準備

必要なスキルを身に付け、いざ企業に就職するために面接に向かう前に、前もって準備が必要です。具体的にどのような準備をしていくのか、説明していきます。

ポートフォリオサイトをつくる

自分がWEBデザイナーとして活動し、これまでどのようなものを作ってきたのかをアピールすることが大事です。口頭で説明するよりも、ポートフォリオを作って制作実績を見せるのが重要になります。技量や知識を見極めることはもちろん、センスの良さが伝わることで採用率も上がるはずです。

ポートフォリオを用意

ポートフォリオは、WEBと紙媒体の2種類に分けることができます。USBなどにデータを保存することで、手軽にアピールすることができます。しかし、紙媒体のポートフォリオも用意しておくことも大切なのです。

確かにWEB媒体のポートフォリオは、作品に動きを加えた状態で見せることができ、自分のスキルを理解してもらいやすくなります。ただ、面接会場にいつでもデータを読み込める環境があるとは限りません。

場合によっては見せることができないこともあります。紙媒体のものを用意しておけば、すぐに準備することが可能です。また、面接官だけではなく上司にすぐ見てもらえるため、臨機応変に対応しやすくなります。

WEBデザイナーの面接の服装は?

WEBデザイナーは、実際の現場では私服で業務することが多いです。では、面接ではどのような服装が好ましいのか、解説します。

清潔感のある身だしなみが基本

面接は、基本的に第一印象が大切です。WEBデザイナーとしてのスキルが高いだけでは、必ずしも採用してもらえるとは限りません。清潔感がなく人に不快な印象を与えてしまうと、一緒に働く人間として認めてもらえないこともあります。

WEBデザイナーは、人とコミュニケーションを取る機会も多い傾向があるのです。そのため、常に身だしなみを整えておくことが重要になります。

服装は自由でもオフィスカジュアルで

多くの企業では、WEBデザイナーの服装は自由とされています。面接時も、とくにスーツである必要はありませんと言われることもあるでしょう。しかし、最低限TPOに沿っている必要があります。

服装も第一印象に影響するため、不快な印象を与えかねないものはいけません。男性女性ともに、シャツやカーディガン、清潔感のあるジーンズやスカートの着用が適しています。とくに白いトップスは、全体のスタイルを爽やかに見せ、印象を良くする効果が望めるはずです。

WEBデザイナーが面接で聞かれること

面接に臨んだときには、どのような質問をされるのかをご紹介します。企業によって様々に変化はしますが、聞かれる可能性が高いものをピックアップしますので、しっかり確認していきましょう。

WEBデザイナーを目指した理由

業務の志望動機と同じく、なぜWEBデザイナーを目指すことになったのかという理由は多くの面接で聞かれるはずです。WEBデザイナーは、専門的な要素が強く自ら希望して就く職業と言えます。そのため面接官も、どういった動機で目指したのかを聞き、人材としての将来性を見定めようとするでしょう。

WEBデザイナーとしての強み

自己アピールをすることも、通常の企業の面接と同じく大切な要素です。また、WEBデザイナーとしてどれだけ高いスキルをもっていても、企業の求めるものと一致しなければ採用は難しくなります。

できるだけ会社をリサーチして、求める像を明確にすることが重要です。その情報を元に、目的に近い強みをはっきり伝えましょう。

どのようにしてスキルを身につけてきたか

これまでどういった学習方法でスキル、知識を身に付けてきたかも質問される可能性があります。この質問は、WEBデザイナーとしてどれだけ主体的に学ぶ意欲があるのかを見極めるために聞かれる傾向があるのです。積極的に学んできたことを具体的に伝えることが大切です。

トレンドなどの情報収集の仕方

WEBデザイナーは、常にトレンドに対して敏感でなければなりません。流行を知ることで効果的なデザインをすることができ、センスも磨かれます。

海外のサイトに常にアンテナを張っている、WEBデザイナー仲間と、定期的に情報交換をするようにしているなど具体的なことが言えるのが理想です。サイトも具体的な名前を出し、有能なものを参考にしていることをアピールすることが重要になります。

(ポートフォリオの)作品の意図

自分の持ってきたポートフォリオを見て、気になった点を質問されることが予想できます。あやふやな回答ではなく、はっきりと作品の意図を話せると、コミュニケーション力もアピールすることが可能です。そのためあらゆる方面から質問されることを想定し、事前に準備をしておくようにしましょう。

将来の目標

企業は、入社した後に企業が目指す方向と合っているかどうかを確認するために将来の展望を質問します。自分の目標をただ話すだけで、まったく企業の目的と合致しないのなら逆効果になることもあるのです。企業の目標を踏まえつつ話すことが重要です。

まとめ

WEBデザイナーとして明確な目標をもつことは大切です。しかし、企業に沿った人材であることが重要になるため、いかに自分が企業で活躍できるかを重点的に考える必要があります。また、面接はスキルだけではなく見た目の第一印象にも気を配りましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る