swiftのおすすめ入門書3選!入門書の活用術

Appleが開発したプログラミング言語swiftは、iPhoneなどで使えるアプリを開発する際に活用される言語です。今回は、swiftを学ぶためにはどのような方法があるのか、また入門書などを活かすためにはどうすればいいのかを解説していきます。

swiftの入門書のおすすめは?

プログラミング言語の書籍は、豊富に揃っておりどれを選べばいいのか迷いがちです。おすすめの入門書をご紹介していきますので、学習を始める際に参考にしてみてください。

詳細!Swift 3 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift3 + Xcode 8対応

この書籍の特徴は、コードのサンプルが豊富に付いており、実際にコードを読んで学ぶことができることです。ダウンロード環境が整っていれば、この入門書を効果的に活用できるでしょう。

内容も、基礎知識、実践としっかり段階ごとに記されているため、コードを覚えて実際に作るという操作が行いやすいです。

絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門 増補改訂第6版 【Swift4 & iOS11完全対応】

swiftとはいったいどのような言語で、何ができるのかを学ぶに適した入門書です。未経験から始めてiPhoneアプリの開発をしてみたいという方が対象となっており、1から知識を身に付けるために役立ちます。

基礎知識から始まり、最終的には開発、アプリの公開まで一通り学ぶことができるでしょう。この入門書をもとに、上のレベルの参考書にステップアップするというのも一つの手段です。

これからつくる iPhoneアプリ開発入門: Swiftではじめるプログラミングの第一歩

こちらも未経験者向けの入門書になり、実際にアプリを作ってみたいという方に適しています。全体は、十分学習時間が確保できるなら約2日で修了できるボリュームです。

パート1、パート2とシンプルな構成で、複雑な章が羅列されていないため分かりやすく学ぶことができるでしょう。深い知識を学ぶためには、さらに詳しい参考書を活用しなければなりませんが、swiftについて何も知らないという方が始めて購入する書籍としては有効です。

swift入門書の探し方


swiftの入門書はどこで売っているのか、探し方を見ていきます。

amazonで検索

様々なカテゴリーの商品が揃っているインターネット専門の販売サイトです。書籍も充実しており、プログラミングに関する入門書も探しやすくなっています。購入者のレビューも掲載されているので、使用感が分かりやすいのがメリットです。

本屋さんで探す

プログラミング言語の入門書の中でも、swiftに関する本を探す必要があります。なるべく大きな店舗に狙いを絞って探すことができれば、見つかりやすいはずです。ただ、swiftはバージョンアップの速度が比較的速いため、購入時は最新版を購入しなければなりません。

チュートリアルサイトで探す

チュートリアルサイトは、書籍を見ながら学ぶのではなく実際に画面を見ながら体感することが可能です。インターネットに接続できる環境が必要となりますが、自分で打ち込んで一つずつ覚えることができるので効率良く学べます。

ただ、まずはswiftがどのようなものかをじっくり学びたいという方は、書籍のほうが適している場合もあるのです。そのため自分に合っていると感じたなら有効ではないでしょうか。

swift入門書の活用方法


swiftを学ぶためには、入門書を手に入れるだけではなく、他の学習方法と併せて活用するのがおすすめです。ここでは、具体的な方法をご紹介していきます。

学ぶためには学習サイトの方が使いやすい!

swiftは、比較的他のプログラミング言語に比べて覚えることが少ないです。スキルを一つずつしっかり頭に定着させることができれば、アプリ開発の実現に近づくでしょう。

学習サイトでは、カリキュラムが組まれているため、ゴールに向かって順番に学んでいくことができるでしょう。また、インターネットに接続することができれば、時間と場所を選ばず自分の好きな時間に学べるというメリットもあります。結果学習に割ける時間が長くなり、スキルと知識の定着につながるはずです。

書籍は参考書にして活用

入門書などを活用すると、swiftの基礎知識、コードを覚えることができます。応用知識もしっかり身に付けることができるので、始めて学ぶ方にはおすすめです。しかし、知識を定着させるという点では少し劣るかもしれません。

参考書だけを読んで、iPhoneアプリを自在に開発するというのは困難です。そのため学習サイトと併用するのがおすすめの活用法になります。学習サイトで生まれた疑問点、さらに深く追求したいというときに参考書を使うのがいいでしょう。学んだことを実際に学習サイトで活かし、swfitを学んでいくことがiPhoneアプリ開発に近づくコツです。

まとめ

swiftは、iPhoneアプリ開発をする際に欠かせないプログラミング言語になります。学ぶ方法は、書籍や学習サイトなど自分にあった方法を選択することが可能です。ただ、どちらか一つの方法だけではなく、用途にあわせて使い分けることが重要ではないでしょうか。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る