WEBデザイナーが独立で失敗しないためには?準備しておくべきこと

WEBデザイナーとして独立を考える場合、独立に向けてどのような準備をしておくことが大切なのでしょうか。WEBデザイナーが独立して失敗しやすい理由や、成功するために必要なことは何かなど詳しく見ていきましょう。

WEBデザイナーは独立可能?

WEBデザイナーとして仕事をしていると、本当に自分がやりたい仕事と違うのではないか、もっと自由に仕事がしたい等の気持ちが高まって、「独立」を考えることがあります。WEBデザイナーとして独立することは可能なのでしょうか。

実力があれば難しいことではない

ある程度の経験を積み、実力があれば独立は難しい事ではありません。WEBデザイナーの募集はインターネットなどにも多く掲載されていますし、自分のやりたい事とのマッチングを図って独立することは可能です。

WEBデザイナーが独立するための準備

独立する前にやっておくべき事とはどのようなものでしょうか。WEBデザイナーとして独立後、後悔しないようにするための準備として、特におすすめの項目についてまとめました。きちんと準備期間を設けて計画的にすすめていきましょう。

キャリアやスキルの棚卸しをする

これまでのキャリアやスキルを見直し、まとめることで、自分のアピールできる強みを見つけることができます。棚卸しをする中で、スキル不足な部分等も発見できるので、退職までに資格取得したり、キャリアアップを図って準備するきっかけになります。

単価設定を考えておく

単価設定は今後の仕事を進める上でとても重要です。一度安い単価で仕事を受けてしまうと、それが基準になってしまい、その後の単価アップは難しいことが多いです。適正な単価設定となるように検討しておく必要があります。

ポートフォリオサイトをつくる

自分を売り込むためのツールとしてポートフォリオサイトはとても重要です。これまでの自分の作品や、現在取り組んでいることなどをまとめてアピールしましょう。ポートフォリオサイト作成のためのWEBサイトを利用してみるのもおすすめです。

名刺をつくる

独立すると、クライアントや同業の方等に会う機会も増えます。そんな時に絶対必要なのが名刺です。名刺自体が自分を売り込む広告宣伝の意味もありますので、こだわって作成しましょう。デザインだけでなく、必要最低限の情報もきちんと記載するようにします。

人脈をつくっておく

独立すると、今までの人脈はとても大切になってきます。前職の同僚からの紹介や、勤務中に出会ったクライアントなど信頼できる人脈は独立してからの財産になります。さらに法人化をめざす場合にも、チームを組める仲間を作っておくことはとても大切です。

生活資金を準備しておく

独立後、安定して収入を得るようになるまでの売上予測や、軌道にのるまでにどのくらいの期間がかかるか予測できません。家賃などの固定費や、独立してから必要となる費用もあるので、自己資金をある程度準備しておくようにしましょう。

WEBデザイナーの独立が失敗しやすい理由

WEBデザイナーは独立しやすいですが、その反面デメリットもあります。失敗しやすい理由にはどのようなものがあるのでしょうか。失敗しやすい理由とそのデメリットへの対応について見ていきます。

参入する人が多い

WEBデザイナーになるためには、絶対に必要な資格があるわけではなく、自分のスキルやセンス次第のため、若手が多く参入しているというのが一つの理由です。参入する人が多ければ競争も激しくなり、独立後に失敗するケースも少なからずあります。

クライアントを確保し続けるのが難しい

クライアントの担当者はいつも同じとは限らないこと、クライアントの意向の変化によって違うデザイナーが採用されることも頻繁にあります。新たな資格を身につけたり、スキルアップを図って仕事の幅を広げていく必要があります。

WEBデザイナーとして成功するためには

WEBデザイナーとして独立し、成功するにはどうすればいいのでしょうか。仕事の幅を広げたり、自分のスキルを磨いていくだけでなく、クラウドソーシングなどを利用して仕事を受注していくのも方法の一つです。

プラスアルファのスキルを身につける

WEBデザインだけでなく、WEBサイトの運用などディレクターとしての立場で仕事に関わることができるように経験を積んでおくことも大切です。WEBデザインだけでなく、その他のデザインも手掛けてみるなど積極的に挑戦する姿勢が大切です。

派遣や求人サービス、クラウドソーシングを利用

クラウドテックのように、エージェントサイトに登録することで、自分のスキルを高めるような仕事を紹介してもらうことも可能となります。派遣や求人サービス、クラウドソーシングを有効利用して、将来を見越した実績を作っていくこともおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか。WEBデザイナーとして独立を考える場合、将来を見越した行動がとても大切になってきます。ポートフォリオサイトを作成して、自分のスキルを見直したり、仕事に役立つ新たなスキルを身につけることも大切です。クラウドテック等に登録して相談してみるのもおすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る