プライオリティとは?正しい意味とビジネスで使用例

ビジネスの現場でよく耳にする「プライオリティ」という単語。「プライオリティが高い仕事です」「プライオリティを考えて」などと言われた経験はないでしょうか。知っているようで、意味を説明するとなると戸惑う方も多いと思います。「プライオリティ」の正しい意味と使い方について解説します。

プライオリティとは?

英語では「優先順位」の意味

「プライオリティ」は英語で「Priority」と書きます。優先順位、先取権、優先権などを意味します。ビジネスの場面でも「優先順位」という意味で使われることが多いです。ものごとを緊急度と重要度で考える必要があるビジネスの場面では、よく使われる単語の1つです。

ビジネスでの「プライオリティが高い」

重要度ではなく優先度が高いということ

「プライオリティが高い」といわれる仕事は、即座に対応し、万全に取り組む必要があります。しかしあくまでも「優先順位が高いこと」であるので、「重要度が高いこと」だけであるとは限りません。最重要でなくとも、仕事全体を見て今時点でもっとも取り組むべき仕事が「プライオリティが高い」仕事といえるでしょう。

強い/弱いではなく高い/低い

また、「プライオリティ」の正しい使い方は「高い/低い」です。「強い/弱い」ではないので注意が必要です。「優先順位」「重要度」も同様に「高い/低い」を使用します。

プライオリティの使い方

「この業務はプライオリティが高い」

業務の中では実際に以下のように使われます。

「業務量が多いため、プライオリティを考えて進める」
「この中でプライオリティが高いものはどれですか」
「この業務はプライオリティ高めでお願いします」

逆に「プライオリティが低い」といわれる仕事は、優先順位が低い仕事をさします。仕事を「後回しでいい」とは直接的で言いにくいため、「プライオリティが低い」と言う場合もあります。

「今すぐにやらなくてもいい」という意味ではありますが、かといって「重要ではない」ということではないので注意しましょう。「この業務はプライオリティが低い」といわれた場合、他に優先してやるべきことがある、という意味合いが強くなります。

この会社にプライオリティを置く

また、交渉や入札の際にも「プライオリティ」が使われることがあります。ここでは前述の「先取権」「優先権」という意味になります。誰もが知っている表現ではないので、使う時には注意が必要です。使い方の例は以下のようになります。

「この交渉では我が社にプライオリティがある」
「A社の入札にプライオリティを置くことにする」

さまざまな場所での「プライオリティ」


ここまで、ビジネスの現場で使われる「プライオリティ」について解説してきました。しかし日常生活においても「プライオリティ」が使われる場面が増えています。日々の生活の中で接する「プライオリティ」について説明します。

電車やバスで

電車やバスの優先席表示の英訳は「priority seat(プライオリティ シート)」「priority seating(プライオリティ シーティング)」です。こちらも身体の不自由な方や妊娠中、子供を連れた方が優先的に座れるという意味で使用されています。今度電車やバスに乗った際に注意して見てみてはいかがでしょうか。

アミューズメントパークで

有名アミューズメントパークでも「プライオリティ」が設定されている場合があります。例えば、レストランの事前受付サービス「プライオリティ・シーティング」。あらかじめ来店時間を指定して予約しておくと、指定来店時間に優先的に席へ案内されるものです。

空港ラウンジで

世界中の空港ラウンジが利用できる有料サービス「プライオリティ・パス」。「プライオリティ・パス」を使うと、航空会社や搭乗するクラスに関わらず、ラウンジを使用できます。現在1000か所以上の空港ラウンジでサービスを展開しています。

保安検査所を通過し、飛行機搭乗までの空き時間にインターネット環境の整ったラウンジで仕事ができます。無料のドリンクサービスや軽食も人気の1つです。場所によってはリフレッシュサロンを使用したりできます。海外出張が多いビジネスマンに人気のサービスです。

まとめ

今回は「プライオリティ」について説明してきました。ビジネスの現場でよく使われる単語であり、「プライオリティ」を考えて仕事をすることはビジネスマンの基本ともいえます。逆に、意味を知っていないと業務が滞りトラブルになる可能性もあります。この機会に、しっかり覚えておきましょう。また、カタカナ、外来語を使ったビジネス用語は年々増えています。知ったふりをして使っていると、相手に失礼だったり、恥をかいたりする場合もあります。わからない言葉に出会った時には正確な意味をしっかり調べ、理解して使用するように気を付けましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る