世帯主との続柄、娘や孫は×?出生届や年末調整、確定申告での書き方

確定申告など法定書類や正式な申告書類などでは、家族構成などを記載することが多いです。世帯主の続柄に関する記載は、正しく記入しないと再提出や修正することも珍しくありません。年末調整や確定申告で押さえておきたい家族構成の書き方について紹介します。

世帯主との続柄の意味とは?


法定書類や正式な手続き書類には、世帯主との続柄を記載することが珍しくありません。家族構成を求められる場合こそ、世帯主や続柄に関する正しい知識が必要であると言えるでしょう。法定書類によっては受理されなかったり、修正を求められるというケースもゼロではありません。世帯主と続柄の正しい意味や、使い方のポイントについて紹介します。

世帯主の意味

法定書類や申告などに用いる書類には、世帯主という言葉を目にすることが多いでしょう。世帯主という言葉の定義は大きく二つに分類することができます。家族の中で一番お金を稼いでいて家族を支えているという意味の世帯主と、家族の中でリーダーは誰になるのかという意味での世帯主の二つです。両者とも世帯主という使い方の意味で相応しく、どちらが誤っているというわけではありません。

続柄の意味

続柄という言葉は、対象とする相手から見て同居している家族や親せきに対する関係を示すことが一般的です。ただし世帯主との続柄と記載がある以上は、あくまでも世帯主との関係にふれることが必須となります。

例えば世帯主である父親からすれば、世帯主では自分であるので「本人」と記入をすることになります。子供が父親のことを記載する場合には、父親が世帯主であるので「世帯主」とし子供が自分のことを記載する時には「子」と書かなければいけません。

続柄の読み方

続柄という言葉そのものにも注意が必要です。音読で「ぞくがら」と読めるので誤用する人も多いですが、正しくは「つづきがら」と呼びます。記載するだけでしたら続柄の違いは判別しにくいですが、第三者に説明する時には実は要注意の言葉です。世帯主という言葉だけではなく、続柄という言葉や正しい読み方・使い方にも気を配る必要があります。

続柄の実際の書き方は?


法定書類や様々な申告書では、世帯主や家族との続柄を正しく記入することが求められます。普段何気なく用いている呼称が、続柄を説明する場合には不適切であるケースもあります。それでは続柄の実際の書き方は、どういう表現があるのでしょうか。続柄の表し方や書き方のポイントについて紹介します。

書類作成者「本人」から見た関係を書く

申告書類などで正しく世帯主との続柄を記載するポイントの一つ目は、記載者である本人から見た家族との関係を正しく表現することです。本人からみた父、母、子、兄や姉、妹や弟と分類することが基本的な続柄の書き方です。兄弟を厳密に述べる時には長男や次男、長女や次女としますが、正しくは二男や二女とするのが戸籍上では適切になります。

「本人」が誰かで続柄は変わる

家族の続柄を記載した書類を修正することが多い人は、本人という認識をマスターする必要があります。多くの法定書類では世帯主を基準としているので、世帯主が自分を記載するには「本人」と記入することが適切です。

世帯主でない人が書類作成をする「本人」である場合には「世帯主の〇〇」ということになるので、〇〇の部分に入る子や孫、兄や姉といった言葉を書類に記入することになります。

公式書類は住民票の続柄の書き方で

公式書類に家族構成や続柄を記載する時に、正しい書き方について迷うことも珍しくありません。迷った時にはおすすめの方法として、住民票の続柄を参考にするというものがあります。婚姻届けや離婚届以外の公式書類であれば、住民票の表記通りで問題ありません。

続柄の書き方一覧表!妻や子は○、娘や孫は×?


法定書類や公式書類には世帯主と自分自身の関係を表すことが重要になります。しかし正式な書類というものは、短いスパンで書くものではないので久しぶりになると自信が持てないということも少なくありません。覚えておくと今後役立つ、続柄一覧表を紹介します。

「本人」から見た続柄の書き方一覧

  • 父・母
    本人から見た肉親に対しての書き方に用います。
  • 兄・姉(弟・妹)
    本人からみた兄弟や姉妹に対して用いる書き方です。

  • 本人が結婚して子供が出来た時に用います。厳密には長男や長女と区別しなくも問題ありません。
  • 父・母の兄・姉
    伯父や伯母に対して用いる続柄の書き方です。
  • 父・母の弟・妹
    叔父や叔母に対する続柄の書き方になります。
  • 父・母の兄・姉の子または父・母の弟・妹
    いとこに対して用いる続柄の書き方になります。

以上が基本的な続柄の一覧として覚えておいた方が良いでしょう。

妻から見た夫の親族の書き方一覧

妻から見て、夫の親族に対する続柄の書き方は、全てに「夫の」という表現をつけるとOKです。例えば夫の弟に対する続柄の書き方は「夫の弟」になり、夫の父方の伯母に対しては「夫の父の姉」という表現方法と記載することが出来ます。本人からみた続柄の一覧を覚えてしまえば難しいことはないでしょう。

夫から見た妻の親族の書き方一覧

夫から見た妻の親族に対する書き方一覧も、妻から見た夫の親族一覧と同じことが言えます。通常の本人から見た続柄の書き方をベースにして全てに「妻の」という表現をプラスすることになります。妻を基準にして、通常の続柄一覧を当てはめていくと修正することなく親族の書き方一覧が仕上がるでしょう。

続柄には同居人や縁故者も

公式書類に記載するには難しい同居人のケースも考えられます。例えば正式な婚約や養子縁組を結んでいない相手と同居する場合が当てはまります。その場合には「縁故者」と記載したり、「妻(未届)」や「夫(未届)」と書くことも珍しくありません。内縁の夫や妻に対する続柄の正式な書き方はあるということになります。同居している相手がいる場合には、続柄の記載を省くことはないと認識しておいた方が良いでしょう。

出生届での書き方

出生届を書く時には、住んでいる住居の世帯主が誰であるかも注意が必要です。世帯主が生まれた子供の父親である場合には、世帯主は父親であり、生まれた子供は「子」と記載することが出来ます。世帯主が祖父、つまり生まれた子の父親の父親である場合には、生まれた子供は孫にあたります。そのため出生届に記載する生まれた子供と世帯主との続柄は「子の子」となるのです。

戸籍謄本での書き方(婚姻届・離婚届)

多くの公式書類に記載する続柄は住民票を参考に記入することが可能です。しかし婚姻届けや離婚届は戸籍謄本などを参考に記入する必要があります。戸籍には住民票ではわからない、血縁がない場合の養子なども記載されています。そのため正式な続柄を記入する必要がある戸籍謄本の情報が必要です。

まとめ

今回は法定書類や公式書類を記入する時に必要な世帯主や続柄について紹介しました。家族関係を記載する必要がある書類には、正しい表現方法で家族を記入しなくてはいけません。続柄の一覧をリストアップしておくと、いざ申告や正式な書類で続柄を埋める際には困ることがないでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る