ライターの仕事とは?未経験・副業からでもライターになる方法

ライターという仕事は、基本的にはPCとインターネット環境があればどこでも仕事ができるので、場所や時間に縛られない自由な仕事と言えるでしょう。そんな自由な環境に憧れてライターを志望される方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はライターという仕事を掘り下げて見ていきたいと思います。

ライターとは文章を書く仕事をする人

媒体に記事を書く

ライターとは、雑誌や書籍に掲載する記事を書く仕事です。ほとんどの場合、その雑誌や書籍を編集している編集者から依頼を受け、そのメディアに適した記事を作成し、報酬を受け取ります。依頼する側から「このような記事を書いて欲しい」というテーマを予め決められている場合が多いので、依頼されたテーマに対する知識や知見が必要とされます。

取材・インタビュー

ライターは記事を書くのに必要な取材や写真撮影、関係者インタビューを行う事もあります。インターネットや書籍等で調べて書く場合もありますが、それだけでは情報が足りない場合に行う事が多く、実地取材を行う事で記事の説得力がアップします。また、インタビューに関してはそれのみで記事が完成する場合もあるので、その場合はどのような質問を投げかけるかというのがライターの腕のみせどころです。

ライターの種類は多い

コピーライター

コピーライターは、企業から依頼を受け、その企業や新商品をPRするためのキャッチコピーを考える仕事になります。短い言葉で人々の心に刺さるコピーを考える必要があり、そのコピーが企業や商品のイメージを左右する事もあるため、課せられた責任は重大であると言えるでしょう。

ルポライター

ルポライターは、主に社会問題や事件を扱うライターです。現在起こっている問題や発生した事件を詳細に調べ、客観的に記録してレポートするといった仕事内容になります。

似たような仕事にジャーナリストというものがありますが、こちらは事件等に対して自身の主観的な意見を含めるといった点がルポライターとは異なります。ルポライターは正しく記録するという意味で現場に赴く事が多いため、フットワークの軽さが必要とされるでしょう。

Webライター

Webライターは、HPやブログ、メルマガ等のライティング業務を行う仕事です。クライアントは個人から企業まで幅広く、扱うテーマや各媒体でのルールも多岐に渡るため、柔軟に物事に取り組んでいく姿勢が必要とされる業務です。現在ではクラウドソーシングサイトから仕事を受ける事ができるため、Webライターを始める事自体はそれほど難しくはないでしょう。

未経験からライターになる方法

自分で売り込む

未経験からライターになる方法の一つとして、各種メディアに自分から売り込むといったやり方が考えられます。現在は雑誌や書籍のみならず、インターネット上にも多数メディアが存在するので、自身のカラーに合った場所に応募してみるのが良いでしょう。その際に過去に執筆した記事の提出が求められるかもしれませんので、予め応募したメディアのカラーに合った記事を幾つか用意しておきましょう。

クラウドソーシングの活用

クラウドソーシングサイトを活用するのも有効です。クラウドソーシングサイトには数え切れないほどの仕事が発注されているため、未経験者でも案件を受注する事ができます。

最初は報酬は低くなってしまうかもしれませんが、そこで実績や経験を積み、将来的にライターとして活躍するといった方法も考えられます。ライターとして実績や経験を積みながらお金を得たいという場合には適した場所と言えるでしょう。

個人Webサイトを充実させる

今は個人でもWebサイトやブログを容易に持つ事のできる時代です。誰かから発注された仕事を受けるのに抵抗がある場合は、まず自分の庭で記事を書いてみる事をお薦めします。

現在はライターへの需要が高まっているため、編集者側から有望なライターを探しているケースも多く、もしかしたら個人ブログに依頼が来るかもしれません。勿論、良質な記事を書いている事が条件にはなるでしょう。

ライターに必要な資質とは

誠実さ

ライターはある物事を読者に伝えるという仕事なので、記事に対する誠実さが必要になります。いい加減な情報ソースや自身の推測で文章を書き、それが誤りだったとしたら信頼を失い仕事に結びつきにくくなってしまうでしょう。情報提供者であるという自覚を持ち、良質な記事を書く事を心がける必要があります。

専門性がある

前述した通り、ライターという仕事に与えられるテーマは幅広く、全てに対応しようと思うと浅く広くになってしまい、記事の説得力が下がる恐れがあります。そのため、自身の専門性を突き詰め、◯◯というジャンルならこの人にお願いしようといった存在になる事も重要でしょう。分かりやすい例で言うと、何らかの国家資格やある分野で目覚ましい成果をあげた実績等があると、記事自体の信頼度がアップし、需要に繋がります。

まとめ

記事の作成というのは、パソコンとインターネット環境があれば挑戦できます。合わせて、現在はクラウドソーシングサイトの成長により、ライターを志す方も増えているかと思います。そのため、今後は各ライターがどのように自身を差別化するのかが重要になってくるのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る