Webデザインを仕事に!デザイナーの採用基準と試験の内容とは

Webデザインの仕事がしたい方が目指す職業と言えばWebデザイナーがありますが、Webデザイナーとして就職活動するときには、どのような準備が必要になるのでしょうか。今回は、Webデザイナーとして就職活動するときに必要なポートフォリオや、試験内容についてご紹介していきます。

ポートフォリオサイト作成は必須

ポートフォリオとは

自分が今まで作ってきた作品をまとめた作品集のことをポートフォリオと言います。このポートフォリオは今まで自分が作成したものを入れるため、採用担当者はポートフォリオからその人のデザインセンスやスキルを判断することができます。ポートフォリオは1次選考として使われることが多いため、そのあとの選考に進むためにも高評価を得られるポートフォリオ作りに力を入れましょう。

デザイン経験がなくても作成する

今までにデザインの経験がない人でも、ポートフォリオは作成する必要があります。なぜかというと、Webデザイナーとして就職活動するときに、ポートフォリオがないことで選考から外されてしまうこともあるからです。Webデザイナーはデザインを作ることが仕事になるので、1つも作品を見ることができないとその人がどれほどのスキルを持っているか、会社に入った後どのように活躍できるかの判断をすることができません。そのためデザインの経験がないとしてもポートフォリオの作成は行いましょう。

ポートフォリオ作成時に気を付ける点

ポートフォリオに載せる内容

ポートフォリオに載せる内容として最低限必要なものは、自己紹介と作品、締めの言葉になります。載せる作品は、自信があるものを最初に持ってくると、採用担当者の目を引くことができるでしょう。載せる作品はすべて完成しているものが好ましく、完成している作品の隣に作品過程を載せるなどの工夫を入れると、採用担当者に自分のスキルをアピールすることができます。

自己紹介は、長すぎてもしっかり読んでもらえない可能性があるので、短く・的確に作るようにしましょう。自分のスキルについて書きたい場合は、文章で書くと分かりにくくなってしまうことがあるので、箇条書きや表などで簡単にまとめると採用担当者に伝わりやすくなります。

作品に対し載せる情報

自分が作成した作品をただ載せているポートフォリオでは、その人のスキルが伝わりにくいことがあります。そのため作品の作成期間、使用ソフトやテーマなどを載せておきましょう。載せている作品が共同作品の場合は、自分の担当した作業についても記入して、自分の担当が何だったのか分かるようにします。

もし作品のラフやワイヤーフレームがあるときは、制作過程としてその情報も載せておくと、デザインの取り組み方や作業工程がわかるので、採用担当者が入社後にどのような活躍をしてくれるか想像しやすくなります。

自分らしさがわかるようにする

ありきたりなポートフォリオにしないためにも、自分が得意なものを多く入れ込んだポートフォリオを作成しましょう。自分の作品集であるポートフォリオからは、自分らしさが採用担当者に伝わることが重要にもなります。自分が得意なジャンルのものを多く入れたり、自信がある作品を入れたりすることで、採用担当者に見せるときに、自信を持って見せることができるようにもなります。

実技試験が課せられる場合もある

Webデザイナーは実技試験がある

Webデザイナーは何といってもデザインを作ることが仕事になるので、選考会場で実技試験を行うこともあります。実技試験とは、選考会場で出された試験を時間内に行うもののことを言います。時間内にどれだけ自分らしく、適切な作品が作れるかが重要になります。

実技試験の内容によっては正解がなく、Webデザイナーとしてのデザイン力を図るためのものもあります。そういった場合は、自分らしさを交えながらデザインの基本に沿ったものを提出しましょう。

実技試験は内容が毎年同じなことも

実技試験となると対策が取れないように思われますが、毎年同じものを行っている企業もあります。そのため、過去にその企業の実技試験を受けたことがある先輩に試験傾向を教えてもらうなどをして、対策をすることができます。しかし、企業によっては毎年実技試験内容が違うことや、内容を数年に1度変えることがあるので、完全な対策を組むことは難しく、選考会場で考える必要が出てくることもあるので注意が必要です。

面接試験で気を付けたいポイントとは

基本の身なりはしっかりとしましょう

Webデザイナーはクリエイティブな職種なことから、面接試験時の服装に悩むこともあるかもしれません。就職活動をしているので、スーツで臨めば間違いがないとされていますが、企業によってはスーツ以外の服装を指定してくる場合もあります。

スーツ以外の服装と言われると悩んでしまうかもしれませんが、そういったときはオフィスカジュアルな服装をしていくと間違いはないでしょう。カジュアルすぎる普段着で面接試験に行くのはやめておきましょう。

ポートフォリオからの質問の対策を

面接試験ではポートフォリオの作品に関して質問されることがあります。そのためポートフォリオについては、自分が一番詳しいと自信が持てるようにしっかりと作品について考えておきましょう。

質問される内容は主に作品で担当した工程や作成期間などで、ポートフォリオに載っていない内容について聞かれることがほとんどです。聞かれたことに対しては、できるだけ素直に答えましょう。

まとめ

Webデザイナーとして就職活動をするために、最低限必要となるポートフォリオは、今までにデザイン経験がない方でも作成する必要があります。デザインセンスや自分らしさが採用担当者に伝わるようなポートフォリオ作成も重要ですが、実技試験や面接試験への対策も忘れないようにしましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る