【未経験者必読】インフラエンジニアの仕事内容と目指すためのコツ

インフラエンジニアがどのような仕事をしているか、必要な資格について紹介します。インフラエンジニアは、ネットワーク構築の業務全般に関わるエンジニアです。業務内容が多岐に渡りネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの領域への理解もある程度必要となります。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアは3つの業務がある

インフラという言葉はインフラストラクチャーの略で、生活や産業などを行うために必要なサービスや施設のことです。ライフラインである電気や水道、ガスなどもインフラに入っていて、日頃から利用しているものになります。

インフラエンジニアはITのインフラをしている職業のことです。サーバー構築やネットワーク管理などを行うことが業務になります。このインフラエンジニアの仕事は3つに業務を分けることができます。

設定・要件定義

ITインフラを作る際に、しっかりとした設定を作る業務です。クライアントより求められたITインフラを作るために必要な機能や性能を把握し、どのように実装・作成していくか要件を落とし込んでいく作業のことを要件定義と言います。

この要件定義はクライアントとインフラエンジニアが何度か意見交換して作っていきます。最終的なITインフラのスペックと予算を決めて、誰が見てもわかる計画書を作成することが主な業務です。ネットワーク周辺機器の性能などに詳しく、費用対効果についても把握して最適な機器を選ぶことが重要になります。

構築

作成した計画書を元に、実際にインフラを構築していくことが業務です。インフラに使うソフトウェアのインストールや設定、動作や負荷のテストを行うのはもちろんのこと、ITインフラを行う現場に必要な機器を運搬したり、機器の組み立てを行ったり、配線で接続するような現場の業務も行います。

構築後の動作確認では、負荷の限界について調べる必要があり、負荷に強く整備しやすいインフラを構築することが重要です。使用するOSはLinuxが多いですが、クライアントはWindowsを使用することが大半なので、どちらの知識も必要になります。

運用・保守・管理

構築し終わったインフラが正常に動作しているか管理・保守する業務です。もし何か異常が発生した場合は異常の原因を調べ、復旧作業を迅速に行います。クライアントにとってITインフラが止まることは損失の発生に繋がるので、異常に対して早急な対応することが求められます。

クライアントから運用・保守・管理を任されているインフラエンジニアは、異常が起きたときに迅速な対応がとれるようにトラブル対処に必要な知識やスキルが必要となります。

ネットワークエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアの業務はネットワーク関連に限定したものになります。作業は主に3つに分けられ、ネットワークの「設計・提案」、「構築・保守」、「運用・監視」です。

インフラエンジニアは企業によって業務領域が様々で、職域は厳密には完全に分けることができません。例えばインフラエンジニアがネットワークエンジニアやサーバーエンジニアの業務を行う場合もあります。

サーバーエンジニアの業務・資格・年収について
ネットワーク上で様々な機能やサービスを他の端末に提供するサーバー。サーバーを構築、運用するサーバーエンジニアの需要が高まっています。ここではサーバーエンジニア必要なスキルや資格について解説します。

インフラエンジニアのやりがいは?

縁の下の力持ち

インフラエンジニアは地味な業務が多いイメージを持ちますが、ライフラインである電気・水道・ガスのインフラ同様に、クライアントの仕事を助ける大切な業務です。現代はITがないと仕事にならないほど重大なものになっており、システムが止まると損害が出てしまいます。

そういった損害を出さないように、しっかりとしたシステム運営をする縁の下の力持ち業務なので、多くの仕事を助けることができることは大きなやりがいだと言えます。

もしものときに頼ることができる存在

一般的にインフラエンジニアでない限りは、自分の企業で使われているシステムについて詳しく知っている人はごく少数です。そのためシステムに異常が生じた場合、頼ることができるのはインフラエンジニアとなります。

システムに復旧のために原因を判断し、迅速に対応する必要はありますが、それをできるのはインフラエンジニアだけです。そのため頼りにされることもやりがいと言えるでしょう。

インフラエンジニアの年収は?

インフラエンジニアの平均年収は456万円

インフラエンジニアは同じIT系の仕事と比べ、高い方に分類されますが、企業規模によって左右されてしまうため、一概に高いか低いかを比べることができません。平均的な30代では約430万円以上の年収が見込まれています。

年収は地域によっても違いが出ており、東京都と北海道では数百万円の差がついていることから同じ年代でも年収に大きな差が開いてしまうことがあります。

キャリアプラン

大手企業のインフラエンジニアであれば役職に就くことで年収も上がっていき、主任と部長で平均年収の差を見てみるとほぼ倍の差がついています。年収以外では、インフラエンジニアの仕事を続けていくことで、すべての業務を行えるようになり、さらに待遇の良い職場へ転職することも可能になります。

もちろん同じ企業で続けていくことも重要ではありますが、常に変化し続けているIT業界をさらに知り、自分のスキルアップを行うためにも転職を行うことは悪くありません。

ITエンジニアの種類と年収について
ITエンジニアは、特定の業種を指し示す言葉ではありません。システムや設備を構築・管理・整備をする技術職の総称です。ここでは具体的にITエンジニアの仕事内容とそれぞれの年収について解説します。

未経験からインフラエンジニアを目指すために取るべき資格は?

CCIE

世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社のCisco Systems社が認定するベンダー資格で、ネットワーク資格の最高位と言われる資格です。難易度が非常に高くCCIE取得者は人口の3%未満とも言われています。

この資格より簡単なもので、CCNP・CCNA・CCENTがあり、CCNPとCCNAはネットワーク関連の資格の中でも有名です。2つとも持っていればプロフェッショナルな知識を持っていることの証明になります。

LPIC

NPO法人Linux技術者認定機関のLPIが認定するLinux技術者認定資格で、今後も需要が増え続けるLinuxの資格になります。Linuxを導入している企業のエンジニアになるために取得しておきたい世界共通の資格で、一部の企業ではLPICを取得している社員に報奨金や昇給などを行うこともあります。

LPICは3つのレベルがあり、未経験者であれば初級であるレベル1でLinuxの基本スキルを取得するところから始めましょう。

インフラエンジニアを目指すなら読むべき本

1週間でLPICの基礎が学べる本 第2版

LPIC の合格を目指す人に向けて、初心者でも試験対策がしっかり行えるようにLinuxの入門書といえる1冊。図解入りで分かりやすい言葉で解説されています。Linuxを基礎から学びたい人におすすめです。

インフラエンジニアの教科書

LINE社のインフラエンジニアである佐野裕の著書。自身の実体験を元にどうすればインフラエンジニアになれるのか、インフラエンジニアの仕事内容、求められるスキルや知識について分かりやすく解説しています。

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門

システム全体を設計する上で必要なネットワーク設計の基本をまとめた内容。オンプレミス(自社運用)なサーバサイトのネットワーク構築に必要な基礎技術と設計のポイントを、実践面から解説しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。インフラエンジニアはIT業界には必要不可欠な職業で、さまざまなITインフラを支える縁の下の力持ちのような存在です。目立たない職業に見えますが、いざというときにその力を発揮し、システムの異常時にその存在感を表します。未経験から目指すことができる長期的安定感のあるキャリアです。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る