フリーランスは事業用クレジットカードを作れる?発行されやすくなるには

フリーランスになると、クレジットカードの作成が難しくなることがあります。こちらの記事では、特に事業用クレジットカードについて、発行が難しい理由とともに、審査に通りやすい作り方を紹介していきます。事業用のクレジットカードを作ることで、確定申告の際の仕訳などに役立てることができます。

フリーランスは審査に通りにくい理由

安定的な収入が得られない可能性が高い

フリーランスがクレジットカードの審査に通りづらい理由の1つとしてあげられるのが、収入の不安定さです。会社員の場合は雇用契約によって継続的に収入を得られますが、フリーランスの場合は1つ1つの仕事ごとに契約を結んでいくため、どうしても収入に対する安定度は低くなります。会社員のように収入に対する保障もないので、フリーランスの収入が不安定だと判断されがちなのです。

企業と比較して廃業の可能性が高い

企業と比べて廃業になるリスクが高いことも、フリーランスがクレジットカードの審査に通りづらい理由の1つです。企業の経営主体が組織であるのに対し、フリーランスの経営主体は個人であるため、怪我や病気などで仕事ができなくなった場合には廃業に追い込まれることもあります。破産ともなれば、カード会社はクレジットカードの債権を回収できなくなるので、フリーランスのクレジットカード審査は厳しいものになります。

クレジットカード審査に通りやすい人

フリーランスとして3年以上の実績あり

フリーランスとしての実績が3年以上ある場合には、クレジットカードの審査に通りやすくなります。開業したばかりのフリーランスと3年以上の実績があるフリーランスでは、収入に対する信用度に差が生まれてきます。クレジットカードの審査において、収入に対する信頼度は重要なポイントです。

安定的な収入を証明できる

フリーランスの実績に通ずる部分ではありますが、安定的な収入を証明することでもクレジットカードの審査に通りやすくなります。源泉徴収票や課税証明書など、収入に関する書類を提示することで、安定的な収入があることを証明できます。

信用情報にプラスとなる同居家族がいる

収入に対する信用度が高い同居家族がいる場合も、クレジットカードの審査には有利に働きます。同居家族は万が一本人が支払えないときに代理で返済することが期待できるため、クレジットカードの審査にプラスになる要素です。

支払遅れなどの事故情報がない

カード会社では支払い遅れなどの事故情報が共有されるので、事故情報がないこともクレジットカードの審査に通りやすくなる理由になります。一度登録された事故情報は永遠に消えないわけではなく、数年間の期間を経た後に消去されます。

クレジットカード申請時のポイント

フリーランスの勤務先は「自宅」でOK

「勤務先を自宅で申請すると信用度が低く見られてしまうのではないか?」と不安に感じる方もなかにはいると思いますが、フリーランスの勤務先が自宅であることはおかしなことでも珍しいことでもないため、クレジットカードを申請する際は正しい情報を正直に申請しましょう。

事業用クレジットカードは分けて作成

事業用のクレジットカードと個人用のクレジットカードは、それぞれ分けて作成するのがおすすめです。事業用と個人用を混同してしまうと、事業で使用した経費を把握しづらくなるためです。経費の把握をしづらい状態にしておくと、確定申告のときに余計な手間と時間がかかるかもしれません。

フリーランスは個人用と事業用口座を分けるべき?
フリーランスがお金の管理をする際、銀行口座やクレジットカードを個人用・事業用で一緒にしてしまいがちです。しかし、経費を仕訳たり確定申告を行ったりするときに、個人用と事業用を分ける方が便利です。こちらでは、口座を分けるべき理由を紹介しています。

「屋号なし」でよいか総合的に判断を

法人で言うところの会社名を個人では「屋号」と言いますが、屋号は必ずしも作成しなければいけないものではありません。屋号を持たずに活動しているフリーランスの方も多く居ます。

しかし、フリーランスの活動をする上で屋号を持つことにはたくさんのメリットがあります。一例としては、屋号があることで新規の取引先の開拓がしやすくなる可能性があるのです。個人名で活動しているよりも、屋号がある方が、個人事業主として信頼できるイメージを与えられることもあるためです。

つまり、クレジットカードの審査のために必ずしも屋号が必要な訳ではありません。しかし、屋号があることでフリーランスの活動に良い影響を与えることもあります。自分に必要かどうか、総合的に判断しましょう。

フリーランス向け「freeeカード」とは?

フリーランスの事業用カード

フリーランスにとって、社会的な信用を得てクレジットカードを発行することは簡単なことではありません。特に事業用のカードの作成は難しいものです。

そこで、クラウド会計ソフトで有名なfreee株式会社がリリースしたのが「freeeカード」です。こちらは、フリーランスでも発行がしやすいうえ、会計ソフトのfreeeと連動して限度額を調整することもできます。

フリーランス協会が連携

2017年に、フリーランス協会はfreeeと連携し、協会会員の「freeeカード」の申し込みと発行を自動化しました。フリーランス協会とは、正式名称を「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」と言います。フリーランスやパラレルワーカーの方が有志で設立した団体です。

フリーランスという働き方が広まるにつれて、フリーランス向けの組織やサービスが増えてきています。フリーランス協会とfreeeカードの連携からも見て取れるように、「フリーランスは社会的信用が低くクレジットカードが作れない」という状況は打開されつつあると言えるでしょう。

フリーランス協会とは?所得保障保険や福利厚生について
社会的な信用や安定感が低いとされるフリーランスですが、近年フリーランスとして働く人が増えていることもあり、様々な面が整備されてきています。フリーランス協会はそのうちのひとつです。保険や福利厚生が徐々に用意されてきているので、こちらの記事でチェックしてみてください。

フリーランスとして実績を積むには?

安定的・継続的な案件を受ける

フリーランスがクレジットカードを作成するためには、安定した収入があることを証明できる実績が必要です。実績を作るためには多数の仕事を継続して受注できる環境が必要です。また、多数の仕事を継続して受注できる環境は、フリーランスとしての生活を維持するためにも欠かせません。

信用に繋がる公的手続きをする

フリーランスとして信頼を得るには、安定した実績を示す必要があります。そのためには、クラウドソーシングサイトでの本人確認書類の提出をはじめ、開業届の提出など、公的な手続きを積極的に行いましょう。さまざまな第三者からの承認を得ることで、クライアントから信用されやすくなったり、別の公的手続きをするときに役立ったりします。

開業届の書き方や作成時のポイント
フリーランスは、開業届を受理してもらうことで個人事業主を名乗ることができます。個人事業主になれば、青色申告を行うことができたり、屋号名の銀行口座を持つことができたりします。こちらでは、開業届の書き方について記載しています。

まとめ

フリーランスのクレジットカード作成で大切なのは、収入に対する信用度を証明することです。収入に対する信用度は実績を積むことで証明することになるため、フリーランスが取り組むべきは実績作りということになります。クラウドテックであれば実績作りの環境が整えられるため、気になった方はチェックしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る