「すべからく」正しい意味・使い方とは?なぜ誤用されやすいの?

一度は耳にしたことがある「すべからく」という言葉。なんとなく理解していても、正確な意味を説明できるでしょうか?実は、「すべからく」は誤用されやすい言葉でもあるのです。その正しい使い方と意味、用法について解説します。

「すべからく」とはどんな言葉?

「すべからく」の正しい意味

「すべからく」を辞書で調べてみると、「当然なすべきこととして、本来ならば」「ぜひともしなければならない、当然」といった意味と出てきます。また、「すべからく」ので始まった文の末尾には「べし」「すべき」といった言葉が続くことが多いです。

「すべからく」の語源・由来

漢文の学習で、「すべからく~べし」という再読文字「須」を覚えている方もいるのではないでしょうか?「すべからく」はもともと漢文の訓読に由来しています。「当然のこととして~すべきだ」という意味になります。漢字では「須く」と書きます。

「すべからく」の使い方

前述のように、「すべからく」の使い方は「べし」と合わせて使う場合が多くあります。使用例は以下のような形になります。

例:「学生はすべからく勉強すべきだ」 
意味:「学生は当然勉強するべきだ」

例:「この問題はすべからく解決すべし」
意味:「この問題はぜひとも解決するべきだ」

例:「優勝を目指すならば、すべからく練習が必要だ」
意味「優勝を目指すならば当然のこととして練習が必要である」

「全て」の意味で誤用されやすい理由とは?


「当然のこととして~すべき」という意味を持つ「すべからく」ですが、現在誤用されることが多いです。なぜ誤用されてしまうのでしょうか?

誤用の現状

最近では、「すべからく」を「全て」という意味で誤用している例が増えているといいます。文化庁が実施した平成22年度の「国語に関する世論調査」では、「学生はすべからく勉学に励むべきだ。」という例文を挙げ、意味を尋ねました。すると、以下のような結果が出ました。

  • 「当然、是非とも」という本来の意味で使う人 41.2%
  • 本来の意味ではない「全て、皆」で使う人 38.5%
  • 両方とも使うという人 5.2%
  • 前述の2つの意味とは異なる意味を答えた人 3.1%
  • 分からないと答えた人 11.9%

また、世代別に結果を見てみると、60歳以上では本来の意味でない「全て」を選んでいる割合が45%と多くいました。正しい意味を選んだ人の割合がもっとも高いのは30代で、54.4%という結果でした。16~19歳は「分からない」という回答を選んだ人が13.8%でした。この誤用はかなり広まってしまっており、著作物やメディアだけでなく、国会や官僚の答弁などですら「全て」という意味で使われている場合があるといいます。

誤用の理由

なぜ、「すべからく」を「全て」という意味で誤って使ってしまうのでしょうか。まず、「すべからく」の「すべ」が「全て」を連想させてしまうことが挙げられます。また、口語的な表現では「すべからく~べし」という本来の使い方をされにくいことも理由の1つです。

さらに、「当然~すべきだ」という意味で使われている文章を、「全て」にしても文章として成立しやすいという点も挙げられます。前述の「学生はすべからく勉強に励むべきだ」という例文で考えてみます。「学生は当然のこととして勉強するべきだ」というところを「学生は皆勉強するべきだ」としても意味が通じてしまうのです。

正しく使うためのヒントは?


このように誤用されがちな「すべからく」という言葉。口語表現ではあまり使われないこともあり、パッと意味がイメージしにくいということもあります。正しく使うためのヒントを紹介します。

「すべからく」の類義語

「すべからく」を使うのではなく、似た意味の類義語に置き換えてみると誤用を防げます。その意味でもある「当然」「ぜひ」「必ず」と置き換えてみましょう。

例:「○○様のご指摘はすべからく改善すべきものと考えております」
意味:「○○様のご指摘は当然改善すべきものと考えております」

例:「皆様にすべからく満足いただけるイベントとなっております」
意味:「皆様に必ず満足いただけるイベントとなっております」

「全て」の意味を持つ類義語

補足となりますが、誤用とされている「全て」の意味を持つ類義語についても確認しておきましょう。「全体で」「総体として」「あまねく」などが類義語として使われます。

例:「学生はあまねく勉強すべきだ」
意味:「学生は全員勉強すべきだ」

まとめ

「すべからく」を使うと「当然」と「全て」の両方の意味に捉えられてしまい、混乱を生じる場合があります。全ての人に確実に伝えたい場合は、類義語に置き換えるようにしましょう。正しい意味を理解し、しっかりと相手に伝わる表現を心がけたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る